買い物かご
買い物かごは空です
数量:
小計
消費税
送料
合計金額
PayPalでのお支払いが完了できませんでしたこちらをクリックしてもう一度お試しください
ご注文を承りました!ご注文頂き誠にありがとうございました!後ほどPayPalからお支払い完了のお知らせが届きますのでご確認ください。買い物かごを閉じる

ブログ

ビュー:  全体 / 説明

【望みはない】

投稿日: 2020 6月 7、2:05 午後 Comments コメント (0)
人って不思議なもので
知らない間に期待して、
期待が裏切られてがっかりします。
 
とくに結婚において。
こうであろう。
こうである。
と期待しますが、
ほぼその期待は裏切られる。
 
裏切られるのは
期待するから。
 
 
そもそも期待しなければいいんです。
夫や妻に対して期待ゼロにする。
難しいことですが、
そうすると何かしてくれたときには
プラスに転じることができます。
つまり自分の幸福度が上がる。
 
期待は結局幸福度を下げていることになります。
 
自分はこれだけやっているのに・・・と
思ってしまうと
足りないことばかり。
だけど相手もそう思っているとしたら
平行線になってしまいます。
 
だから相手に何も望まない。
期待しない。
結婚はそんなことが
うまくいくポイントだったりします。
そうするとうまくいったりします。
期待するし、
望むからうまくいかなくなる。
 
望まないようにしていること
それだけでも違ってきます。
何も望まない。
そうするとじつは楽なんです。
 
Read Full Post »

【卒婚】

投稿日: 2020 6月 6、1:32 午後 Comments コメント (0)
オンライン飲み会、この間やりました。
予想以上に楽しいです。
弁護士さんとの打ち合わせもオンラインで。
ヨガもオンラインに切り替えて受講中です。
なんだかこうしてみると
けっこうオンラインで済んじゃうなぁ・・・と。
移動時間を削れるので、
その分、時間が有効に使えます。
 
もちろん8割まではいかなくても
無意味な、たとえば電車でとかいった
人との接触も減らせますしね。
悪くないですよ。
オンラインの活用。
コミュニケーションはちゃんととれていますからね。
そこがいい点かもね。
 
夫婦で話すことがない・・・・と。
悩んでいる方がいます。
何も話すことがないのだそう。
 
でも結婚して20年以上も経過すると
そんなものかも、とも思いますし、
無理をしてまで話すこともないかもしれない。
 
新婚でそれはちょっとまずいかも、
ですが、結婚している年数にもよりますね。
 
ある程度の年数を経た夫婦は
ひとつは卒婚というのがあってもいいのではないか、
と思っています。
婚姻という法的な関係性は維持しつつ、
お互いにやりたいことをやる環境を整える。
別にいっしょにいることだけが
いい夫婦の形か? というと
そんなこともないと思います。
 
家庭を作り、
子供を育て、やることやったら
婚姻関係をは継続したまま
夫婦という既存の形にとらわれることなく、
自分たちの居心地のいい形に変えていく。
 
これからはそのほうが楽かなと
思っています。
無理して努力していっしょにいるよりも
もう少し風通しがよくていいのじゃないか、と思います。
Read Full Post »

【子供が成長した後の夫婦】

投稿日: 2020 6月 5、1:02 午後 Comments コメント (0)
今夜はストロベリームーンという満月。
6月なのにストロベリー?
インディアンの呼び方らしいですけれど。
少しぼんやりとした満月です。
私は細い細い三日月がじつは好きです。
 
今日は久しぶりにいらしたお父さん。
3人の子供たちはとても優秀で、
医学部や国立大学に進学。
もう安心というところまで
やってきました。
 
でもって、ふと夫婦を振り返ったら、
妻に対しての愛情がないことに気づいたそうです。
 
まあ以前にもそうおっしゃっていました。
が、今でもそう。
 
この先どうやって夫婦向き合っていけばいいのか?
 
