夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【仲良し夫婦の共通項】

今日はいいお父さんたちと話しをしました。
ある50代のお父さんは、食関係の仕事で、
どうしても夕食を食べて帰ることになった後、
妻がごはんを作っていてくれたりすると、
ほんとつらい・・・・と・笑
 
連絡しないでんですか~、と聞くとするんですけれど。
遅かったりして・・・と。
そんな日に妻に外食に行きたいといわれると
ちょっとほっとしたりするそうです。
 
もう二十歳になるひとり娘さんが
最近サッカーの試合観戦にはまり、
うれしいそうです。
ときどき、会場でバッタリ会うそうですが、
娘さんはカレシといっしょだそう。
ほほえましい。
 
またある40代のお父さんは、共働きで、
かなり忙しいお父さんですが、
妻に高校生と中学生のことを頼まれた日は
夕食作りをするそうです。
 
でも、レパートリーが少なくて・・・・と。
 
ふたりとも「カレーは作る」と言っていたのが
なんだか偶然とはいえ、そうなんだ、という感じでした。
 
小さなことにちゃんと気を遣えるというのが
きっと仲良くやっていくためには必要なんじゃないか、
と思います。
 
仕事は大変。
だけど、それはお互いさま。
どこかで相手を大切に思う気持ちがあるかどうか、が
たぶん日頃のささいなことに出るのかな。
そんな気がしました。
 
ささいなことが積み重なって
夫婦という他人の関係が成り立つのではないでしょうか。
妻って、夫って、といったとき、
自分をわかってくれている人とか
家族とかではなく、
個人として、相手を大切にしている思いを表しているか、が
仲の良い円満な夫婦と
問題の起きている夫婦の違いかな、と思います。