買い物かご
買い物かごは空です
数量:
小計
消費税
送料
合計金額
PayPalでのお支払いが完了できませんでしたこちらをクリックしてもう一度お試しください
ご注文を承りました!ご注文頂き誠にありがとうございました!後ほどPayPalからお支払い完了のお知らせが届きますのでご確認ください。買い物かごを閉じる

ブログ

【後を引く夫婦問題】

投稿日: 2020 5月 29、1:03 午後 Comments コメント (0)
昨日の東京は青空がきれいでしたが、
ブルーインパルスが隊列を組んで
飛ぶのが良く見えました。
美しいですね。
人の気持ちって。
こんな厳しい時代に
医療従事者の方たちが
とても喜んでいるのを見たら・・・
人の思いに触れると
ほんとうに心が温まります。
青空に白い軌跡が美しかったです。
 
不貞、不倫、風俗通いなど。
異性関係にまつわる夫婦問題ですが、
一度の過ちで止める人と
何度も繰り返す人がいます。
 
一度の過ちで止める人は
私はまだ修復できるし、
変わっていかれる可能性がある人だと思います。
 
何回も同じことを繰り返す人は、
逆にだめですね。
この先も繰り返していくことが
予想できます。
 
そこは分かれ道でね。
だれでも失敗ってするものなので、
一度の不貞なら私は
修正していかれる可能性は大きいと思います。
 
とはいえ、一度の不貞であっても
許せない、と
やられた側が思えば、それはそれでいいと思います。
わかりやすいし、
それもまた本当のこと。
 
不貞問題というのは
一度起きてしまうと
ずっと後を引くものなので、
むしろ、一度のどんな理由の不貞であったとしても
離婚という選択をするのであれば、
できるのであれば、
それでいいと思います。
 
実際にそうした選択をした方は
決して少なくないです。
 
たった一度の不貞でも決して許せない、と。
ある意味ではわかりやすいルールで
一線の引き方で
私はいいと思います。   
この先何十年もある夫婦で
ずっとその問題を引きずっていくのは
けっこう大変だからです。

【離婚したくないという思い込み】

投稿日: 2020 4月 1、11:48 午前 Comments コメント (0)
浮気していてる側が
今までうまくいっていなかったから。
とか、
ずっと我慢してきたから。
とか、
もう愛情がなくなったから。
とか、
いろいろ、となんだかこちら側に
原因があるかのように言われて
しまうことがあります。
 
で、そういわれている間に
なんだか自分がいけなかったのではないか、
という気にさせられてしまい、
そうこうするうちに離婚だ、
別居だ、と言われてしまいます。
 
不貞している側は
自分が不貞、浮気をしているから
なんてことは自己申告はしないので、
自分が夫婦問題や
離婚問題の原因を作っているとは
決して言いません。
 
だまって、
むしろそのことを隠して
離婚したいと思っていることが
圧倒的多数です。
 
なかには本当に「浮気したのはお前(妻)のせい」
「浮気したのはあなた(夫)のせい」と
思っているというか、
信じ込んでいる人もいますから、
たちが悪いです。
 
浮気したのは自分であって。
誰かのせいで浮気していいとは
どこにも書いてもないし、
聞いたこともない
ただの屁理屈。
 
なんだけど、そんなことがまかり通る
ことがままありますね。
あんまり「離婚したくない」と思い込み過ぎていると
ほんとうのことが見えなくなります。
 
「離婚したくない」という気持ちが
先へ出て、そればっかりになるからです。
気持ちだけになる。
 
離婚したくないがゆえに、
相手の言っていることに対応しすぎて、
自分の思考ができなくなっている。
ちゃんと自分で考えて、
現実から判断していくといいですよ。
 

【立場の逆転】

投稿日: 2020 3月 16、12:49 午後 Comments コメント (0)
浮気している側が
なんだか立場が逆転してしまい、
強い立場になるっていうこと
よく起きます。
 
なんで? って思いつつ、
ご本人も、だけど、
不思議なことに何もしていないのに
弱い立場になっている!?
 
なんでや!?
何もしていないのに!?
と思いつつ、
そんな状況に至ってしまいます。
 
それはね、とてもおかしなことです。
 
ルール違反しておいて、
なんで?
 
