夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【家事はお任せする】

藤井聡太棋士、とうとう前人未到の段階へ・・・。
楽しみですね。
記録って破られる運命なのだろうけれど、
すごい人っているんですね。
わずか14歳・・・ほんとにどうなるのか楽しみ。
 
家事問題は共働き夫婦にとっては
もう大事大事。
必死な問題です。
日々綱渡り。
 
なかなか同じようにというわけにはいかないし、
妻がどうしても多く担っていて、
というケースもあるし、
遅く帰宅しても食器洗いは夫の仕事。
などと役割分担が決まっている家庭もあるし。
 
個々の家庭に任されてはいるものの
ほんとに切実な問題でせっぱつまっていることも多いです。
 
よくあるのが夫がした家事に対して
「そこまではやってくれなくてもいいのだけれど」
というすれ違いです。
男性はやるとなると徹底してやる傾向があるようで、
やるときはとことんやる。
だけど、妻にしてみると「そこまではしなくても・・・」
と、お互いの思いというか、
考え方、家事に対してのが行き違ったりします。
 
だけど、家事に関しては
どれがいいかとか、
どれが正解というわけではないと思うので、
あまり、そういう批判的な目で見てしまうと
どんどん否定したくなると思います。
 
夫にしても、
妻の家事に対して不服がないわけではなく、
もっとシーツを替えてほしいとか、
掃除してほしいとか、よく聞きます。
 
親子でもそうですしね。
母親の家事に対してじつは不服とか。
娘のやり方や息子のやり方にダメ出しとか。
すごーく細かいところであるんだと思います。
それぞれにこだわりが。
 
自分のやり方はそれでいいと思います。
だけど相手のやり方に対しては
お任せする方がよいのではないかな、と思います。
そこでああして、こうして、と言ってしまうと
キリがないですから。
 
やってくれたことに感謝。
ありがとう。
お互いに。
それがうまくいく夫婦かな、とも思います。
 
家事能力のあるなしってあるのでね。
だけど経験値によって、それも能力がアップしていきます。
 
ダメ出し、よりは少なくとも
ありがとうの方が、またやってくれて
経験値が上がっていくことに期待した方が
可能性があるように思います。