夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【勘と思い込み】
【落ち着こう】
【もういい】
【続けることを目指す!? 】
【自分の感覚】

最も人気の高い記事

【勘と思い込み】
【落ち着こう】
【もういい】
【続けることを目指す!? 】
【自分の感覚】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【面前DV】

先日あるご相談者と話していて、
妻とは会話もほぼない状態なのですが、
子供さんがやたらと妻の
ご機嫌をとるような感じなのだそうです。
 
子どもというのは
どんな状況でもお父さんとお母さんに
仲良くしてほしい、とは思っています。
事情などは横に置いて。
 
だから両親の間に流れている
冷ややかな空気というのは
感じ取っているのだと思います。
いやでも伝わってしまう。
 
別のご相談者はずっと妻のご機嫌をとっていた子どもが
妻が出て行ったとたん明るくなった、と言います。
 
それまでは割とお母さんと仲良く、(表面上)
だけどお母さんの心は家庭にはありませんでした。
 
またあるお嬢ちゃんは
妻の前ではとてもおりこうで、お母さんの一挙手一投足を
注意している感じだそうです。
だけどお父さんの前では子どもらしく、
のびのびしている・・・・。
母親はヒステリックに子供に接していて
子育てに注力を注ぎすぎのようです。
 
あるお子さんたちはお父さんが出て行ったら
早く寝るようになったそうです。
それまでは両親がいつもめるかわからない状況の中で、
安心して眠ることができなかったのではないでしょう。
 
また夫婦喧嘩を日常的に見ていると
子どもは脳のある部分の成長を止めてしまうのだとか。
「見たくない」という気持ちが働くのではないかと思います。
 
「子どもだって見ておいたほうがいい。
家族なんだから」などという
言い訳は通用しません。
言葉の暴力の方が脳に与えるダメージは大きいともいいます。
 
また子どもの前で夫婦間のDVを繰り広げることを
面前DVと言います。
お母さんが殴られている、
お父さんが暴言を吐かれている。
そんなことを見ている子どもは恐怖よりも
もしかしたら自分の無力感に襲われます。
何もできない自分に対して肯定感を持つことが
できなくなっていくのではないでしょうか。
 
「夫は私にはひどい態度ですが、
子どもにはいいお父さんで、子どもも好きなんです」
という悩みはよくあります。
ですが、そんな仮面は必ずはがれるものだと思っています。
 
子どもの前でいい人で妻の前では別人って、
信用ならないです。
 
夫婦の出来事のある部分は
本当に子どもに言ったほうがいいこともありますが、
すべてではないです。
それと年齢。
 
そこを見極めつつ、
いずれにしても夫婦喧嘩やいさかいは
基本的には子どもには
見せない努力は必要だと思います。
努力です。