夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【攻撃ってどう? 】
【嘘か誠か】
【夫婦の事件】
【夫婦の負の領域】
【夫婦問題と親子関係】

最も人気の高い記事

【攻撃ってどう? 】
【嘘か誠か】
【夫婦の事件】
【夫婦の負の領域】
【夫婦問題と親子関係】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【ちょっと困ったら】

連休後半は雨で始まりですね。
珍しいですよね~。
この時期の雨って。
 
夫婦の間で気になっていること。
なんとなく、でもいいですし、
ずっと、でもいいです。
困っていることも。
 
たとえば夫が趣味ばかりで気になっている。
妻がイライラしていることが気になっている。
夫の帰りが最近遅くなって気になっている。
妻が最近外出が増えてきになっている。
夫が育児に協力的でなくて困っている。
妻のお金遣いが気になっている。
夫がお酒を飲み過ぎて困っている。
 
そんないろいろな気になること。
ちょっと困っていることは
書き出してみます。
 
言語化してみると
意外とどうでもいいかと思えることと
そうではないことがまずはわかってきます。
 
で、どうでもよくないと思われることは
どうしたら解決することができるか、と
考えてみます。
 
「気になっている」
「困っている」
止まりだと、そこから先へ
なかなかいかないというか、
堂々巡りみたいなことが多くて。
解決へとつながっていかない。
 
ですが、一度書き出してみて
言語化すると、
「じゃどうするか」と
気持ちとは別に問題解決への方法を
考えられるようになります。
 
わかりやすく言うと
最も近い言い方をするとクールダウンでしょうか。
 
気持ちの問題から
問題をあぶり出すことができて
そのためには何をしたらいいか、
といった具体的な方法を考えられることが
できるようになります。
 
または、困ったことや気になることは
すぐさまそれを相手へ向かった言葉にしてしまわないで、
一度ちょっと自分の中で放置してみます。
 
で、時間を経ると
ちょっと違う見方ができたりします。
 
あのときはそう思っていたけれど、
なんだか違うようにも見えてくる。
 
ある意味ではすぐに言葉にして出すというのは
思慮に欠けるという言い方もできますが、
悪気はないと言いましょうか。
 
ですが、その困ったことや気になることを
解決したいと思ったら
その解決方法が見つかることが最も大切。
 
だとしたら、書いてみる。
またはしばし放置してみる。
すぐに行動に移さないってことです。
 
そうすることによって
意外な解決方法が見つかるってこともあるし、
問題が問題ではなくなってくるということもあるんです。
 
夫婦やっていると
困ったな、ということも
ちょっと気になるということもあると思います。
そうしたら相手に即!
ではなくて、ちょっと自分の中で
何かの方法で考えてみるとよいと思います。
 
そのまま「気になる」「困った」を
投げかけないでみてほしいかな、と思います。