夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【いばらの道】
【もう責めるのは止める】
【意地をはる】
【女として見られない】
【予想外の出来事】

最も人気の高い記事

【いばらの道】
【もう責めるのは止める】
【意地をはる】
【女として見られない】
【予想外の出来事】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【誰のおかげて食えるのか】

寒かったですね。
東京は雪は降りませんでしたが、
周りで降っているんだろうな・・・というような
雪雲が出ていましたし、空気がキンキンでした。
寒い、寒い。
もうちょっとの辛抱。
 
「誰に食わせてもらっていると思っているんだ」――なんて
前時代的な言葉を妻に言っちゃった・・・と。
はぁ~、アウトでしょ、今の時代。
そんな言葉。
何様って?
 
でも頭の中にはある男性も多いのかもしれないです。
 
時代はとっくの昔に変わっているのですけれど。
 
古い、古い、古すぎる。
 
いったいいつの時代の話って。
 
もうため息つきたくなります。
 
別に時代だけが変わったわけではないんですよ。
世の中が変わって、働く女性は増えているのは当然だし、
人手不足だし、
一方でむしろ男性の経済力が落ちて
女性の働かないと家庭が維持できない側面もあるし、
だいたい食わせるのは婚姻の義務なんです。
「扶養の義務」といいます。
 
それを知らずして、
「誰のおかげて食えるのか」。
無知なだけでしょうか。
 
そんなこと言ったら妻は出て行っちゃいます。
当然ですが。
みーんな、そんなこと言われた妻は出て行きます。
 
じゃあ食わせてもらわなくてけっこう。
自分で食べるわ、って。
食べる手段はいくらでもある時代ですから。
働く場所はいくらでもあります。