買い物かご
買い物かごは空です
数量:
小計
消費税
送料
合計金額
PayPalでのお支払いが完了できませんでしたこちらをクリックしてもう一度お試しください
ご注文を承りました!ご注文頂き誠にありがとうございました!後ほどPayPalからお支払い完了のお知らせが届きますのでご確認ください。買い物かごを閉じる

ブログ

【新しい習慣】

投稿日: 2020 5月 17、12:40 午後 Comments コメント (0)
コロナ離婚やコロナでDVといった
話しをよく聞きます。
確かに自粛で家にいることで
夫婦の時間が長くなる。
 
そこにコロナというストレスが加わり
心身ともに疲弊していく中で、
実際に人間関係が悪化する。
そんなことはあります。
 
だけど一方で、
夫婦仲が改善したという人も。
 
普段見ないお互いの原拓姿を見ることで
なんとなく新たな一面を知ることになったり、
コロナに対してお互いに協力体制を持つことで、
共感が生まれてくる。
 
そして何よりもそういう夫婦は
家にいることを楽しもうと
なんとか楽しいことを見つけようと
する努力をしているようです。
 
ある方はリモートワークが終わったら
毎晩の晩酌を夫婦でするようになり
つまみをいっしょに作ったり、
メニューをいっしょに考えたりすることが
俄然増えたそうです。
それが楽しみに。
 
夫の方はあまりふだんは
料理はしたことがないそうですが、
2カ月近くに及ぶ自粛の中
料理にも挑戦。
意外と気に入って積極的に
新しいメニューにチャレンジ中です。
 
むしろ楽しんでどんどん作ってみたいメニューが
増えているのだとか。
買い物も積極的にひとりで行くそうです。
 
ふたりともお酒を飲むのが好きと
いう共通項はあったのですが、
今までは別々に仕事の帰りに
飲んでくることはあったそうです。
 
だけど今は家呑み。
すっかり楽しくなってしまったそうで、
自粛が解除になっても
続けようかなと思うそう。
これもまた新しい日常なのかもしれないですね。
 
今まではあまり夫婦で話すこともなく、
夫婦がそれぞれ仕事が忙しかったので、
なんとなくのすれ違いだったのが
今は家の中がすべてみたいな状況。
だからこそ、
「新しい夫婦の形ができたのかも」と言います。
いいですね。
 
スイーツやコーヒーの売り上げが
倍増なのだとか。
家で楽しむ人が増えて、だそう。
家での時間を見直すというのもいいですよね。
今だからこそ。

【思いやり】

投稿日: 2020 5月 14、1:13 午後 Comments コメント (0)
妻の家事負担が今まで以上に増えているのだとか。
ある調査では5割以上の妻が
家事の負担増を感じているそう。
 
まあね、家族全員が家で食事をして、
仕事もして、学校の勉強も見て、と
なると相当な負担は増えています。
 
そこへもってきて
外出もままならないわけですから、
ストレスレベルは上がります。
 
これは長くなればなるほど
上がるそうです。
 
緊急事態宣言は一部を除いて
解除されましたが、
人口が多い都市部を抱える都府県では
まだまだ続きます。
 
負担が増、ストレスも増えていることで、
女性の体調不良を訴える人も多いそうです。
 
頭痛や不眠肩こりとうとう、
さまざまな不調に悩まされている人が増。
 
コロナに対してのストレスもありますが、
急激な生活の変化はさまざまなところに
影響を及ぼします。
 
で、提案なのですが、
もし円満にと思うのだとしたら、という前提で、
みんながストレスを
抱えているような状況ではありますが、
週に一度は妻に感謝の言葉を伝えてはと思います。
夫の皆様。
 
夫だってストレスまみれ、
というのはわかります。
だけど、あえて。
 
もし仲良くやっていくならば、です。
ときには譲歩してみると
何か違ったものが見えるから。
 
思いやりっていいものだと思うんですよ。
自分が大変、というよりも。
誰かに対しての思いは
もしかしたらほんとに自分のため?
情けは人のためならずって
言うではないですか。
結局自分のためってことです。
 
