夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【成功体験と失敗体験】
【優しい人といい人】
【まだいるマザコン夫】
【浮気は終わった】
【失う痛み】

最も人気の高い記事

【成功体験と失敗体験】
【優しい人といい人】
【まだいるマザコン夫】
【浮気は終わった】
【失う痛み】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【本当に信じられる?】

問題をふたりの問題ととらえているのは
仕方ないのですが、
視野がとても狭くなっています。

問題ばかりを点で見ているので
俯瞰して見たり、
一般論として見たり、
比較検討することができなくなります。

当然な面もあるのですが、
あまりにそれが行き過ぎると
もうほぼ盲目的な状態になってしまいます。

で、とんでもなく異様なことが当たり前に
なっていたりします。

噓でしょ!? みたいなことが起きています。
ほんとに真実は小説なんかより
ずっとずっと奇異で不可思議です。

それに、それまでさんざん嘘で
塗り固められていたというのに
まだ「言葉」を信じようとする。

信じたいという気持ちは理解できますが、
信じられないでしょ! というようなことも
信じちゃいます。

で、ますます迷路に。

問題がないときこそ、相手を見て
相手の言っていることに耳を傾けてほしいのですが、
問題のないときにはスルーなことが多いです。
気づかないから。
気づけないから。

その言葉、ほんとうに信じられるのかどうか、
今までの積み重ねが物語ります。
なのに、その言葉だけを信じようとするのは
ちょっと待ったほうがいいんじゃないかな、と思います。

それと相手に答えを求めるのではなく、
考えてみることが大事なことではないかなぁ
と思うんですよね。
自分でちゃんと考えてみる。
そのためには点で見ていてはダメなんじゃないかな。
そう思います。