夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【嘘か誠か】
【夫婦の事件】
【夫婦の負の領域】
【夫婦問題と親子関係】
【大切なもの】

最も人気の高い記事

【嘘か誠か】
【夫婦の事件】
【夫婦の負の領域】
【夫婦問題と親子関係】
【大切なもの】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【反省のない人】

三寒四温といいますけれど、
一日暖かったなぁ、と思うと
また真冬のような寒さが戻ってきます。
今日は東京ではみぞれや雪が降ったところもあります。
とても寒い一日でした。
ほんとにあと一か月もしたら桜が咲くのかしら?
と、ちょっと信じられないような感じです。
 
夫婦が離婚という答えを出すとき、
少しでも多くの納得を得られるといいなぁ、と思っています。
 
納得を拒否し続けることがよいのか、
どこかに納得を見つけて離婚するのか、では
その後の人生が違うのではないか、
と思うからです。
 
離婚と言った側は納得しての離婚ですが、
言われた側というのは
納得できることがないのが実情です。
 
だけど、どこかにあるのではないかな・・・
もしかしたら。
 
稀にほんとに納得などできない、ということはあります。
あまりに一方的な離婚というのもあります。
まあ、その場合は被害を受けたということ。
 
そもそも離婚問題というのは、
一方にとっては納得のできないものです。
 
ですが、浮気して離婚と言われて
離婚に同意しない、などと言うのは問題外としても、
つまり離婚事由を作っておいて、
離婚しないって、
そもそもそんな人だから離婚になるでしょ、
という面があるのではないかと思えます。
 
離婚事由がない場合、
それでもどこかにかすかに納得できるところ
というのがあるかもしれないです。
 
というのは、ご相談者の話しを聞いていると
反省の言葉を言う方が多いので、
もちろん反省もあるけれど―――、ということはあります。
それは重々わかります。
 
反省は過度にしてもダメだけれど、
しないのもダメなのではないかと思う次第です。
 
反省があるところからしか、
次はないのではないか、と
思うからです。
 
省みることができる人は
次があるってことです。
 
ある妻は夫の反省の言葉を
聞いたことがないと言っていました。
 
その妻は夫に離婚を迫っていますが、
夫はもっともっと嫌われるようなことばかりをしています。
とことん嫌われる。
 
自分は浮気をして、
さらには、まだ反省の言葉はなく、
妻への嫌がらせ的なことばかりを繰り返しています。
 
妻はとことん夫婦は続けていかれるわけがない、
と思うばかりです。
 
どこかに反省を見つけられた人は
ちゃんと再生できるのだと思います。
それが成長ということなのかな、とも思います。
つまづきのない人生なんてないですから。
つまづいたって、
ちゃんと支えてくれる人がいて、
もう一度やり直すっていうことはできる人は
できるんじゃないか、と思っています。