夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【輝いている人】
【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】

最も人気の高い記事

【輝いている人】
【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【立ち止まる】

昨日もものすごい青空が広がっていました。
真っ青な空――。
しばし見とれて立ち止まりました。
ときどき空を見てね。
 
ある相談者は相手の不貞で悩んでいました。
子どももいるしやり直せるのではないか――と。
ずっと自分で「おかしいな」という思いを抱きながら
だけど、どこかで「そんなことはない」という
打ち消す思いが去就します。
 
もう抱えきれなくなったとき、
周りの人に聞いてみたそうです。
そうしたら誰一人として
「もう少し頑張ってみたら」という人はいなかった――。
 
むしろ、「早く別れたほうがいいよ」という意見が
圧倒的、というかすべてだったそうです――。
 
その事実に唖然とした、というのが本音でした。
 
むしろそれがショック。
 
そりゃあそうだ。
 
時々ありますよ、そんなこと。
 
ずっとひとりで抱えて
ずっと一人で悩んだけど、
他者が突破口になるってこと。
 
自分ひとりの視点ではなくて
誰かの視点が必要なときってありますよ。
自分の判断が正しいかどうか
そのことに不安を感じたら聞いてみるといいと思います。
 
まったく違う視点でモノゴトが見えますから。
 
自分だけの考え方とかモノの見方なんて
たかがしれている。
そこにこだわっている限りは問題は解決しない
そんなこともあります。
 
何が問題か、しっかりと見極めたいとき、
他者の声に耳を傾けられるかどうか、
けっこうな分かれ道だと思います。
それはときには自分の選択とは違うことがあるかもしれません。
 
だけど自分の選択が正しいのかどうか、
不安を持ったのだとしたら、
立ち止まってみた方がいいのではないかな、
そう思います。