買い物かご
買い物かごは空です
数量:
小計
消費税
送料
合計金額
PayPalでのお支払いが完了できませんでしたこちらをクリックしてもう一度お試しください
ご注文を承りました!ご注文頂き誠にありがとうございました!後ほどPayPalからお支払い完了のお知らせが届きますのでご確認ください。買い物かごを閉じる

ブログ

【これからです】

投稿日: 2019 11月 19、11:57 午前 Comments コメント (0)
ある妻は「子供のために母親が必要」
というのが口癖です。
子供のためには自分が必要と。
 
ですが、浮気してそれが発覚し、
思春期の子供にもバレそう・・・な状態です。
 
それでも子供には母親が必要と言います。
 
夫に離婚しろと揺さぶりをかけます。
夫は至ってまじめな人です。
浮気などとはとんでもなく縁遠く。
家庭第一主義。
 
いったいどうなってんの? って。
思うのですが・・・。
 
で、子供のことは? というは
毎日冷凍食品が食卓を飾ります。
育ち盛りの子供たちも
あまり食が進まないこともあるそう。
もちろん夫の食事はなしです。
 
夫は自分の食事を作るのですが、
ときに子供たちはいっしょに食べてくれるそうです。
「おいしい」といって完食。
野菜はこう切った方がいいいいなどと、
ときにアドバイスをくれながら。
ほほえましい父と子の時間です。
 
あるときは雨の日、
夫の洗濯物だけが干されたまま
雨にぬれていたそうです。
夫憎しなのでしょうか。
不貞がバレて。
それにしても・・・。
それを見た子供たちはどう思うか?という
イマジネーションが欠落してやいませんか。
 
お金は使いたい放題。
浮気はする。
子供には母親が必要と言いながら
大したこともしない・・・・。
やりたい放題とはこのこと。
 
すごいですね。
私も呆れます。
すごいなぁって。
 
それでも自分が不貞したのは
あんた(夫)のせいだそうです。
 
はぁ・・・。
 
まあ言っていればと、思うのですが。
 
まあ夫だって黙ってはいませんけど、今となっては。
 
非はない夫なのですが、
「しいて言えば優しすぎた? 」と言いました。
とても強い人なので、
大きな優しさが仇になりました。
 
でも今は、目が覚めています。
強い人なので
ちょっとやそっとではへこたれません。
これからです。
 

【トホホな妻】

投稿日: 2019 8月 17、12:57 午後 Comments コメント (0)
浮気している妻と
浮気している夫。
両方いますけど、いろいろと。
カウンセリングをしていると
ちょっと色合いというか、
ニュアンスが違います。
 
女性の方がなんだかどっぷりの人が多いし、
後先考えているのかなぁ?
と思うほどだったりします。
 
男性の方が浮気なんだな、という感じ。
なかには後先考えていない人もいますが。
 
ちょっと男女で違います。
 
中身も女性の方がゲス度が高かったりします。
「そんなことってあるの」という感じ。
小説より奇なりの世界です。
現実は。
 
ある浮気している妻の両親は
娘の不倫を知って、娘が頭がおかしいと思ったようです。
病院に連れていくのだそうです。
 
まあ親にしてみたら、
理解不能に陥るでしょう。
一応は大切に育て、結婚もして
子供の母親でもある娘が、
想像の域を外れたような浮気妻に
なっていたら、
落としどころがないというか、
納得のしようがないのでしょう。
 
ただ、その妻の行動パターンを見ていると
とくに何かおかしなところはなく、
よくある不倫妻なだけなのですが、
親にしてみたら「そんなことをする子じゃない」
ということなのでしょうね。
 
それに付き合わされる夫も気の毒。
もう答えは出ているので、
さんざん妻のゲスな不倫に悩まされ、
努力もして、子供を守ることに決めました。
 
自分勝手な人は
周りを巻き込みます。
親もお気の毒にと思います。
だけど妻本人は反省の色もなく、
なんやかや自分の不貞を誰かのせいにして、
言い訳を並び立て
開き直る始末です。
トホホ。

