夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【痛みを糧に】
【本当に信じられる?】
【子どもには見え見え】
【安心して眠る】
【何のための夫婦か】

最も人気の高い記事

【痛みを糧に】
【本当に信じられる?】
【子どもには見え見え】
【安心して眠る】
【何のための夫婦か】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【超誤解】

なんだか気持ちが悪いくらい暖かかったです。
松の内も終わったしね。
でもまだこれから大寒ですよね。
 
結婚するとき夫婦の信頼って
絶大な状況で結婚して、
「この人だったら」という思いなのだと思います。
誰しも。
 
だけど結婚生活を経ていくうちに
その信頼をなぜだか使い果たしてしまう。
 
そうこうするうち不信・・・てなことに!
 
なんでそうなるのか、私にもよくはわかりません。
 
あまりにも大きかった信頼なのか、
それともほんとうに結婚生活というのは
そうやって信頼をすり減らしていく面があるのか。
 
できれば信頼を積み上げてはいきたいと
誰しも思っているものだと思います。
 
積み上げていかれる夫婦と
減らしていく夫婦の違いは何なのだろう・・・・。
 
浮気みたいな裏切りがあれば、
それは当然ですが信頼は崩れていくのは誰しもわかります。
 
だけどそうしたことがなくても、
信頼はすり減っていってしまいます。
 
たぶん、なのですが、
夫婦で見ている方向が違うっていうことなのかな、と思います。
 
見ている方向が違っていて、
知らないあいだに大きく離れて行ってしまう。
 
そして相手が信頼できなくなっていくっていうこと? かな?
 
自分ではこっちの方向が正しいと思っているのですが、
相手はそうは思っていなくて、
お互いに別々の方に進んでしまうことで、
いつしか信頼がなくなっていってしまい。
愛情も薄れて行ってしまう。
 
いつしか夫婦は超誤解で
成り立っていたりもします。
 
よく相談者が思っている夫や妻の実像と
私から見える妻や夫の姿は
全然違うように見えたりするので。
 
もうそれは超がつく誤解じゃないか、と思うことがあります。
よくも悪くもなんですけれど。
 
そう思いたいのはわかります。
だけど違うんじゃない? と。