夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【子供のための選択】

だいぶ寒くなってきましたね。
今日はかわいい赤ちゃんがカウンセリングルームにやってきました。
赤ちゃんはなんであんなにかわいいんでしょうかね。
誰にでも愛されているようにできているんですね。
じーっと私の顔を見ていました。
「あなたは誰? 」って。
未知との遭遇みたいな顔でかわいいこと。
おめめがぱっちりの
とても元気なかわいい女の子さんでした。
 
子供がいて夫婦問題が起きると
悩ましいですね。
自分のことだったらとっくに別れているかも、と
言う方が多いです。
 
だけど子供がいると違う選択ができることがあるし、
違う選択がいいときもあるし、
我慢のし過ぎのときもあるし。
 
あるご夫婦はうまくはいっていないのですが、
離婚を躊躇しています。
その理由はぴったりと一致しています。
「子供のため」。
夫婦はぎくしゃくとしていても
子供のために離婚という選択をしていいのだろうか、
ということに関しては
夫婦で一致して躊躇があります。
 
子供ってそうやって親に何かを教えてくれているんじゃないか
と思うことが多いです。
 
だって自分のことだけだったらカンタンでしょう。
自分の選択でいいわけですから。
 
でも子供のことはそうはいかないわけです。
いろいろと悩ましい。
我慢があったり、躊躇があったり、
何がいいことなのか、
ベストのチョイスなのか、
考えてしまいます。
 
親だったら誰でもそう。
そうやって子供に
親にしてもらっているところがあります。
 
ときどき心配になるのは、
子供のため・・・なのかな、と思うこと。
ある程度大きくなったら、
子供は自力で生きていく力を持っています。
もっと子供のことを信じてあげてほしいと思います。
 
守りすぎもよくないなぁ、と思います。
大事なとき、ここぞというときは
いつでも親は控えていますが、
それ以外はそんなに子供というのは柔ではないと
私は思っています。
 
もっと信じてあげてほしいし、
守りすぎていることがかえってよくなかったり。
または守っていることで自分が
依存しているのではないか、ということ。
 
難しいですね、子育てって。
 
あるお嬢さんは不貞している父親を見てきました。
現在お母さんが慰謝料請求中です。
進学先のひとつとして法学部に興味を持っているそうです。
反面教師の父親ってこのことね、と。
 
ケガの功名というには、お父さんの不貞なんて
ない方がいいことかもしれませんが、
何が人生に影響するかは、
わかりません、ほんと。