今こそ思いやりをと思うのです。
 

【メリハリ】

投稿日: 2020 5月 12、12:55 午後 Comments コメント (0)
在宅勤務で皆さん苦労しているようです。
夫が仕事をしていて、
子供の宿題もさせないとならない。
だけど夫が電話中で
なかなか会話もままならない・・・。
 
いろいろ苦労があります。
 
在宅している時間が長いという
ストレスはもちろんのこと、ですが、
そこが仕事場であり
生活の場であり、
といったところで。
 
今までは仕事は仕事で分けられたものが
そうもいかなくなるので。
だけど慣れれば
どうっていうこともなくなるんですけれどね。
 
未曽有の出来事っていうのは
今まで経験したことのないことを
経験させてくれるものですね。
 
 
ただ、もう嫌でも夫婦が向き合うのなら、
きっちりとわけて考えてみてはどうかと思います。
 
夫婦として協力する時間と
夫婦は別々の時間と。
 
今までのルールはいったん棚上げです。
だって状況が変わったのですから。
「今まで」は通用しません。
 
別のルールが必要です。
 
今まで夫婦で協力してきていないことも
協力できる状況です。
だから協力することは協力する。
今まで妻が家事を担っていたとしたら、
協力して分担を明らかにしてみる。
期間限定でもいいです。
 
食事の支度は交代制にする。
掃除も洗濯も。
すべての家事をしシエアしてみる。
 
やってみるのと頭で考えるのは別物なので、
実際にやってみることが大事です。
 
で、今まで休日で夫婦いっしょにいたら
意識しなかったかもしれない
夫婦別々に過ごす時間をきっちりとわける。
 
自分の時間を確保することは個人として大事なことです。
 
なんでも夫婦でって
いくら夫婦でもそれはそもそも無理なこと。
 
定年後の夫婦のストレスはまさにそこですから。
 
お互いに自分だけの時間というのを
意識的に作り出す。
そうしないと今は作れないから。
 
メリハリをつけて
協力と個人を両立させてみてください。
 
個人と夫婦がどうあるか、
ということを
たぶん自粛生活は教えてくれているんだと思います。
 

【失った信頼は戻らない】

投稿日: 2020 4月 12、12:42 午後 Comments コメント (0)
夫婦をつなぐ一番のものって
やはり「信頼」。
 
信頼が裏切られる。
失われたとき、
夫婦は決定的に亀裂が入るものだと思います。
 
まあ取り返しのつかない亀裂。
 
信頼というのは
一度失われたら
戻るとは思いません。
 
戻ったように見えても
決して戻ることはないものだと思います。
 
取り返しのつかない傷っていうこと。
 
信頼を失うって。
 
リカバリーはきかない。
きかないんじゃないか、と思います。
 
それはそれは長い時間をかけて
じわじわとくるときもあります。
 
だから失うと怖い。
信頼って。
一度失ったら戻らないのだから。
 
裏切っちゃダメってこと。
 
信頼を失ったらダメってこと。
 
なんですが、意外に簡単に失うようなことをするし
失われるとは思っていない人もいるみたい。
 
でも夫婦を壊すつもりがないなら
信頼は裏切らない。
 
それに信頼関係を築いていくのって
じつは努力はいるのですよね。
 
自分に対しての努力が。
自分ではこのくらいっていうことが
相手にとっては嫌なことだっていうこともあるし、
自分主体の目線でいると
そんなつもりはなくても
信頼されなくなっていたりもします。
 
だから怖い。
信頼って。
自分の中にある信頼と
相手の信頼が違っていることもあるので。
 
夫婦も人間関係のひとつに過ぎないのでね。
信頼を裏切ってはいないか?と
ときどき自問自答してみることも必要だと思います。
 

【降ってきた災いだから】

投稿日: 2020 4月 2、12:15 午後 Comments コメント (0)
夫が妻がテレワークで、
なんとなく家庭の雰囲気が変化していませんか?
 