【浮気妻】

投稿日: 2019 6月 23、1:41 午後 Comments コメント (0)
八村塁選手のニュース、
すごいですね~。
最近の若いアスリートたち、
すごいなぁ、と思います。
みんな家族愛があるし、
若いのにすごく大切なことの本質を見抜いている気がして。
ああよかったな・・・・と
こんなニュースに触れると思わせてもらえます。
 
浮気した妻ってどうしてこうも
非情になれるのだろう、と思うことがしばしばあります。
 
女性の性かもしれないです。
 
浮気がばれた。
離婚したい。
だけど離婚はできない立場。
 
そうなると家庭内別居状態だったり、
口もきかない。
夫へのあたりも強い。
 
一定数、そんな妻がいます。
 
だいたいが浮気や不倫に本気になっている人ですが。
 
本気になっているので、
家庭なんておろそかです。
 
一応は保ってはいますが、
それも自分の都合なだけで、
じつのところ心ここにあらず。
 
そんな母親だとしたら
子供はかわいそうですね。
 
必ずや、そんな人は、
子供の方を100%は向いていないですから。
母である前に女。
そんな親を持った子は
何かを背負わされているのだと思います。
 
虐待が起きるのも
根っこの部分は同じなのかもしれません。
 
何が大事か、わからないと
人生大きな過ちを犯します。
だけど犯している人は
それが過ちだとは思っていません。

【男と女、浮気の違い】

投稿日: 2019 5月 26、12:31 午後 Comments コメント (0)
妻の浮気で悩む相談者。
男の浮気と女の浮気の違いは
女性の方が本気になっている率が高いこと。
 
男性の場合は
わりと浮気は浮気。
なかには本気になっている人もいますけれど。
 
そんな違いがあるように思うことが多いです。
 
男女の違いというか、
性差ということもあるのだろうと思います。
 
浮気したある女性は
不貞が発覚することになり、
不貞相手とは別れることになりました。
が、つらいと・・・。
 
一方、不貞が発覚して
不貞相手と別れることになった男性。
いや、ちょっと若い子にクラッとしただけ・・・と。
 
すべての人か゛そうだとは言いませんが、
象徴的です。
 
だけどされた側にしてみると
本気だろうが本気じゃなかろうが同じっていうことで。
 
まあ、夫婦は壊れては行きます。
 
そこはやっている人の大勘違い。
なんですけれどね。
 
壊れたものを戻すのってとても大変です。
簡単ではないです。
決して。
 
一度壊れたものを修復していくって。
 
何かをすればいいということではないですからね。
人間関係。
 
やったことはやったこと。
記憶に刻まれていきます。
記憶だけではなくて、
いろんなことに影響を及ぼすものです。
 
女性が浮気した場合、
はっきりいって男性が浮気した場合より、
大変な感じですし、
こじれることも多々。
そんな感触を持っています。
 
それってする側のこともありますが、
対処する側の対応もありますね。
 
 
20分無料電話相談受付中 !   
 070-6965-5522

無料メール相談はここから送信してください


 
 
 

【妻が浮気しました】

投稿日: 2019 1月 9、10:06 午前 Comments コメント (0)
ひゃ~と冷たい風の一日でした。
まだこれから大寒か・・・とちょっと憂鬱です。
 
今日は妻が浮気した、
という男性の相談者から久しぶりにご連絡が・・・。
 
浮気したのはあなたのせいと・・・・。
育児を手伝ってくれなかったから、
すべて私がやってきたから・・・・。
 
まあ男性が浮気しても同じようなことは言います。
 
おれの居場所がなかったとか、
安らぎがなかったとか・・・・。
 
わからなくはないけれど、
それと浮気するってのは別問題。
 
自己防衛かな。
浮気した側の。
 
浮気ってひょんなはずみで
してしまうこともあるだろうし、
そんなに真剣に考えないで
足を踏み入れることも多い。
 
むしろその方が多いかもしれない。
 
だけど、それを正当化すると
ますますおかしなことに。
 
相談者も家庭を継続するなら、
そこで終わりにして、
やり直すことに積極的になってくれれば・・・・。
 
ところがなかなかこれがやり直すことに
積極的な姿勢になれないことが多くて悩ましいです。
 
女性の場合は家庭は維持したいけれど、
夫には愛情も冷めてしまうようなところがあり、
その後は、浮気が終わっていても続いていたらなおさら、
冷え冷えとした関係に陥ります。
 
