夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【いばらの道】
【もう責めるのは止める】
【意地をはる】
【女として見られない】
【予想外の出来事】

最も人気の高い記事

【いばらの道】
【もう責めるのは止める】
【意地をはる】
【女として見られない】
【予想外の出来事】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【夫婦が円満であるために必要なこと】

うーん、夜は相変わらず寒いです。
 
夫婦円満のためには
コミュニケーションがとれているかいないか、
がとても大きなことになります。
 
夫婦で暮らしていても
全くコミュニケーションがない状態だと
夫婦という形態は保てますが、
円満とはほど遠いことになります。
 
円満であるためには
まずは会話があるかどうか。
そして、共有する何かがあるかどうか。
 
単身赴任していて、
同居したとたん夫婦問題ということは
とてもよくあります。
 
夫婦には同居の義務がありますが、
同居していないと相手のことなど
わかりようもありません。
 
共有する何かというのは
一緒に食卓を囲んでいるとか、
何かふたりの間でいっしょにすることがあるかどうか、です。
 
よくお子さんのいないご夫婦は
共有することがなく同居人のようだったり
一緒に暮らしていても
お互いに無干渉だったりするのが
当たり前になってしまい、
夫婦でいる意味というのが、見えなくなっています。
 
だからこそ、円満でいるためには
コミュニケーションと共有する何かが必要です。
 
それがないと夫婦は保てないからです。
 
夫婦というのはとても不思議な関係で、
愛情で結ばれているようですが、
愛情は尽きてしまうことがあります。
 
ほんとうに大事なのは、
もしかしたら愛情よりも
そのほかのことだったりするのかもしれないです。
もちろん愛情や思いやりも必要ですけれど。
それだけではない、ということだと思います。