夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【ふたりで何ができるか】
【良妻の危機】
【忖度させられる】
【気持ちと行動】
【言ってくれればいいのに】

最も人気の高い記事

【ふたりで何ができるか】
【良妻の危機】
【忖度させられる】
【気持ちと行動】
【言ってくれればいいのに】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【平気で嘘をつく人】

夫婦問題が起きると相手の意外な面というのを
知ることになったり、気が付くことになります。
 
ある夫は浮気をしているのですが、
今、平気でうそをつく人になっています。
人間、保身のためには平気で嘘もつけるんですね。
 
嘘なんてつかれていないと思っていた妻は、
今までもちろん夫の言うことを信用してきました。
だからすべて信じてきた。
当然ですけれど、嘘が前提の夫婦なんて
うまくはいかないです。
 
でも、どうやら嘘をついているらししい。
いや、明らかに嘘をついている。
そんなふうに気づいたら、信用はどんどんできなくなっていきます。
それがもっと進むと
何もかもが信用できなくなっていきます。
 
もちろんいいことはありません。
 
だけど、本来はそんな嘘はつく人ではなかったのでしょう。
ですが、状況によっては嘘も平気。
もしくは、自分のために。
そんなふうに嘘に嘘を重ねていくことになります。
 
嘘をつかれている側としては
そんな見たくない面を見ることになりますし、
信用はすでに失われていきます。
もちろん失われた信用を取り戻すのは大変です。
とっても大変。
つかれている側にしても苦しいものです。
言っていることがほとんどが信用できなくなっているわけで、
言葉が信用できなくなっていくことは悲しいし、
関係の中で何を信じればいいのか?
と迷路みたいなところに入ってしまいます。
 
何を信用したらいいのでしょう。
そんな問いを投げられるときもあります。
または何もかも信用できない。
 
そんなとき。
一番信用していた人を信用できなくなったとき、
信じるべきは自分です。
自分の感覚とか、感性とか、感じること。
最後は自分を信じて大丈夫です。