子供が育った後、ですね。
悩んでいます。
 
人によっては贅沢な悩み、
と映るかもしれません。
実際同級生にこんな悩みを言ったところで
わかってもらえないことが多いし、
むしろ悩みを聞く側に回ってしまうことが
多いのだそう。
 
だけどご本人にとっては
真面目な悩みです。
子供が育ち、
夫婦ふたりになったとき、
目の前の妻に対して愛情が感じられず、
かといって夫婦をこんなことで
終わりにしていいのか・・・。
悩みます。
 
よくよく話を聞いていると
とても子育てに関してはふたりで協力体制
でやってこられたようです。
夫婦で働いているので
家事も分担して。
 
今では夫の方が料理が上手になり、
コロナの自粛中はすべて
夫がご飯作りを担当していたのだそうです。
 
そんな夫であり、パパだから、
いろいろ話していてたどりついたのは、
鳥の巣症候群なのではないか、ということ。
 
子供たちが順調に育っていき、
ふと気が付いたらもう自分のことを
そんなは必要としないまでに
成長してくれた。
そんなときに虚しくなってしまう。
ぽっかりと心に穴が開いたようになります。
 
普通はお母さんが陥ることが多いのですが、
そのお父さんはぽっかりと心に穴が開いて、
この虚しさをどう埋めようと言います。
ま、いろいろアドバイスはさせていただきましたが
なんとなく、何が原因なのかが、
見えてきました。
 
帰り際、
すっきりした、と。
ちょっとやってみます。
そういって目標を見つけられたみたいです。
前へ進むんじゃないかなと思います。
 
状況や環境というのは
ずっと同じということはないので。
いつも変わっていきます。
そんなとき、ときどき目標を失ってしまいます。
何か目標が見つけられたとき、
また頑張れるように思います。
 
Read Full Post »

【子供は逃げ場がない】

投稿日: 2020 6月 4、1:09 午後 Comments コメント (0)
お子さんたちの学校もボチボチ
再開し始めました。
少しずつゆっくりですが。
 
子供たちもコロナのことを
ある程度の年齢になると
理解しているので、
いろいろ影響が出るのでしょうねぇ。
 
この自粛中、親子で過ごす時間が増えて、
よかったという方 が多かったです。
なんやかや、
にぎやかではあったけれど、
そんなに親子で過ごす時間ってないものなので、
どっぷりと向かいあって過ごすことになって、
小さいお子さんだと気持ちが安定したり
する子もいたみたいですね。
ふだんお母さんもお父さんも
忙しいからねぇ。
 
ただ、夫婦問題があって
仮面夫婦であったり、
家庭内別居夫婦であったりすると
苦痛以外の何物でもなかった
という子供さんもいるかもしれませんね。
 
子供は逃げ場がないので、
親の仲が悪いと
どうしようもないのです。
少し大きくなれば「逃げる」という
知恵も働くとは思うのですが
小中くらいまでは
逃げられませんからね。
かわいそうです。
親の不仲を見続けなければならないので、
決していい影響はないでしょう。
 
その子の持って生まれてしまったものって
あるのだろうな、と思います。
 
すっごい自分勝手な母親がいるのですが、
その運命みたいなところからは
逃れようもありません。
もちろん父親も同じです。
子どはもって生まれたもの
従わざるを得ない時期があって、
そこから脱していかれる子と
そうでない子がいます。
 
願わくば、そんな息苦しい環境から
逃げ出せる子になってほしいですね。
 
Read Full Post »

【こだわりを捨てる】

投稿日: 2020 6月 3、1:53 午後 Comments コメント (0)
東京アラートが発信され、
都庁は赤く染まっています。
少々怖いな、といった色合いですが、
実際怖いので、ある意味ではわかりやすいのかな。
注意がまだまだ必要なのではないか、と思う次第です。
 
カウンセリングは
6月より対面を再開しております。
 
またご希望によってはZOOMを使っての
リモートでのカウンセリングにも対応しています。
ご心配な方はご相談ください。
 
いろいろと変化していきましょう、
と思っています。
 
自分に負担のない形や
負担のない方法というのは
考えれば
出てくるものですしね。
 
こうでなきゃダメ、なんて
ぜんぜーんないのでね。
 
固定観念にとらわれている必要はないのだと思います。
もっと自由に。
もっと生きやすくなっていくことが大事です。
 
どんどん変化を楽しみましょうね。
 
夫婦もそんな感じですよ。
「こうでなきゃ」なんて
考えていたら
追い付いていきません。
現実に。
 
どんどん変化していく。
 
変わっていかれるかどうか、
が大事です。
 
こうでなきゃとか、
これがいいとか、
そんなことに
こだわっている場合ではないのです。
こだわりなんてどんどん捨てていくのがいいです。
 
もっともっとシンプルに
なっていくのが
身も気持ちも軽くなっていきます。
こだわりをどれだけ捨てられるか。
 
そんな時代です。
 
Read Full Post »

