夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】
【もっとラクに生きる】

最も人気の高い記事

【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】
【もっとラクに生きる】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【被害者は子どもたち】

相変わらずムシムシです。
月曜日なのに
台風5号が直撃するところもあるみたいで、
もうこれ以上災害は来ないで~! と願います。
 
久しぶりに別居している子供と会った方が、
子どもたちが苦労しているのが伝わってきた・・・・と。
 
数か月ぶりに会えたことの喜びよりも
子どもの気持ちを思うと・・・と
おっしゃっていました。
 
勝手に連れ去られてしまい、
会うこともままならならないまま、数か月。
何の離婚事由ももちろんありません。
 
お子さんは詳しく自分の気持ちは言わないけれど、
連れ去られて、違う環境で暮らすことになり、
学年の途中で転校も強いられました。
 
もちろんいろんな事例があるので、
毎日離婚、離婚と言われて
いたたまれなくて実家に戻ることもあります。
 
勝手に不貞して、子どもの前でモラハラして
どうにかなると思っているような事例もあります。
そういう人は子どものことなど最初から
考えてもいない・・・・。
考えているのは自分の保身。
当然、そんな人の相手は帰れる実家があれば実家に帰る
ことも多いでしょう。
それもまた子どもを守るという意味の
ひとつの方法なのは確かです。
 
一概には言えませんが、
なんの理由もなく、
実家に帰って、離婚と言ってくる。
被害者は子どもたち。
 
その方は子どもたちが苦労をしている、と
それが伝わってきたとしきりに言っていました。
それが一番心を痛める問題です。
なんとか、その苦労を少しでも取り除いてあげたい、とも。
 
何も語らない子どもたち。
だけど泣きそうな目をしていたそうです。
きっと自分の家に帰りたかったのでしょう。
 
でも「帰りたい」と言えない状況がそこにあります。
一方の親がしていることですけれど。
 
でも言っていました。
子どもが大きくなるのを待つつもりだと。
 
いきなり片親の一存で
まったく違う環境で生きていくことを
強いられる子どもたち。
なんでそんなことができるのか、
その心情はわかりようもありません。
でも、現実に、そんなことが起きています。