夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【そのひと言が問題】


たったひと言が夫婦崩壊の引き金になる、
ってことは意外とよくあります。
 
それまで、十分にマグマがたまっていた
ということですけれど。
 
マグマに気づかずに来て、
ほんとにそのきっかけは些細なことだったりしますが、
そこから夫婦問題や離婚問題。
身動きできない問題へと発展していきます。
 
言っちゃったんだね~、留めの言葉。
でも言った側にしてみれば、
その言葉が留めになるとは思っていません。
いつも言っているようなことだったりします。
だから、何でそんな事態に発展するのか、
よくわかりません。
 
だけど、相手にとっては全く別の
とらえ方をしているのが言葉です。
 
ある夫、夫婦喧嘩をした際に、
妻から
「子供のこと、仕事のこと、もう一度ちゃんとしようよ」
と言われまし。
ですが、「もうやだ」と言ってしまいました。
本心ではありません。
 
その言葉を聞いた妻。
「もうやなんだ」と、そのまま受け取りました。
だったら「もういい」と、
離婚へと進めていきました。
その後、夫は大慌て。
だけど後の祭りです。
自分で言った「もうやだ」です。
 
また、ある妻「もう離婚しかないのね」と
喧嘩のついでに言ってしまいました。
これも本心ではありません。
でも夫は「そうなのか」と、受け取りました。
その後は、「じゃあ離婚しよう」ということに・・・・。
 
ほんとに言葉のあやみたいなことに
受け取れるかもしれませんが、
実際のところ、その行き違いというか、
受け取り方の違いで、事は進んでいきます。
 
夫婦を円満にするのも、
終わりにするのも、
言葉なんじゃなかな、と思います。