【状況を受け入れる】

投稿日: 2020 6月 2、1:15 午後 Comments コメント (0)
東京はアラートが出てしまいました。
新型コロナの問題ではずっと感じているのですが、
個人の意識の差大きいということ。
大丈夫と考えて行動をしている人と
慎重な人との差がとても大きい。
意識の差。
 
一時の医療ひっ迫した状態に陥って、
芸能人や身近でもコロナの発症が出て、
初めて意識は危機感に向いたのだろうと思いますが、
それも収束が見えてきた時点で、
また意識に違いが出ているのだろうと思います。
 
難しいですね。
 
マスクをしてないい人も増えてきたと聞きます。
会社もとくに出社が必要なくても
社や社長の方針で
結局出社になっている社も増えているようです。
 
意識を変革していくのは
とても難しいことなんだな、と感じます。
二度と同じ社会には戻らない、と
私は思っています。
 
ネガティブに思っているわけではなくて、
違う社会が構築されていくのだろうし、
早く違う社会づくりをしていったほうが
いいのだろうと感じています。
 
同じことをしようとすること自体が無理
なのではないでしょうかね。
 
変わっていきましょうね。
少しずつ。
今までとは違う。
 
ストレスは感じるけれど、
少しずつだったら
大丈夫なんだろうと思います。
 
おうちにいることで
新しい発見があった
という人も多いですし、
家が楽しくなったという人も多いです。
 
自然に今の自分のある状況を
受け入れていかれるっていうのは
大事だし、いいですね。
Read Full Post »

【夫婦24時間一緒はきつかった!?】

投稿日: 2020 6月 1、11:34 午前 Comments コメント (0)
男性ふたりと話していて、
ふたりとも同じことを言ってました。
 
自粛中、妻とふたり。
話すこともこれといってないし、
ずーっとふたり。
きつかった、と。
 
 
ひとりは結婚すでに三十年になろうか、
という熟年夫婦。
 
「娘が来てくれればまだいいんだけど」と
近くに住む娘さんも自粛で来ないので
ほんとにやることないし、
行くのは食材の買い出しぐらい。
「妻も出たいので僕が行こうとすると私が行ってくるというし・・・」
 
ほんとに大変だったそうです。
 
でもうひとりは新婚さん。
まだ結婚一年目。
ラブラブのはずですが、
嫁があんなに細かい人だとは・・・と。
いろいろ家事のことでダメ出しもらったそうで、
心の中で「じゃ君がやれよ」とつぶやいていたそうです。
 
特に食事の時に妻に「今日のご飯おいしい? 」と
聞かれたので「おいしいよ」と答えたら
「そんなことはないはずだ」と妻・・・・・
 
素直に言っただけだけなのに・・・・とも。
「おいしいからおいしいといったのだけど、
それだけじゃだめなんですね。難しいな」
「?」な様子です。
妻はそんなおいしく作っていないのに、
おいしいと適当なことを言っていると受け取っていたみたいです。
 
「コロナ離婚っていうのも
なんとなくわかる」と新婚夫。
 
ふたりの男性が口をそろえていたのは、
「こんな状況は付き合っているときにもないし、
生まれて初めてのこと」
だそうで、そのとおり。
今まで経験のないことです。
 
24時間同じところにいて、
いっしょに時を過ごす。
それは夫婦にとっては仲がよくても
きついことなんですね。
 
休暇だったら休暇で出かけたりするわけで
じっとやることもなく家に居続けるというのは
まるで修行だったのかも、ですね。
夫婦の。
 
三十年のベテラン夫は「きつかったぁ」と
新婚夫は「妻の別の面を知った」と
ちょっと今まで見たことのない夫婦の別の面を
しみじみ見たそうです。
 
 
Read Full Post »

