夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【DV被害者】

昨日も晴天続き。
青空を見ていると気持ちがスッキリしてきます。
今年の冬は雨が極端に少ないです。関東は。
だけどもう春めいてきています。
 
DVの被害者というのは、
自分が被害者だ、とは気づいていないことが多いです。
ひどいことをされているにもかかわらず、
「そんな人ではないはず」と
妙な信頼をもっていて、
いやいや、おかしいでょ、と言いたくなることは多々。
 
辻褄の合わない突っ込みどころは満載なんですが、
当人はそうは思っていません。
 
「おかしいなぁ」と思ってはいるけれど、
そんな自覚はあるけれど、
それがずっと続いている状態で、
なんだかおかしい、おかしいと思い続けています。
 
気づくか気づかないかは、
その人しだい。
気づいた人は早いですよね。
対処が。
 
一方で気づかない人はずっと気づきません。
たぶん気づきたくないんだと思います。
知りたくないのかな。もしかしたら。
 
もしくは自分が被害者だと認めたくはないのかも。
その場合はそれでいいのかな、と思います。
だって望んでいないわけですからね。
自分のことだけど。
見たくないものは見ないでいいかも、というしかありません。
 
だけど、一方で気づいた人は早いです。
今までのすべてが見えてしまいます。
すべてが符号していきます。
 
うわっ! て感じです。
 
そうなると、自分で考えることができてきますね。
いきいきとして。
判断がつくようになります。
 
見ていてわかります。
 
同じところをぐるぐると回っている人と
そうでない人では
未来が違ってくるのかな、と思います。