夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【後悔】

今日は銀杏吹雪でした。
くるくる金色のイチョウの葉が風に舞って
きれいなこと。
家の周りにもカウンセリングルームの周りにも
銀杏がたくさんあるのですが、
風は強かったけれど、きれいでした。
 
後悔するっていうのは、
一番わかりやすいのは自分で選択をしていないときです。
これは最も後悔に直結しているような感じです。
 
その一方で、どうしても選択できないような
局面ということもあります。
 
選択できない多くは、
自己評価が低いからで、
結果に責任を持てない。
とれない。
結果がこわい。
だから選択も回避してしまう。
というようなこともわりあいにあります。
 
どれがベストのチョイスかわからない。
「これがベストだ」と自分で答えが出せない。
じつは自分が選んだことがベストチョイスなのですが、
いろいろと考えてしまう。
世間体とか、どれが常識とか、
一般的とか、夫婦には比較的無縁の基準を
あてはめてしまったりします。
 
だって自分で出す答えが一番なのに。
 
また、ときに正解がない問題というのもあって
夫婦問題というのは、その最たるもののひとつ
ではないかと思います。
 
だって同じようなよく似た相談でも
答えはまったく違うのです。
 
だから夫婦問題には正解、なんていうのは
存在しないと思っています。
 
後悔というのは今目の前にある答えよりも
きっともっとよい結果があったのだろう――と
思うところにあります。
 
だから突き詰めていくと
「この人と結婚していなかったらもっと幸せだったのに」と――。
行きがちです。
突き詰めていくと。
 
でもその選択をしなかったのは自分自身。
それを忘れて、選択していたら――と
後悔し続けます。
でも後悔している限り、
今の自分は負けってことです。
 
いいんでしょうか、それで。
大事な人生。
 
後悔はしたって意味がないです。
仮説の自分と今の自分を比較しているだけです。
必ず、今までの中でもいいことはあったはずで、
よかったと思ったことはあるはずで、
そちらを見ていかれると後悔にはなりにくいし
バランスがとれてきます。
 
だけど後悔している人は
ずっと仮想の自分を探し続けていたりします。
後悔したってはじまらないって
ほんとだな、と思います。
 
今問題が起きているとしたら、
あなたはどうするのか、
というのが一番大事。
それが後悔を回避することになります。