夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
夫婦問題はあってあたりまえ

【子供を巻き添えにする】

夫婦問題が起きると、
子どものいる場合は、
子どもが巻き添えになっているのではないか、と
心配になります。
 
子どもも家族なのでどんなに小さくても巻き添えになっています。
母親の様子が違ったり
父母間で何かもめごとがあることは、
言葉のわかっていないような幼い子でもわかっています。
 
そこで、保身に走る側は
「子供を巻き添えにするな」とか
「子供と関係が悪化したのはお前のせい」とか
「子供が傷ついたのはお前のせい」とか、
論点のすり替えを行います。
 
子どものことを突かれると誰でも痛いです。
だから一瞬、ドキリとします。
 
だけどよく考えてみてください。
 
誰が起こした問題なんだって。
 
不貞とか、
借金とか、
DVとか。
 
なぜ、あなたが責められなければいけないのか。
冷静になって考えてみてください。
 
子どもを巻き添えにしたのは誰なのか?
なぜ巻き添えにしなければならなかったのか?
 
そして、子供を巻き添えにしたのは誰なのか?
そもそもあなたなのか?
相手なのか?
 
子どもは嫌でも親の問題に巻き込まれてしまうものです。
だけど、あなたが起こした問題ではないはずです。
それでも巻き込まれるのが子供という存在です。
 
ただ、あなたが原因ではないはずです。
誰が原因を作ったのか、よく見て考えてみてください。