夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
夫婦問題はあってあたりまえ

【戸籍上は父だった】

サッカーワールドカップ開幕ですね。
きっとまたいろんなドラマがあるのかな?
スポーツはできなかったとしても
そんな感動をもらえるところがいいですね~。
 
父親が浮気をして離婚した
ふたりのお母さんの話です。
 
7歳の子どもを持つお母さん。
離婚したことをどんなふうに子どもに伝えようかな、と
思案していました。
 
あるとき「結婚って」みたいな話になり、
「お母さんは結婚しているじゃん」と子どもに言われ、
何気なく「やめたんだ」と言ったところ
「浮気でしょ」と子どもさん。
 
図星。
 
子どもって親以上に
わかっていたりするからすごいし、
情報持っているからすごい。
核心を突いてくるのでびっくり。
 
「そう、だから考えが違っちゃったんだね、
お母さんとお父さんは」
と話したそうです。
 
その後、お子さんはそこにこだわることもなく、
「ふーん」みたいな感じだったそうです。
 
まあ別居期間もけっこうあるし、
もともといないことが多い父親なので
父親と子どもの愛着が育っているというむしろ薄い
ほとんど影響がない
というのもあるのかなと思います。
 
戸籍上は父だった、みたいな。
 
別のお母さん。
 
18歳になる子どもさんに父親が面会交流を求めています。
お母さんは拒否などすることもなく、
会ってくれるのはまったく構わない、
というスタンスなのですが、
子ども自身が会いたくない。
 
会いたいと言うなら会ってもいいけど、
何をしたいんだ、という子どもさん。
 
そりゃあそうだ。
18歳にもなれば浮気して家族を壊した親に会って
何を話してどう過ごす。
そんな親には会いたくないような年齢でしょうに。
 
どうやらそこがわからない。父親。
 
ずっといっしょに暮らしていたけれど、
けっこう口うるさく子どもにいろんなことを言い続けて
きた人で、子どもはうんざりしていた様子です。
だからそんな父親から解放されて今はのびのび。
むしろいつもダメ出しされていた学業成績もアップ。
 
いっしょに暮らしていても
愛着が育っていなかった。
エラソーなだけだとね。
そのあげく自分が浮気しちゃって
お母さんは離婚の決断ですから。
 
子どもにしたら「今さらなに? 」って
思っているんじゃないかな。
何を言われても今は心に響かないでしょう。
 
会いたい会いたい言ってますが、
どんな顔して会いたいのだろう、その父。
と思うんですよ。
子どもの嫌悪感、ちょっとはわかってくれないかなって。