で、その元をたどっていくと、
弱いところに漬けこまれている。
子どもがいるから。
離婚はしないとか。
 
そんなの夫婦でおかしいでしょ。
 
自分の考えにとらわれていたり、
決めつけているとそんなことに・・・。
 
もっと自由に考えてみてほしいな、と思います。
 
とは言っても、誰だって見えないことは不安。
だけど、そこを突破していかれる人は
不安はあっても突破していきます。
 
やってみる。
 
やってみるとできる。
できたら自信になる。
 
コロナで世界は変わりました。
だけど嘆いていたってしかない現実ですて。
 
何ができるか。
何をしたらいいか。
やれることをするしかありません。
逃げ場はない感じです。
世界中に。
 
東日本大震災のときは、
今になって思えば、
まだ逃げることができた場所、人もいたと思います。
だけど、今回はどこにも逃げ場はない。
だとしたらどうしますか?
嘆く前にやろうと思います。
やれることを。
それしかないから。
 
離婚問題もそうなのですが、
離婚なんてしたいと思っている人は
そんなにはいない。
だけど、離婚に未来を見出せたとしたら、
それはやってみるべき。
 
で、離婚という選択肢を見ようとしないのは
私はよくないのではないか、
と思います。
持っている選択肢を見ない。
それは楽かもしれないけれど、
もしかしたら無駄な時間かもしれない。
 
自分の持っている選択肢を見てみる。
それだけでいいと思います。
そんなに怖がる必要はないのではないか、
と思います。
怖がっているから怖いだけ。
やれることをする。
それしかできないのですから。
 
離婚をしっかとみていないと
不貞した側が強くなるという
逆転現象が起きてきます。
離婚は勧めません。
決して。
だけど持っている選択肢のひとつである、
誰しも、ということです。
 

【不貞のジャッジ】

投稿日: 2020 3月 13、2:17 午後 Comments コメント (0)
不貞の証拠というのは、
肉体関係があるか、ないか。
 
ホテルに行くとか、
家に行くとか、
もちろんその中の様子というのは、
調べようもありませんが、
いっしょにそこで過ごしていれば
不貞とはみなされます。
 
本人たちは「何もしていない」とか
「相談にのっていた」とか、
いろいろ理由は言いますが、
まあ、ごくごくフツーに不貞とみなされます。
 
法律では配偶者以外との
肉体関係を認めていないので。
 
不貞があれば、有責配偶者と言って、
離婚に至る原因を作った側とみなされます。
 
つまり、夫婦以外の肉体関係があれば
離婚に至ることがあるというのが
法律の見方です。
 
わりと簡潔ではないでしょうか。
わかりやすい。
 
そのルールを破れば
離婚はできないし、
ペナルティもあるし。
 
とはいえね、やられたほうは
たまったものではないですが。
だって何もしていないのに
夫婦が壊れるわけですから。
 
不貞は夫婦を壊していきます。
いろんな意味で。
破壊です。
 
よほどの覚悟がないと、
修復していくためには。
エンドレスな努力が続きますから。
 
不貞しているときは
そんなことは考えもしないでしょうし、
ただただ楽しいでしょう。
だけど、それが続くわけがなくて、
いつかはあらわになって、
何かの形で代償は払うものだと思います。
 
そんな相手が配偶者だった
場合は、ほんとにもう・・・・。
なんとも・・・です。
 
不貞はちゃんと定義されているので、
もしも、そういうケースの場合は
けっこう法律でのジャッジは
はっきりとしています。

【自分の正当化】

投稿日: 2020 2月 26、1:15 午後 Comments コメント (0)
新型コロナ肺炎のニュースを見ていると
ついついぼやきたくなって、
「そんなことはわかっているわい」とか、
「政策はないんだ・・・」とか。
ぶつぶつ。
家族に「ぼやいている」と揶揄されます。
 
妹に会ったら妹もぼやいていました。
「すべてが後手後手」と。
ほんとに「何をやってんだか」です。
確かに初めての経験は誰しも戸惑いますが、
医療がパンクすることを考えて
今検査が必要な人が受けられなくてどーすんだって。
 
オリンピックが中止かも!? って
なってやって慌ててんだよね~、と話しました。
無能。ほぼ。
先が見越せない。
だって感染が広がったら、オリンピックはないだろな~って
フツーに誰でも考えるでしょ。
それすらできなかった。
どんだけバカなの?
 
保身ばっかり考えているとそんなことになって、
結局は周りの人たちを巻き込んで混乱を招きます。
自分の身を守ることばかりだと。
 
目先のことはこちょこちょと画策して、
せこく動きまわる。
だけど突発的に起きるであろう危機には弱い。
だって画策してどうこうできることではないから。
適応能力とか
問題解決能力が問われているわけですから。
 
浮気した人がときに自分の保身に走ります。
自分のことだけしか見えない。
自分の保身。
 
浮気したのはお前のせい。
あなたのせい。
 
いやいや、夫婦がうまくいかないことと、
浮気していいかどうかは
別議論だよね、と思います。
 
うまくいっていないなら、
それを解決すればいいじゃない。
浮気したって解決なんてしないでしょ?
 
