夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【ふたりで何ができるか】
【良妻の危機】
【忖度させられる】
【気持ちと行動】
【言ってくれればいいのに】

最も人気の高い記事

【ふたりで何ができるか】
【良妻の危機】
【忖度させられる】
【気持ちと行動】
【言ってくれればいいのに】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【再婚していいの?】

離婚して親権は妻に――。
定期的に面会交流をしているけれど、
自分の幸せも考えたい――。
再婚してもいいものだろうか・・・。
 
離れて暮らすとはいえ、
子どもは父親の再婚をどう思うのだろう?
そんな悩みのご相談者がいました。
 
子どもへの思いから、
再婚はしない方がいいのだろうか・・・
子どもは再婚した父親なんて、と会いたがらないのではないか・・・
いろんな思いが交錯します。
父として。
離れているがゆえの面もあります。
 
子どもはずーっと子どもなわけではないので、
いずれ大人になっていきます。
父親が幸せになってくれていた方が
安心なのではないか、と思います。
 
自分の幸せを求めていくことは
いけないことでもなんでもないし、
当然のことです。
離れて暮らすわが子を思うあまり
自分の幸せを犠牲にしても
かえって子どもにとっては重荷になることが
あるのではないかな、とも思います。
 
親のできることは幸せに生きている姿、
一生懸命生きている姿を見せることが
一番なのではないかな、と思うのですが、
どうでしょうか。
 
いろいろと親としてあげたいことや
与えてあげたいものや経験はあっても
親自身が不幸だったら・・・。
子どもだって悲しいのではないかな、と思うんです。
子どもだって親が子を心配するように
親のことを心配しています。
 
子どものときにはわからなくても
いずれ大人になったときにわかるはず。
 
でもそうやって自分のために悩んでくれるところがあれば、
その気持ちや愛情は
伝わっていくのではないかとも思います。
 
親子は長い長い付き合いです。
むしろ子どもの時代はほんのちょっと。
その時間の中で気づいていくものの方がずっと
ずっと大きいはずです。