夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【無駄な我慢】

なんだかね・・・・朝と夜は寒いですね。
なんでしょうか。
風邪ひいている方、とても多いです。
気を付けてくださいね。
 
自分が思っていること。
自分が望んでいることを
なるべく正確に誰かに伝えるためには、
自分自身もきちんとスキルを持っていないと伝えられません。
 
対人関係ってそういうことです。
夫婦であっても。
誤解のないようになるべく伝えるためには
相手ではなくて自分が伝えたいことがあるのですから、
自分が考えなくてはなりません。
 
どうやったら伝わるか?って。
 
夫婦だから「察してよ」とか、
「わかるでしょ」とか、
「無理でしょ!! 」ってことです。
 
そんなの夫婦といえどもわかるわけがありません。
 
そんなところから誤解が生まれます。
 
妻がなんで怒っているのかわからない。
いつも機嫌が悪いのがわからない。
夫がなんでこんなことで怒るのかわからない。
なんで今日は機嫌がいいのかわからない。
 
聞けばいいのに聞かないで、
勝手に解釈するところから行き違いが生まれたりします。
 
なんでしょうね。
 
自分の中での勝手な変換が
誤解を招く一歩になるときがあります。
そんなに探ってどうするの? と。
 
「どうしたの? 」でもいいし、
「何かあったの? 」でもいいし、
相手の様子が違うな、と思えば
聞いてみるのは自然なことではないでしょうか。
 
それが聞けない事態がおかしなことなのだと思います。
 
それでいて、結果、我慢していた、などとなります。
我慢する前に聞きましょう。
 
我慢していたとしても
相手には伝わっていないことがほとんど。
無駄な我慢です。
 
言葉があるのですから、
コミュニケーションのツールとして、
それを使うべきではないか、と
思うことは多いですよ、夫婦問題。
 
で、いざ、夫婦問題が起きてから、
聞きたい、話し合いたいと言っても、
もう無理なことが多いです。
機を逸しているということです。