やっぱりバカなの? って。
 
中には性欲が強くて浮気したという
バカまでいますからね。
だったら結婚しなきゃいいか、
性欲の強い妻でも選べば?
選択ミスなのでは自分の?って。
 
そうやって自分のやらかしたことを
正当化しようとします。
 
ただ、やったことを認めて
次どうするかって考えて行動すればいいのに。
言い訳なんて聞きたくもないでしょ。
起きたことに対して。
 
誰だって失敗はするけれど、
同じ失敗ばっかりするってどうなの。
二度と同じ失敗はしないようにするための
失敗は糧なんじゃないの。
 
まあ、つまり、
学習能力も低いのでしょうね。
 
保身に走る配偶者を
ある警察官の相談者は、
「犯罪者と同じです」と言いました。
 
私は犯罪者を直接的には知らないので
それはどういうこと?
と聞いてみました。
 
犯罪者はみんなほぼ誰かのせいか
言い訳ばかり、だそうです。
つまり保身。
自分の身だけを守ろうとする。
日常的に犯罪者と接しているその人は
言ってました。
保身はそういうことです。
 
国会でイキイキとヤジを飛ばしていた人は
今は書類を棒読みなのね、とぼやいています。

【謝罪がない】

投稿日: 2020 2月 14、12:56 午後 Comments コメント (0)
新型コロナウィルスの
ニュースを見るたびに萎えます。
なんとかならないのか・・・って。
脅威ですね。
 
不貞とか浮気をして謝罪した。
だけど何も変わっていない。
変わっていかない。
 
謝ってもらいたい、という人もいます。
謝罪を求める人も。
だけど、謝罪って大した意味が
ないのじゃないか、と思います。
 
だって過去が消えてしまうわけではないし、
謝るって謝るだけのこと。
 
もっと大事なのは、
その後、何かが変わるかっていうこと。
じゃないかと。
 
言葉の謝罪を受けただけで
何もかわらなかったところで、
何の足しにもなりゃしないって。
 
謝らないよりはマシというくらい。
 
だって実際、謝罪されて
それで終わったなんてことはなくて、
謝罪して次がどうなるかっていうことが
大事なことです。
 
だいたい謝罪は過去に対してのことなわけで、
それしかできないというのはあります。
確かにね。
だけどじゃあ、謝罪それた側が
受けた傷や痛みが謝罪で
救われるのか、癒されるのか、
というと、ほぼそんなことぱなくて。
 
しないよりはまし程度が
謝罪の効果というか
得るものなのだと思います。
 
大事なのは謝罪したとして
変わったか変わらないか。
同じことを繰り返す人なんて、
山のようにいるわけです。
つまりは謝罪なんて何の役にもたっていない。
 
謝罪より先にやることがあるんですよ。
やらかした人の謝罪なんて、
だいたいほんとかどうかなんて疑わしい。
と思っちゃいます。
 

【嘘つき】

投稿日: 2020 2月 6、1:42 午後 Comments コメント (0)
寒い~、です。
乾燥にも気を付けてくださいね。
 
浮気をしている人は
往々にして嘘を平気でつきます。
 
なんだか嘘に慣れていて、
罪悪感もないし、
保身が身についているみたい。
 
でも、嘘ってバレるんだと思います。
結果は。
 
で、バレた時は面倒なことになります。
それがわかっている人は
嘘はつかないようにと心がけます。
 
ついても面倒だから。
それよりは嘘をつかなやいほうが楽だから。
 
でもね、ついちゃうのが人の性なのでしょうね。
 
ただ性だとしても
その責任は自分でとってね。
 
嘘をついてもバレないと
どんどんその嘘がエスカレートしていきます。
そして、やっぱりバレます。
 
結局一時的にはバレなくても
最終的にはバレるんですよね。
 
法則です。
嘘はバレる。
 
それでも嘘をつく、というのもまた
法則なのかもしれませんけれど。
 
面倒が嫌だったら
嘘はつかないほうがいいし、
つかなければならないような状況は
回避します。
 
 

