夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【嫁と姑】
【ふたりで何ができるか】
【良妻の危機】
【忖度させられる】
【気持ちと行動】

最も人気の高い記事

【嫁と姑】
【ふたりで何ができるか】
【良妻の危機】
【忖度させられる】
【気持ちと行動】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【違う方向を見ていた】

夫婦は意外と違う方向を見て進んでいて
ある日突然、問題が起きます。
あまり聞かないですしね。
お互いにどうしたいか。
あるいは聞いても本音を言わなかったり
言えなかったりしていることはないですか。
 
夫婦にはあまりこうというルールがないので、
なんとなく過ぎていることがほとんどです。
そのときどきで。
成り行きに合わせて、というのは
柔軟性があっていい一面もありますが、
ルールがない分、
ときには「こうかもしれない」と自分の中で
判断したり、決めつけてしまったりしがちです。
 
決めつけて見てしまうと
ほんとに視野が狭くなってしまうので、
見えているものも
見えない状況になってしまいます。
 
夫はこうだから。
妻はこうだから。
そんなふうに決めつけてしまうと。
それほど人間単純でもないかもしれないし、
かつての妻や夫、今の夫や妻とは違っているとこも多いので、
わかっている、という認識は
危険度が高いことではないかなと思います。
 
なんでなんだろう? という視点。
なんで今日は機嫌が悪いのだろう。
なんでそんなことを言うのだろう。
いろいろ日々。
なんでだろう、はあると思うんです。
 
自分自身に対してだってあります。
なんだか今日は調子がよくないとかいいとか。
いつもだったらこうだけど・・・今日は違う、とか。
そんなにステレオタイプにはなれません。
きっと相手も同じはず。
 
だから、その日その日で違う。
その年齢で違うし、そのときの状況で違ったりします。
でも、ほんとに夫婦って目の前の相手ではなくて、
自分の情報で考えていたりします。
その情報が最新かどうかっていうことだと思います。
 
日々更新していってください。
情報を。
そうしないと、ある日突然
全く違う方を見ていたのだ、ということに
なってしまいます。