夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【ニース゛がないけどよい夫、よい妻】

松井一代さんのサスペンス劇場的な
ニュースといい、
渡辺謙さんの会見といい、
芸能界も夫婦問題で荒れていますねぇ・・・。
 
結婚したときは、
こんなことにはなるとは思わず‥‥
誰でもそうだと思うのですが・・・・
現実はまったく予想外の展開になっているので
問題になります。
 
なんだろうか・・・・と思うのですが、
自分と相手の想いが違っているということではないか、
と思うのですが。
 
夫婦というのはふたりで1組ですが、
個人は個人として存在しています。
個人としての在り方と
夫婦としての在り方というのは似ている
もしくは重なる部分もあるとは思うのですが、
違う部分もあるのではないでしょうか。
 
自分ほどよい妻はいない。
自分ほどよい夫はいない。
そう思うのは自由かもしれませんが、
夫婦である相手がそう思っているかは
また別の問題。
 
そんな妻は望んでいない!
 
そんな夫は望んでいない!
 
そんなことにはなってはいないでしょうか。
 
ひとりではないのでね、夫婦は。
 
いくら教科書に載っているような
理想的な妻や夫だったとしても
目の前の人が望んでいなければ、
それは何も意味がないことになってしまいます。
 
ニーズがないってことです。
その人にとっては。
需要がないのに供給しても
おせっかいなだけになってしまいます。
 
自分が目指すよい妻と
夫が望むよい妻は
もしかしたら違うっていうこと。
 
夫が目指すよい妻と
妻が望むよい夫は違うってことです。
 
大事なことは目の前の人ですからね。
 
それと、とんでもない理想像を言われても、
そんなことは無理だわ、ということもあります。
 
浮気も許してくれて、
いつでもにこにことやさしくしてくれて、
なんでもはいはい、とやってくれて
文句も言わない――なんて求められたところで、
そんなのは無理です。
 
相手のニーズを知ることは大事ですが、
そこは個として受け入れられるかどうか、というのも
難しいところです。
そうなると、夫婦でいる意味がそもそもあるのか、と
いうとこにたどりつきます。