夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
夫婦問題はあってあたりまえ

【夫婦がうまくいく】

久しぶりにたくさん雨が降りました。
恵みの雨だから、とは思うけど、
体は重いですね。
 
結婚したとき、結婚生活はバラ色ですが、
生活が継続するうちにバラ色どころか灰色になって
夫婦問題になります。
 
こうあるべき。
こうあるはず。
といったことは
結婚してしまうと幻想になっていきます。
 
それにいつまでもとらわれていると
夫婦喧嘩が続きます。
現実を見ていないから。
どうしたって不満がたまるし、
なんで、ということになり
ふづかりあうことになります。
 
目の前の夫や妻がどんな人か。
ちゃんと見ないと。
自分の理想を追っているだけだと
破滅です。
 
だって相手は違うのだもの。
自分の中で描いている夫や妻は
自分だけの中のものです。
こうあってほしいというのは
あるかもしれないですけれどね。
それとは別ものです。
 
だけど現実違ったら、
理想の妻や夫に照準を合わせるのか、
現実に合わせるのかといえば、
現実に合わせるしかないのですからね。
 
もちろん合わせられないような問題を抱えている相手に
合わせる必要はないですけれど、
理想と違うくらいのことは、
どこをどう修正すれば合わせていかれるか、と
考えてみてください。
 
理想に照準を合わせて
相手を批判していけば喧嘩になり、
喧嘩の果ては離婚問題になります。
 
とくに依存心の強い人はそうなります。
相手に期待するから。
 
こうあるべきでは、といった
幻想は捨ててしまったほうがいいです。
その幻想は自分の中だけで通用するもので、
それ以外はどこでも通用しませんから。
 
現実の目の前の人を見て、
どうするのか、ということを考えていくのが、
最も夫婦がうまくやっていくための近道です。