夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【我慢したのはどっち?】

夫婦問題というのは
我慢と密接でして、
我慢してきた、とか、
我慢の限界、とか、
私だけが我慢すればいいの?とか
 
いろいろ「我慢」というものとかかわりが深いです。
そもそも結婚生活がそういう面が
あるからなのかもしれません。
 
だけど、我慢というのは自分で選んだことなので、
相手に対して恨みに思ったり、
反撃をしたりするのは、お門違いではないでしょうか。
好んで我慢したのだとしたら。
途中で限界maxと言われてもね。
 
我慢できないとなれば、
それをどうにか変えていく何か働きかけなのか
努力なのか、
限界が来る前に何かできるはず。
するべき。
 
限界まで我慢しちゃうことが
問題なのではないのかな、と思います。
 
限界までいっちゃうと
けっこう爆発するしかなくなるでしょうから。
 
ギリギリまで我慢して
爆発する――そんなことが多いので、
そんな必要はないのではないか・・・と思うんですけれど。
 
もともと日本人は我慢が美徳という
価値観を持っていますから、
そんなことも影響はあるのだろうは思いますけれど。
我慢はほんとに美徳かなぁ、と思うんです。
 
一時我慢しなければならない状況という
ときはあるかもしれません。
ですが、結婚生活が夫婦の関係が
一方の我慢で成り立つはずがなく。
それは一見、うまくいっているように
見えるだけなのかなと思うんですよ。
 
我慢という選択をしたら
爆発したりキレたりしないように。
自分で選んだのだとしたら。
嫌ならやめる権利というか、道はあるはず。
我慢することを。
我慢を脱するためにはどうしたらいいのか?って。
 
我慢して爆発する。
我慢して限界到達するより、
前に進めていいですよ。