夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【攻撃ってどう? 】
【嘘か誠か】
【夫婦の事件】
【夫婦の負の領域】
【夫婦問題と親子関係】

最も人気の高い記事

【攻撃ってどう? 】
【嘘か誠か】
【夫婦の事件】
【夫婦の負の領域】
【夫婦問題と親子関係】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【共感する力】

寒さが少し緩んでいます。
ちょっとだけホッと。
でも風邪ひいている人も多いですね。
筋肉も硬くなっているし、
心も硬くなっていませんか?
寒いとね・・・。
 
よくある相談なのですが
「うちの夫共感力が低いんです」というもの。
妻からの相談です。
 
女性は相手のことを自分のことに引き寄せて
考えることができる人が多いです。
出産、もともとは子育てする性の
おかげだと思います。
 
反対に男性は、もともとは備わっていません。
子どもを育てるという能力は。
やはり餌をとってくる、というのが
動物としての本能です。
だから女性からみたら
共感力に乏しいのは当然なのです。
 
そんな男女の性差というのがあります。
夫婦といえども男と女という違いがあります。
 
そこを理解しておくといいのではないでしょうか。
 
夫はもともと共感力が低いものである。
 
夫の側は妻は共感力を求めている。
 
そのない共感力をどのようにしたら
身にできるか、というと、
「妻はどう思っているのだろうか? 」という疑問。
自分とは違う感性の持ち主はどう感じているのか?
ということにどれくらい
考えが及ぶか、ということだと思います。
 
想像の世界です。
はっきりいって。
 
その想像ができるか、できないか、
の違いではないかと思われます。
 
想像力というのは
働かせるつもりになればできるはずです。
果てしなく想像する必要はありませんので、
ちょっとだけ、自分とは違う感性、
感受性の人のことを想像してみるだけで
少し違ってくるのではないか、と思います。