夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【気持ちがわからない】
【気持ちがわからない】
【マザコン夫との付き合い】
【モラハラ夫】
【ズレまくりの果て】

最も人気の高い記事

【気持ちがわからない】
【気持ちがわからない】
【マザコン夫との付き合い】
【モラハラ夫】
【ズレまくりの果て】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【ペルソナ】

我孫子の小学生の殺人事件の犯人・・・
報道で知って驚き。
そして、ショック。
保護者会会長が犯人だなんて・・・
何も信用できないようなものではないですか。
見守りをしていた人が犯人なんて。
どうなってしまったのだ・・・
 
ペルソナ・・・仮面ですね。
ペルソナの下にあるのは恐ろしい顔なのかもしれない・・・
だからペルソナが必要なのかもしれない。
誰にも知られては困る顔を持っているから。
だから問題になるのでしょう。
今回は事件ですけれど。
 
夫婦もそんなところがあって、
もしかしたら、あなたの隣の相手は、
今、見ている顔はペルソナかもしれなくて、
その下には想像もつかなかったような
顔が隠れているのかもしれないです。
 
とくに問題が表面化したときに
そのことがわかります。
 
何かがおかしいと感じてはいたけれど、
善意で人を見ているとわかりません。
気づきません。
だって、そんな人はいない
という前提で見ていますからね。
まともに、ごく自然に生きてきた人は。
 
身近にそんな人は見たことも
出会ったこともなかったはずです。
だけど、いるんですね。
ペルソナをつけた人が。
まったく違う顔を持った人が。
 
そういうことがわかってきます。
問題はそれをわからせてくれているわけです。
「気づいて」と――。
 
たぶん必要だから。
 
それまでは妙な違和感はあったはずで、
気づくと早いです。
パッと気づきます。
今までなんだかわからない。
なんだか違和感がある。
そんなことが、納得できる形で
明確になります。
 
問題は起きないほうがいいですが、
起きたのだとしたら、
そんな功罪の「功」もあります。
 
だけどねぇ。
薄々気づいているのに、
気づきたくないという人もいるので
困りますね。
気づいたことを気づかないふりをしていると
後々ドン! と来ちゃいますよ。
気づいたら転機ってことです。