夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【思考にやられる】
【見極めできない】
【ひとりでは幸せになれない】
【浮気したのは君のせい】
【元気? 】

最も人気の高い記事

【思考にやられる】
【見極めできない】
【ひとりでは幸せになれない】
【浮気したのは君のせい】
【元気? 】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【妄想と思い込み】


錦織選手残念でしたね~。
準決勝進出ならず。
でも扉を開いてほしいな・・・。
期待しています。
 
夫が浮気しているかもしれない・・・
といったとき、妄想が広がってしまい、
次々に、その妄想は描かれていきます。
 
「女がいるに違いがない」と。
 
といった妄想--。
実際いるときもあれば、いないときもあるし、
特定の誰かと不倫ということもあれば、
風俗通いだったり
出会い系だったり、いろいろなのですが、
頭の中では暴走します。
 
暴走しちゃうと、その修正というか、
冷静な判断というのが難しくて、
思い込みによる自分の中のストーリーに
とらわれてしまいます。
 
どう見ても女はいないでしょう、
といったケースでも、
「いるに違いない」と思い込んでいると
別の真実が見えません。
見ようとしてないからなのかもしれません。
 
逆にね、女性の場合、
夫である男性に「浮気では? 」と言っても
「あるはずがない」と信じていると
これまた見えません。
 
いや、明らかに浮気じゃないだろうか?
と思われるケースでも、
なかなか信じてもらえません。
これもまた「妻が浮気をしているはずがない」といった
妄想というか思い込み。
 
ある意味では信じているのか、
それとも想定外だからなのか。
 
自分から見えていない人の別の面って
必ずやあるはずなんですよね。
 
だから思い込みは捨てて、と思います。
思い込み通りだったら
こんな楽なことはないのですから。
大事なことは思い込みではなく現実です。