夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【子育ての悩み】

パンダの赤ちゃんはメスの
可能性が高いそうですね。
パンダはお母さんになると食事をしないとかで
すごく繊細な動物なんですね。
ほのぼのとしたビジュアルに反して。
 
動物の育児を見ていると
いろいろとおもしろいです。
なかにはお母さんではなくて、
お父さんが子育てするタツノオトシゴみたいな
動物もいるし。
カマキリのように相手を食べちゃうという
生き物のもいるし。
ペンギンみたいに交代で卵を温めるのもいるし。
興味は尽きないです。
 
人間は、本来は男が狩りをして
女が子育てをする性なのでしょうけれど、
時代とともにそれも変わりつつあって、
今ではお父さんたちも育児を
積極的にするのがあたりまえになりつつありますね。
とはいえ実態的にはまだまだ
難しいところもありますけれど。
かなり育児をするというお父さんが増えているのも
事実だと感じます。
 
お父さんが育児をするときは、
お母さんと同じになる必要はないと思っています。
多くの場合でやはり女性の方が
育児に関しては能力が高いことが多いです。
もともと持っているのですから。
そこで頑張ったとしても
どうやってもお母さんにはかなわない。
もちろんいろいろとある世話に関しては
できることはお互いに協力してする
というのがいいと思います。
だけど同じことをしようとする必要はないし、
求めることもないです。
 
ときどきお母さんでお父さんに子どもは任せられない
という方がいますが、思いきって任せてみてください。
お父さんはお母さんの代理ではないので、
お父さんなりの接し方で
子どもとの関係を作っていくのがいいのではないかな
と思っています。
 
お母さんと同じ、というのを求めても
あまり意味がないし、父親と母親って
やはり子供にバトンタッチしてあげられるものは
違うのが当然なのではないかと思います。
 
少々お母さんの意図に反することであっても
お父さんなら許されることがあっていいし、
その逆もまた、あるかもしれません。
そういう対応の多様さがあったほうが
世の中にはいろんな人がいるので後々
子ども自身がびっくりしないで済みます。
 
そうやって子供は家庭という最小の単位の中で
いろんな意見があって、
いろんな人に対応をしていくことを
学んでいくのがいいのでは。
またその方が世の中に出たときに
生きていきやすいのではないでしょうか。
 
教育方針が一致しなければならない、
ということもないと思います。
お父さんの言うことと
お母さんの言うことが違ってもいいし、
その違いをちゃんと理解できているのが大事。
みんな同じではないのですから。
 
お互いの育児に関する意見をぶつけ合ってしまうのではなく、
許容し合うというのでしょうか。
そういうのもありだよね、という。
なるべく許容範囲を広くしておくのがいいかと。
なぜなら育児に正解がないので
親であっても迷いながらというのが
本音ではないでしょうか。
「これをしたら絶対」なんてないので。
あったらいいですけれど。
実際にはないので。
 
お父さんが育児をするときはお父さん流で。
お母さんはお母さん流で。
たぶんすり合わせしておいた方がいいのは、
ルールなんだと思います。
これはやったらダメ。
そんな最低限度のルールを決めておけば、
あとはのびのびと子どもと接することが
大事な気がします。