夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【良妻の危機】

今年はスーパー猛暑だそうで・・・・(>_<)
ちょっと聞いただけで萎えてきました。
スーパー猛暑って・・・・。
どんなだろう・・・・。
東京は盆踊り季節なので
お祭りがあっちこっちで開かれて
夏休み中の子どもたちがどこでも楽しそうですね~。
 
役に立つことと愛情を勘違いしてしまうと
結果は少し悲惨なことになります。
 
好きな人の役に立ちたい、と
一生懸命母親役を夫に対して演じてしまうと
男と女ではなくて、
頼りがいのあるお母さん的な存在になってしまいます。
 
しだいにそんな役割は
自分の中で疑問に思うことになるでしょうし、
夫にしても本来は妻に
母親になってもらいたいわけではないので
いつしか、そんな「母親」の元を
飛び立とうとするかもしれないです。
 
「ひとりになりたい」と男性がときどき口にする言葉。
男性特有の「ひとりになりたい願望」は
あるにせよ。
妻に向けられた場合、
本当の母親のほかに
もうひとり母親≒妻がいる場合もあります。
 
なんだかやり損。
努力のしがいがないことに。
 
「私がいなければダメ」とか、
「必要とされたい」という願望。
そもそもフェアではない感じがします。
もっと対等な男と女の部分というのが
残っているほうが夫婦は長続きします。
 
もっと自分自信の魅力というか
女性として必要とされること。
もしくは、男と女であることを意識できる
関係の方が、夫婦としては
健全なのかもしれないし、
本来の関係に近い姿と言えると思います。
 
役立つことは感謝されるかもしれませんが、
それが果たして愛情なのかな? と。
 
その逆もありますけれどね。
夫がよく口する「俺はATMか!? 」
お金が≒愛情なのか?
 
確かにね。
必要ですけれど、やっぱりお金だけでは計れない、
ものが夫婦にはあるはずです。
 
その何かかなくなっちゃったときに
お金だけとか
役に立つだけとか、
そんな関係になったときに
危機が訪れるのだと思います。
 
そんなときこそ、すぐに危機に傾いていく。
役に立つ妻は、良妻なのかしれませんが、
そんな危機をはらんでいます。