夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【輝いている人】
【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】

最も人気の高い記事

【輝いている人】
【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【親の支配下】

親子関係というのは
夫婦問題にも深く影響しています。
親の姿というのは、
嫌でも子供に投影されますし、
どこかいびつだと、やはり伝わっています。
 
根が深いなぁと思うことは多いです。
 
親の影響が強すぎて今に至るというのでしょうか。
そんなふうに見えることはよくあります。
すべての夫婦問題がというわけではありませんけれど。
 
ひとつの傾向です。
 
単純に親の夫婦像がという話ではないです。
育つ家庭において、愛情をもらえていなかったり、
偏った愛情のかけ方をされていたり、
欲しくない形の愛情を受けていたり。
 
さまざまなケースがあります。
どこか親の犠牲・・・・・。
そんな面があります。
 
だけど、そこでそのことに気づかずにいると
そんな親の影響下にずっといることになります。
 
自分の人生ですから、
自分で打破をしていかないと。
親は大人になった子供にできることなど少ないし、
してもらおうと思うことがおかしなことだし。
 
もちろん手を差し伸べてくれる親がいたら
ありがたいことです。
だけど、自分のすべき、もしくはできる限りの
努力はしないとね。
 
そうしないと突破口は拓けていかないです。
 
だって親の人生ではないので。
自分の人生の主役は自分なので
いいときばかりではなく、
つらいときも自分で乗り越えよう、がまず一番に
来るはずじゃないか、と思います。
 
支えてもらおう、はあったとしても
自分がどっちへ進むのか。
どこへ向かおうとしているのか、
決めていくのは自分しかいません。
 
親の支配下、もしくは、親の庇護下にあることが
そもそもおかしいことだと思います。