なぜだか浮気した方が強気、なんてことも。
 
それと家庭の中が荒れてきてしまうのが
困りものです。
 
子供たちは
そんな夫婦をどう見ているのだろうか・・・。
女性の方が恋愛に関しては嘘がつきにくいのかも?
などと思います。
 
妻の態度がおかしくて気づくということも多いので。
女性の方が本気になりやすいというのも
あるのかもしれません。
男性の方が浮気は浮気と
割り切っているようなところがあるのは
確かな感じです。
 
それだけに妻の浮気はやっかいです。

【妻の不貞】

投稿日: 2018 11月 30、12:47 午後 Comments コメント (0)
いよいよ師走ですね。
平成も終わりのカウントダウンです。
年内にこの夫婦問題片づけたい。
とか
離婚しちゃいたいって
思っている人も多いかもしれません。
が、そこはとくに焦らずに!
 
妻の不貞、不倫って
なんだか増えているような・・・。
 
それとも今までは潜伏していたものが、
表面化するということかな、
とも思ったりしています。
 
妻が浮気しているんで・・・といった相談が
増えている気がします。
 
世代間というのはありますが、
若い世代ほど妻も仕事をしていて
経済的にはかつてのように
夫に頼っていないという場合も増加していますしね。
 
男性と女性の表面的な
社会的な違いというのが
なくなりつつあります。
 
その分、人間関係という意味では
本当のことというか、
気持ちとか、思いとかが
重要になってくるんじゃないか、と思います。
 
経済力が同じで、
一方的にどちらかの力が
重きを置いているって不均衡だから。
 
フラットになっていくっていうことなのかな。
対等。
 
妻が不貞していて・・・という
相談者の方の多くは
かなりいいお父さんで、子育てもしっかり。
いろんなところに気が回り
目も届きます。
夫としても父親としても
よくできているしやっているといいましょうか・・・。
 
むしろなんで妻が浮気・・・? 
なんて思うことも多いです。
ほんとに。
 
なんだか全然別のものを見ているのかな?
と思います。
夫婦でも。
 
妻が浮気していると
子どものことがおざなりに、
明らかにおざなりになることが多くて、
お子さんがなんだかかわいそうに・・・・。
 
特殊な例としては、
不貞相手に子どもを合わせていた!!!!!
なんて事例もあります。
 
何考えてんだって!?
 
そりゃあ別問題でしょって。
 
なんだかどさくさまぎれになっていることも
しばしばあるように感じます。
そりゃあ、ひどいって。
 
男と女の違いかもしれないですね。
男性の浮気の場合は
そんなことはほんとに少なくて、
ごくごくまれにはありますけれど、
でも妻の不貞の場合はそれほど珍しいわけではないです。
 
若干ね、妻の不貞って傷つく人が増えるんじゃないかって
感じもします。
女性特有かな、という気もしています。
 

【妻が浮気!?】

投稿日: 2018 11月 18、10:49 午前 Comments コメント (0)
浮気ってなくならないものね・・・・・。
とつくづく・・・・・。
終わったというから信じていたら続いていたとか。
 
止められないものは止められない
ということなのでしょうか。
 
止まらない?
 
なんでなのかな。
欲望なのかな。
 
でも自分の欲望を求めれば
一方で失うものがあったとしても
仕方ないですよね。
 
欲望は満たしているわけですから。
 
すべて、望むものは手にはできない。
そういうものでしょう。
 
何かを得る代わりに
何かを失う。
 
だけど浮気している側は
欲望も満たすけれど、
家庭も失いたくはない?
 
