夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【輝いている人】
【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】

最も人気の高い記事

【輝いている人】
【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【傷つけるつもりなどないけど・・・】

夏至のせいか夕方の時間がなんとなく
ずれているような感じがして、
「あれ、もうこんな時間」と思うことが多いです。
明るいですね・・・夕刻が。
ハッピーアワーだな・・・などと思います
 
自分は相手を傷つけるつもりもなかったのに
傷ついている――といった
すれ違いは、起きます。
夫婦なら当然のように。
 
全然そんなつもりで言ったわけではないのに
違う意味で受け取られていた、ということも。
「なんでそんなことで」と思うかもしれませんが、
それは相手の感受性なので、
受け取り方なのだと思いますし、
どちらが正しいとも言えないことです。
 
そんな「あれ? 」というときに
相手のことがわかる機会になります。
 
あれ、そんなつもりじゃないのに、
そんなふうに受け取ることもあるのか?
どうしてそんなふうに受け取るのか?
といった疑問が次の理解に
つながるのではないでしょうか。
それは自分のことではなく、
相手への理解ということで。
 
または、そのまま突き進む抑止力に。
 
そこで、なんでそんなふうに受け取るの。
そんなことを言ったつもりはない。
したつもりはない。
となってしまうと壁ができてしまう感じです。
 
相手がどんなことで傷つくかをわかるチャンスは、
すれ違いや問題が起きたときによりはっきりします。
 
なんですれ違ったのか、がわかれば、
修正していかれます。
そうした積み重ねができていれば
問題にまでは至らないのだろうと思うのですが、
すでに問題になっている場合でも、
なんで、という疑問を相手側から見てみようとすると
理解ができることがあります。
 
自分はそんなつもりはなかったけれど、
それでも相手にとっては
傷つくことだったのか、と認めることができると
まだ大丈夫。
 
なんでそんなことで・・・でストップしてしまうと
ずっと理解することができないままです。
 
問題に進行している夫婦は
躊躇がなく、平行線が続いてしまいます。
 
違う人間同士だから、
そんな受けとめ方の違いっていうのは
夫婦でもあるものだし
そこを理解していく作業の連続なのかな、夫婦って
と思うことも多いです。
 
「あれっ? 」と思ったら
ちょっと考えてみるチャンスにしてみると
いいかも、と思います。