ある妻は夫がテレワークで家で
仕事をしているので、
なんとなく外出が増えたそうです。
専業主婦で、いつもは韓国ドラマを
見るのが趣味で楽しみ。
 
だけど夫が家で仕事の電話をしていたり、
仕事場ともなっているので遠慮してしまう、と。
 
でなんとなく外出が増えるそうです。
 
まあもちろん3つの「密」は避けて
ですけれどね。
 
お父さんがテレワークで
休校や保育園もお休みしている子供の世話を見る
っていうことも増えているみたいで、
営業の電話をしつつ
「パパ~、おしっこ~」なんて
言われたり。
 
ある人は飼っている猫が
必ず膝に乗ってミャーミャー言うタイミングで
会議だったりするそう。
 
悲喜こもごもな感じですが、
家庭が透けてみえたり
暮らしが透けてみえるって
いいんじゃないかなって思います。
 
誰にだってバックヤードがあるわけで、
仕事場やビジネスシーンだけでは
感じないことが感じられて。
それが本来なんじゃないかなって。
 
テレワークで何か変化はありましたか?
 
家族いっしょにご飯を囲むことも増えて、
何かを見直すいい機会な気がしています。
せめてそうでもとらないと、
という面もありますが。
災いなら
そうとらえたほうがいいかな、
と思っています。
 
 

【知らないままの夫婦の目標】

投稿日: 2020 3月 30、12:27 午後 Comments コメント (0)
志村けんさんがお亡くなりになったニュースには
びっくりしました。
たぶんいろんな世代の方が
そう思っていらっしゃるのでは。
ほんとに驚きました。
ショックは大きいです。
 
夫婦で何を大事にしていまか?
共有して。
意識していることってありますか?
 
わりと共有しないままに、
一生懸命頑張っていませんか?
 
結婚したときや子供が生まれたタイミングで、
意識を共有しておいて、
それに向かってお互いに行動していく。
そうするとズレを少しは防げると思います。
 
わりと自分の中にある夫婦像だったり
家族像に基づいて
行動していることがあるので、
違う方向を向いていたりしちゃうって
ことが起きてきます。
 
ほんとによくあるのが子供が生まれて
「子供のために一生懸命」といっても
妻の側は育児や日々の子供のこと
だったりするのですが、
夫の方は仕事に精を出そうと思っていたりする。
 
どちらも「子供のため」という思いはあるんですが、
ズレている。
もしくはお互いの「子供のために」を
どう考えているかを知らないことには
「なんで? 」ということに
なってしまうこともあります。
 
お金を貯めて早く家を建てたいと思う妻と
それよりは毎年旅行に出かけて
そういう時間を第一に大切にしたいと思う夫だったり。
 
なんとなく夫婦での目標が
または目標の順番がズレていると
なんとなく後々、それが
夫婦問題に発展していくようです。
 
相手が目標としていることは話してみないと
意外と知らないんですよ。
で、知らないままに夫婦は
発車してしまっている。
だから結婚するときや子供が生まれたときや
転職とか子供の成長とか、
折々に話しておくといいんじゃないか、
と思います。
 
いって見ればちょっと大きな当座の目標です。
それだって時の流れとともに変わっていくことは
重々あるので
「だってこう言っていたじゃない」
なんてことにならないためにも
ちょっと認識を共にしておくといいと思います。

【いつもとは違う】

投稿日: 2020 3月 29、11:55 午前 Comments コメント (0)
東京はとてもとても寒い雪でした。
しかもけっこうな量で
一時は空が真っ白になりました。
驚きました。
なんだか今の気持ちそのもののようで。
震えるような寒さです。
 
自粛おこもりで夫婦の仲は
どうでしょうか。
なんだかイライラを募らせて
喧嘩や衝突が起きてはいませんか?
 
