夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【子育てで意見が衝突】
【余裕をもってみると】
【日常的なモラハラ】
【夫婦喧嘩の果て】
【疲れてしまった】

最も人気の高い記事

【子育てで意見が衝突】
【余裕をもってみると】
【日常的なモラハラ】
【夫婦喧嘩の果て】
【疲れてしまった】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【自分守れると】

自分を守れない人が誰かを守れるのだろか・・・
と思うんです。
 
ときどきね。
 
たとえば夫婦問題が起きて
子どもを守りたい。
だれでも思うものでしょう。
子どもがいたら。
 
だけど、そのためには自分が壁になったり
守れるだけのものがないと、
守れないのでは?と。
 
だれかを守るって並大抵て゛はないです。
そりゃあ大変。
だけどそれが目指したら自分のキャパシティを
広げてくれる。
 
そういうものかな。
自分だけならどうでもいいことが
だれかのためにってなったとたん、
がぜん力が出たりします。
 
そういう力を出させてくれる存在って大事では?
 
子どもでも親でも友でもいいです。
この人のために頑張ろうって。
そういう人がいるってことが
ある意味では支えっていうことなんだと思います。
 
自分だけのためって大したことないんです。
誰かのため。
でもその前には自分をちゃんと守れている人が
だれかを守れる。
自分すら守れないと誰も守れない。
かもねって。
 
だから強くなれるのでは?
 
だってズタボロになって、
それじゃあ、誰も守ることなんて無理・・・?
むしろ守ってもらいたいくらい。
 
だから、守らなきゃいけない人がいるって
すごく自分の力以上のものが求められるし、
実際のところ力を出せる。
と思うのですけれどね。
どうでしょうか。