夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
夫婦問題はあってあたりまえ

【子供というリスク】

子どもが生まれてみたら・・・・
実際に思っていたのとは
だいぶ様子が違う・・・
もっと幸せでもっと楽しくて・・・な、はずだった。
だけど現実には大変なことが多過ぎて、
不満や、飢餓感や、うまくいかないことがいっぱい。
忙しいし。
 
そんな現実の前に
夫婦のあいだに溝が生まれていくことは
とても多いです。
 
よく言われている産後クライシスがそうです。
 
夫婦ってほんとに未来のことについて
話しているようで話していないですから。
「こんな家庭を――」というのも
夫婦でズレていたりします。
 
なんとなく「こんな感じで・・・」というので
やってきちゃうんでしょうね。
見切り発車的です。
相手に確認したわけではない。
そうすると、相手は全然違う方向を
見ているときがあります。
 
全然違う方向を見ていることに
問題になるまで気づかないことも多いです。
 
子どもが生まれるって
いいことばっかりとは言えなくて、
子育ては今の時代、ほんとうに
大変なことになりました。
ずいぶん前からですけれどね。
 
目の前の子供はかわいいけれど、
それと自分の人生がうまくリンクしていかない
そんなときがあるし、
そのときどうしたらいいのかわからない。
 
ただ、ひたすらストレスがたまるだけのこともあって、
相手も同じようにストレスをためている。
一発触発みたいなことになります。
お互いがパンパン。
 
子どもが生まれるって、
いいことばっかりとは、ほんと言えません。
 
いいこともあれば大変過ぎるようなこともある。
どう乗り越えていかれるか、なのかな、と。
そんなにやすやすとは乗り越えていかれない時代です。
 
ある相談者は、うまく乗り越えられなかった自分を
責めていました。
だけど、みんな初めての子育てでうまくなんてできないし、
ほんとに悪戦苦闘です。
そこに夫婦問題まで加わるわけで、大変。
子育てに関しては過ぎてからわかるってことが
とても多いです。