夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【気持ちがわからない】

人の気持ちに疎い、というか
共感が薄い、という人がいます。
 
全く人の気持ちがわからない、となると
かなり問題だし、そういう人はだいたいがモラハラ。
 
こんなことをしたら相手がどう思うか、
というのがわからない。
理解ができない。
鈍い。
 
だから自分の思いだけで進んでいきます。
 
妻の浮気で悩んでいるある男性の妻は
そんな感じでした。
自分勝手に進んでいくだけ、いつも。
 
やさしい夫が多いです。
やさしいし、家事や育児も分担している。
そんな人の妻が浮気をすると
浮気妻ががぜん、ますます強くなります。
 
夫は子どものこともよくやるし、
妻に対してもやさしいので、
浮気をしていてもなかなか気づかない。
そんな夫を横目に浮気妻は、
ますます増大していき、つけこまれてしまう。
 
ある妻はそんな感じでした。
家の中でも夫をののしり、
週に何度も浮気相手と出かけ。
育児放棄。
 
夫はようやく妻の浮気には気づきましたが
それでも我慢していましたが、
我慢は所詮我慢です。
いつか必ず我慢の限界が来るものです。
 
あるとき、それが来ました。
準備万端整えて、妻に「出て行って」と――。
出て行ってもらいました。
 
そこまで来るには相当な我慢。
言いたいことも言わずに、
じっと、です。
つらそうでした。
 
だけどやることはちゃんとやってきました。
子どもに何の関心もない妻に対して、
子どものことは父親として、
常に気を配り、ケアをしていたので、
どこか子どもたちも母親が出て行っても
せいせいしている感すらあったそうです。
 
夫や子どもの気持ちがわからない妻は
異物だったんだと思います。
もともと。
 
たまたま母親だっただけなのかも
と思うほどです。
生んだというのでしょうかね。
そんな母親もいるんですね。
 
またそんな父親もいますけれどね。
たまたま父親だっただけ、という。
 
子どもに対して愛情もなく、
自分のモノくらいに思っているだけ。
そういう父親は愛情もないのに
子どもを大事にしているふりをしたりします。
でも行動を見たら全く別。
 
全然関心なんてないじゃない、の状態です。
 
いろんな母親も父親もいますけれど、
子どもたちが一番わかっていると思います。
子どは直感とか大人の持っていない能力で
わかっていますからね。
騙せないのでね。
 
相手に対して感度が鈍い人は
あちこちで問題を起こします。
だって相手の気持ちがわからないって
致命的だから。
人との関係が成り立たないってことですからね。
誰との関係も、です。