いや、無理。
それは。
法律にも書いてあるしね。
 
不貞すれば夫婦は壊れます。
と。
 
止められるか止められないか。
だけじゃないか、と思います。
 
とてもシンプルなこと。
 
浮気しておいて無傷はないでしょ、と
思います。
 
でもしている側は
そんな幻想があるのかもしれません。
 
まだ大丈夫って。
 
ある夫、妻の浮気を知り、
ずっと我慢していました。
 
だけどあるとき離婚を
有無を言わせない形で、つきつけました。
 
そりゃあそうだ。
やりたい放題やっていて、
そのままいけるほど甘くはないと思います。
 
どこかで帳尻って合うものじゃないかと思います。
思うとおりに行ったらいいけど、
そんなことはないと思いますよ。
 

【パパ頑張る】

投稿日: 2017 8月 9、11:49 午前 Comments コメント (0)
なんていう暑さでしょうかね・・・・
異常ですね・・・
どうにかなっちゃうんじゃないか・・・という
ストレスMaxになります。
 
まあから、ほんとに不倫報道・・・
いろいろと‥‥次々と・・・今度はお笑い芸人!?
政治家から芸人まで・・・・
職業問わず。
 
「パパとママはお別れすることにしたんだ」と告げたお父さん。
「どうせ不倫でしょ」と小学生の息子さんに言われて
へっ!? っていうか、
苦笑するしかなかったそうです。
はい、ママの不倫です・・・・。と内心で。
 
妻の不倫を知ってからは耐え、
子ども親権者になることだけを目指しました。
 
結果、もともと育児放棄的な妻は、
親権を手放し。
今は息子さんと暮らしています。
 
朝5時に起きて夏休みでもお弁当を作る日々を
送っています。
えらい!
お父さんは一部上場企業のサラリーマンですから、
けっこう多忙な仕事も待っています。
 
ですが、めげない。
頑張る。
ほんとにえらいと思います。
子どもを愛するがゆえ、です。
 
妻は婚姻関係にある間から、
育児放棄しつつ、浮気。
夫を罵倒して馬鹿にしていました。
 
不貞相手とともに
楽しい逢瀬を重ねていました。
体面ばかりは気にするけれど、
子どものことはほとんどしない・・・・というママです。
 
子どもたちも薄々感じますよね。
母の愛情が感じられないこと。
よけいにやさしいパパとの時間が
その間にどんどん増えていきました。
 
夫はときには体調も悪くなるくらいでしたが、
もうちょっともうちょっとと辛抱して半年ほどでしょうか。
ようやくそのときがやってきて、
「離婚してくれ」というときが・・・・・。
 
よく頑張ってくれたな、と思います。
ほんとに。
 
決して楽ではないけれど、
子どもと幸せに、楽しく暮らすということが
実現しました。
大変だけど幸せ――を実感しています。
 

【浮気の理由】

投稿日: 2017 6月 13、12:48 午後 Comments コメント (0)
パンダの赤ちゃんが生まれて大フィーバーですね。
今度は無事に育ってくれるといいですね。
経済効果もすごいらしいですし、
パンダってやっぱり人気者だなぁと
つくづく思います。
 
今日は少々自虐的に「ブログネタですね」と
おっしゃる相談者のお話です。
 
妻から「離婚して」と言われて訪れた相談者。
話しを聞くと、浮気? と。
ですが、ご本人は妻を信じているし、
みじんも疑いもせず・・・・。
真剣に、これまでの夫婦のことを省みている。
 