【夫婦の危機】

投稿日: 2020 5月 31、11:15 午前 Comments コメント (0)
夫婦はなぜかうまくいかなくなるもの。
という前提で考えていると
少し違うのではないか、と思うのですが、
前提というのは
自分次第でどうにもできるものです。
 
夫婦はうまくいくものだ、
と考えてしまうと間違えてしまうような
気がしています。
 
もともと他人だから、
そんなはうまくいかないかもしれない。
すれ違いが起きて当然かもしれない。
 
そんな風に考えておく方が
いいんじゃないかと思います。
 
結婚するときに、
どうしたってて「うまくいく」と考えるし
考えたいし。
 
だけど、それと同じくらいのベクトルで
うまくいかないこともあるかも、
と想定できていると
何か危機を回避できるように思います。
 
危機がないなんてないのでね。
本来は。
むしろどう危機を乗り越えるか、
が人生みたいなところがあります。
 
 
Read Full Post »

【言ったことの責任】

投稿日: 2020 5月 30、1:19 午後 Comments コメント (0)
気がつけば道端の紫陽花が
ほんのり色づき始めていました。
季節はもう梅雨に向かっているのですねぇ。
桜も見た気がしなかったし、
つつじも終わってしまったし、
確実に季節は歩みを進めています・・・。
少し寂しいです。
 
夫婦喧嘩であっても
言ってはいけない言葉。
 
・離婚
・出ていけ(出ていく)
・結婚するんじゃなかった
 
この3つは喧嘩の際に
発したら
私は離婚に至る言葉だと思っています。
 
理由にかかわらず。
 
そういう言葉ってあるんです。
 
取り返しがつかない言葉と出もいいましょうか。
 
発せられた言葉は
もう元には戻せない。
 
だから、この3つは発してはだめです。
本気の時以外。
 
ほんとうに離婚するときとか、
別居するときなら言ってもいいですよ。
むしろ。
 
だけど本気でないのに言ったら
発したら
そうなる覚悟はしておいてくださいね。
実際そうなった夫婦は
数知れず。
 
喧嘩の際に「離婚ね」と言って
離婚に至ったなんていうのは
決して珍しいことではなくて、
言葉どおりになったというだけのことです。
 
まずは自分の発言には
責任を伴うし
持たなければならないでしょ。
 
 
だから言わないでって
ことです。
言葉を発するのを我慢してください。
 
Read Full Post »

【後を引く夫婦問題】

投稿日: 2020 5月 29、1:03 午後 Comments コメント (0)
昨日の東京は青空がきれいでしたが、
ブルーインパルスが隊列を組んで
飛ぶのが良く見えました。
美しいですね。
人の気持ちって。
こんな厳しい時代に
医療従事者の方たちが
とても喜んでいるのを見たら・・・
人の思いに触れると
ほんとうに心が温まります。
青空に白い軌跡が美しかったです。
 
不貞、不倫、風俗通いなど。
異性関係にまつわる夫婦問題ですが、
一度の過ちで止める人と
何度も繰り返す人がいます。
 
一度の過ちで止める人は
私はまだ修復できるし、
変わっていかれる可能性がある人だと思います。
 
何回も同じことを繰り返す人は、
逆にだめですね。
この先も繰り返していくことが
予想できます。
 
そこは分かれ道でね。
だれでも失敗ってするものなので、
一度の不貞なら私は
修正していかれる可能性は大きいと思います。
 
とはいえ、一度の不貞であっても
許せない、と
やられた側が思えば、それはそれでいいと思います。
わかりやすいし、
それもまた本当のこと。
 
不貞問題というのは
一度起きてしまうと
ずっと後を引くものなので、
むしろ、一度のどんな理由の不貞であったとしても
離婚という選択をするのであれば、
できるのであれば、
それでいいと思います。
 
実際にそうした選択をした方は
決して少なくないです。
 
たった一度の不貞でも決して許せない、と。
ある意味ではわかりやすいルールで
一線の引き方で
私はいいと思います。   
この先何十年もある夫婦で
ずっとその問題を引きずっていくのは
けっこう大変だからです。
Read Full Post »

Rss_feed