夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【攻撃ってどう? 】
【嘘か誠か】
【夫婦の事件】
【夫婦の負の領域】
【夫婦問題と親子関係】

最も人気の高い記事

【攻撃ってどう? 】
【嘘か誠か】
【夫婦の事件】
【夫婦の負の領域】
【夫婦問題と親子関係】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【子どもの発するシグナル】

桜が咲いていました。
チラリと。
枝垂桜はもうけっこう咲いている木もあります。
いよいよ、ですね~。
 
離婚の問題や別居の問題が起きたり、
そこまでいかないまでも
夫婦問題が家庭の中にあり
表面化していると
子どもに何か全く違う形で
それが影響してトラブルが起きることがあります。
 
神経症的な疾患を発症する子もいます。
登校拒否気味になったり。
いろいろ子どもって一番そばで
夫婦を見ているギャラリーなので、
そして、受けきれないことは
病気という形でシグナルを発してくれます。
 
たぶん、お母さん、お父さん、
苦しいよって言っているんじゃないかな。
もちろんやめて、とも。
 
だけど、ときどき問題というのは
自分に非がなくても起こるもので、
起こしたくなくても起きます。
 
そのとき、どうするか。
 
それを子どもは見ているんじゃないでしょうか。
最も最前線で。
 
解決していく能力を。
 
見られています。
 
ある息子さん。
威圧的で、一方的な父親と別居したら
成績が上がったそうです。
 
別居している父親は相変わらず
妻に「勉強させてね」と言ってきます。
皮肉なことに父親から離れたら
成績アップ。
知らないのは父親だけ。
 
父親が会いたいといったら
「忙しくて無理」が息子さんの回答。
 
父親はとても息子思いの
よい父親だと自分のことを思っています。
 
別々に暮らすようになって
まさか息子がホッとして、
いきいきとしている、なんて
想像もしていないかも。
微塵も。
 
息子さんは果たしてどうだか?
 
夫婦もすれ違うけど、
親子もすれ違いますねぇ。
 
親の思いと子の思いは
いつも一致するわけではありません。
一致するのは小さいうちだけ・・・・。
自我が芽生えて、
自分というものを作り始めたら、
別の人格になっていくのは当然。
 
子どもはいつも見ています。
親のこと。
 
そしていろいろ伝えてくれています。