夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
夫婦問題はあってあたりまえ

【コミュニケーションの違い】

桜がまだ満開ではないだろう・・・
なんて思っていたら満開!!!
桜はあっという間ですね。
ほんと見過ごせない。
何日か前まで蕾だったのに、もう満開。
咲くときは咲くってことでしょうか。
 
男と女っていうのは
どうしても乗り越えられない壁のようなものがあって。
 
深い溝というべきなのか。
そんなどうしても理解し合えない部分と
いうのがあります。
 
なんとか乗り越えようというよりも
「ある」ということをわかっていることの方が
ときには大事かなぁと思います。
 
親子でも兄弟でも夫婦でも恋人でも
その男と女の違いはあるもので、
歴然としてあるのです。
 
「同じはず」と思ってしまうと
「?」だらけになりますから。
とくに問題が起きたら。
 
問題以前からあるのですよ。
男と女の違いが。
違うものなのでしょう。
 
それがないと否定だらけ。
否定しても相手のことはわかりようもない。
 
例えば、女性がいろんなことを話したら、
男性にとって「なんでそんなに話すことがあるのか?」かも
しれませんが。
 
「そうなんだ」
「それで」
「へえ~」
「楽しかったんだ」
そんな相槌を打ってくれたら
女性は気持ちがよく話せます。
 
気持ちよく話せるって
中身よりもときには大事で、
よいコミュニケーションが取れたってことに
つながっていきます。
 
男性にとっては「?」かもしれませんが。
 
まあ結局、何が大事って、
コミュニケーションは
夫婦を円満にやっていく有効な方法
ないのじゃないか、と思います。
 
そのためにも男と女は違うもの。
違う生き物くらいに認識しておくのが
いいかと思います。