【胸のつかえ】

投稿日: 2020 1月 30、2:25 午後 Comments コメント (0)
不貞した配偶者に償わせたい、
と思うのは当然。
だろうな、と思います。
 
だけど不貞するような人が償うようだったら
修復が可能なわけですが、
そんな気はさらさらないということも多々あります。
 
さらさらない人に償いを、
といってもそもそも無理で、
期待するだけ無駄。
時間も労力も。
 
慰謝料という目に見える形で
償ってもらうしかないのかもしれませんが、
それだってMaxで法的には300万円と
言われています。
あまりにも安いですよね。
 
夫婦が壊れ、家庭が壊れ、
周りの人に多くの迷惑をかけて。
 
それでいっても300万円って
あくまで法的に、ですが、
あまりにも安いんじゃないか、と思うんですよね。
 
それじゃあ
よけいに腹がたつかもしれないです。
 
じゃあ、どうしたらいいの? って。
 
償う気のない人に償わせるよりは
自分主体で、自分の答えを
見つけていくのがいいと思います。
 
必ずあるはずだから。
自分の答えが。
その人なりに。
 
それを探していくのが大事かな、と思います。
 
自分がストン! と落ち着くところ。
そんなところかあめはず。
それはその人によっていろいろ。
なので探していく。
 
自分が何をしたら、
どんなところに行ったら
ストン! と胸のつかえがとれるか。
とれればokなんじゃないでしょうか。
というか、それが最も大事なことだと思います。
だって自分の人生で胸がつかえたままなんて
嫌でしょう。
後々後悔になるのも嫌だし。
 
だから解消していくのが大事。
それが何か? を見つけていきましょう。
 

【自分の気持ち】

投稿日: 2020 1月 19、12:49 午後 Comments コメント (0)
不貞の調査をしていた相談者。
調査結果を見て
「こんな顔しているんですね」と・・・。
夫の笑顔に対して。
 
まあ不貞している側は
にやけていますよね。
終始。
楽しいし。
 
夫婦問題が起きていて
家では見せない顔ではあります。
 
ショックという以前に
まあいろんな気持ちがわいてくるのであろう
とは思います。
 
それを受け止めています。
それがいい。
どんな気持ちがわいてくるのか?
ちょっと自分を見守ってあげる。
大事に。
 
今までになかった感情とか気持ちが
出てくるかもしれないし。
それがどんなものなのか。
押し流されるのではなくてね。
 
もう興奮しちゃうと
それどころではなくなるので。
 
まずは自分。
大事にしてあげて、と思います。
 
あれ? まだ何かの気持ちがあるのか、と
気づいたみたいです。
それが何なのか?
いずれ答えが出ます。
 
情に似た執着心なのかも?
と今はおっしゃいます。
そうかも。
いずれはっきりします。
 
夫婦問題って自分と向き合うっていう
側面があります。
 
 

【浮気あるある】

投稿日: 2020 1月 8、12:23 午後 Comments コメント (0)
年が明けたと思ったら、
早くも春の嵐で全国的に大荒れ。
すでにか・・・と。
もう昨年以上に大きな自然災害が
ないことを祈るばかりです。
とはいえ、毎年更新している感じです。
 
浮気あるあるですよ~、と
不貞調査をするご相談者とお話していたら、
調査結果が、まったくもって不貞あるあるでした。
 
いろいろあるあるはあるのですが、
不貞相手が妻や夫より
美しかったりイケてることは
ほぼない・・・という。
あるある。
 
ほんとによくあるあるなので。
ある意味では期待を裏切るといいましょうか。
 
夫の不貞相手が妻より美しいとか。
妻の不貞相手が夫よりイケているとか。
 
想像の世界では
まあよくあるでしょう。
想像は自由で、どこまでいっても膨らみます。
 
だけど、それはほぼ幻想かファンタジーか妄想で。
むしろ現実はその逆。
であることがほとんどのあるあるです。
想像をはるかに超える現実があるってことです。
 
「なんで? 」って。
 
私も調査結果を見るとよく思います。
「なんで? 」って。
なんでこの人と浮気? って。
どこがよくて? って。
 
まあ、別物なのでしょうね。
容姿とは。
 
最初はドキドキしたそうです。
調査したご相談者。
調査結果に。
だけど、「こんな人と・・・・」と
妙に感心したそう。
 
「もっと若くてきれいなら・・・」と言った人もいます。
そりゃあそうだ。
とはいえ、それはそれでまた別の感情がわくもので。
 
要は夫婦って知らないことだらけです。
こうなると。
 
知らない夫の顔であったり、
知らない妻の顔がある。
それがわかるのが不貞調査なのかな、と思います。
 
そうすると、夫や妻を見る目が変わります。
だって今まで見ていない面を知るのですから。
その目が何か違うことを見ていたのかもしれないって。
それがけっこう大事なことかも。
 
人って都合よく見ていますのでね。
 
あるがままを見てみる。
あまり夫婦ではないのです。
ある一面しか見ていないから。
それが誤解かもしれないから。
そこから気が付くことがたくさんあります。
 

0