むしろ自分のこれまでの反省の弁と
今後の話し。
ですが、聞くとそれほどのこと?
といった話ばかり。
 
だけどやっぱり浮気?
といった状況。
 
で、「浮気じゃないですか」と言うと
「なんてことを言うんだ」的な冷たい目線で
見られつつ、とはいえ、
言うことは言わないと・・・・・。
ということで、結局浮気。
 
で、後日。
やっぱり浮気。
 
浮気がわかった後、夫婦で話をしても
妻は止める気配はなし。
 
なんだかんだ、適当なことを言いつつ
結局は浮気を続けている。
 
仰天することに浮気相手を子どもに会わせたり、
そうこうするうちに
数百万円の借金が発覚――。
額を聞いてのけぞりそうになりました。
 
いや、もう病んでいるというか、
どんな闇が広がっているのだろう――。
妻の心には。
 
というのは、夫である相談者は
お父さんとしても割と協力的だし、
妻の仕事にも理解があるし、
そりゃあ、夫婦はいろいろ不満はあるでしょうけれど、
逸脱するような不満があるようには見えないんです。
 
そのうえ、徹底的に夫が悪いから離婚してくれと
悪者に仕立て上げられる始末。
 
なんでそんなことまでされなきゃいけないのだろう・・・。
いくら夫婦でも。
いくら何か不満や行き違いがあったとしても。
ずるい。
 
確かにありますよ。
浮気に至る理由というのは。
そりゃあ浮気もするかもね、ということ。
そういうこともあるにはあります。
だけど、それほどでもないのに・・・なんで。
 
夫婦の何十年かを踏みにじり、
子どもの人生を踏みにじり、
周囲の人の幸せをぶち壊す。
そんな人もいます。
 
それは関係の中での問題というよりも
個人の問題なのだろうと思うんです。

【気持ちがわからない】

投稿日: 2017 5月 25、1:06 午後 Comments コメント (0)
人の気持ちに疎い、というか
共感が薄い、という人がいます。
 
全く人の気持ちがわからない、となると
かなり問題だし、そういう人はだいたいがモラハラ。
 
こんなことをしたら相手がどう思うか、
というのがわからない。
理解ができない。
鈍い。
 
だから自分の思いだけで進んでいきます。
 
妻の浮気で悩んでいるある男性の妻は
そんな感じでした。
自分勝手に進んでいくだけ、いつも。
 
やさしい夫が多いです。
やさしいし、家事や育児も分担している。
そんな人の妻が浮気をすると
浮気妻ががぜん、ますます強くなります。
 
夫は子どものこともよくやるし、
妻に対してもやさしいので、
浮気をしていてもなかなか気づかない。
そんな夫を横目に浮気妻は、
ますます増大していき、つけこまれてしまう。
 
ある妻はそんな感じでした。
家の中でも夫をののしり、
週に何度も浮気相手と出かけ。
育児放棄。
 
夫はようやく妻の浮気には気づきましたが
それでも我慢していましたが、
我慢は所詮我慢です。
いつか必ず我慢の限界が来るものです。
 
あるとき、それが来ました。
準備万端整えて、妻に「出て行って」と――。
出て行ってもらいました。
 
そこまで来るには相当な我慢。
言いたいことも言わずに、
じっと、です。
つらそうでした。
 
だけどやることはちゃんとやってきました。
子どもに何の関心もない妻に対して、
子どものことは父親として、
常に気を配り、ケアをしていたので、
どこか子どもたちも母親が出て行っても
せいせいしている感すらあったそうです。
 
夫や子どもの気持ちがわからない妻は
異物だったんだと思います。
もともと。
 
たまたま母親だっただけなのかも
と思うほどです。
生んだというのでしょうかね。
そんな母親もいるんですね。
 
またそんな父親もいますけれどね。
たまたま父親だっただけ、という。
 
子どもに対して愛情もなく、
自分のモノくらいに思っているだけ。
そういう父親は愛情もないのに
子どもを大事にしているふりをしたりします。
でも行動を見たら全く別。
 
全然関心なんてないじゃない、の状態です。
 
いろんな母親も父親もいますけれど、
子どもたちが一番わかっていると思います。
子どは直感とか大人の持っていない能力で
わかっていますからね。
騙せないのでね。
 
相手に対して感度が鈍い人は
あちこちで問題を起こします。
だって相手の気持ちがわからないって
致命的だから。
人との関係が成り立たないってことですからね。
誰との関係も、です。