夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
夫婦問題はあってあたりまえ

【見誤る】

今年はインフルエンザの流行がすごく早いですね。
周りでもインフルエンザになったという方が多いです。
気を付けてくださいね。
 
夫婦はけっこう思い込みで相手のことをとらえていることがあり、
問題が起きると、そこで初めて「あれ?」と
気が付くことがあります。
 
今まで思っていた相手ではない面が見えて、
初めて今までの見方に対して
疑問を持ちます。
 
つまり、それまで見ていたのは
あくまで自分のフィルターを通して見ていたと
いうことなのかもしれません。
 
離婚の場合などは
お互いにまったく理解をしていなかったのではない、
というくらい相手に対してわからなくなっていることもあります。
 
まあ、だから離婚に至ったということなのだとは思います。
 
相手のことをよく見ていくというのは
大事なことではないでしょうか。
思い込んでいると見えないですが、
ちゃんと目の前の相手を見ていくこと。
 
問題が起きていなくても大事です。
むしろ問題を起こさないために
そうしていただきたい。
 
何事もなのかもしれませんが、
ちゃんと現実を見ていくのが大事ですよね。
自分の思い込みは
いろいろなものを見えなくしてしまう
側面があるので、
見誤る・・・ということです。
 
思い込みではなく、
目の前の相手を見ていると
そこにはいろんなことがあることがわかります。