こもっていることだけでも
ストレスですからね。
そこで夫婦の仲がよければ
それは問題なく、ということなのだと思います。
 
何かと衝突が起きるようだと
夫婦を見直すよい機会に
してみることもできるかもしれません。
 
なんで衝突するのかな?
どこで衝突するのかな?
と、ちょっと見直してみてはどうでしょう。
こんなときだからこそ、です。
 
で、今までと同じ対応をするのではなくて、
少し違う対応をしてみます。
忙しくないときだからできることです。
 
忙しい日々に追われていると
そうはいきませんのでね。
 
じっくり見つめてみるというのでしょうか。
何かエラーが見つかるかもれしないです。
いつも自分がやっていることも
素直に反省ができることもあるかも。
 
また、ときには家事なんかも
入れ替わってやってみるとか。
ふたりでいっしょにやってみるとか。
とにかくいつもとは違うのですから、
いつもとは違うことをしてみたほうが
いいんだろうと思います。
 
いつもと同じことをしようとすると
それがけっこうストレスにもなります。
こんなときは、
ちょっと発想を変えてみてほしいです。
何もかももういつもとは違ってしまったのですから。
 
 

【聞いててみる】

投稿日: 2020 3月 24、11:04 午前 Comments コメント (0)
オリンピックが延期決定。
当然なような。
遅過ぎたとも。
オリンピックは平和のときにやっていただきたい。
アスリートも平和だから練習に専念できる。
命を落とす人が止められず
命が脅かされていてはオリンピックは
選手も見る方も楽しめない。
経済界は違うのかもしれませんけれどね。
 
些細なことから夫婦って
じつは崩壊していくのですよ。
 
じつはね。
ほんとに些細なとこめから。
なぜなら夫婦だから。
 
夫婦って日常だから。
日常って細かいことの積み重ねだからです。
 
だから細かいことをおろそかにしないでほしい、
と思います。
 
妻が言っている。
夫が言っていることを
聞き流していると
結局聞き漏らします。
 
相手の言っていることはしっかり聞き留めてみましょう。
まずは聞くこと。
何を言ってているのか。
 
そこからはじまります。
 
聞いてみて考えたってていいし、
もしかしたら新たな発見があるかも。
 
誰かの話を聞いてみる。
妻の
夫の話を聞いててみる。
ほんとは未知なんですよ。

【夫婦の変化】

投稿日: 2020 3月 23、12:09 午後 Comments コメント (0)
海外の俳優やサッカーのベッカム、歌手のエルトン・ジョン、
そんな人たちが、新型コロナで家にいなければならなくなり、
「妻のために家にいます」
「家族のために家にいます」
そんなメッセージをアップしていました。
誰かのためにだったらできること。
誰かのためだからできる。
その誰か、あなたにとっては誰ですか?
 
みんな自由にしたいけれど、
誰かのために自由を我慢する。
たぶん世界中のみんながって思います。
もちろん自分のためにも。
 
子どもができると
ガラリと夫婦の様相は変化します。
まるで別物。
そう思ったほうがいいと思います。
 
今までと同じつもりでいると
大きな間違い。
 
だって妻、夫というだけでなく、
父親、母親という役割が
いきなり増えるわけです。
 
しかも相手にするのは赤ちゃん。
何もわからない。
誰かが見てあげなければ
生きてはいけない存在。
 
その命を守っていかないといけない。
 
だから夫婦が変わらないと。
力を併せて、ワンチームです。
 
夫婦を取り巻く状況というのは
 
常に変化しているのて、
その変化に適応していくってことが
最も大事なのです。
 
子どもの誕生はとてもわかりやすいことのひとつ。
転職とか、
仕事で出世したり
立場が変わったり。
親の介護゛あったり。
子どもの巣立ちがあったり。
 
その都度、変化が起きてい、
夫婦だけが変わらない、なんてことは
じつはないのです。
 
だけどなかなか風が変わるのは難しくて、
そこが悩ましいところです。
 
変化を早く察知して、
それに適応していかれれば
夫婦は円満でいられるはずです。

【コミュニケーションの失敗】

投稿日: 2020 3月 15、1:21 午後 Comments コメント (0)
ティッシュやトイレットペーパーは
店頭に並ぶようになりましたが、
マスクは相変わらず、品薄ですねぇ。
困ったものですね。
こんなとき、生産する体制というのは
簡単には整えられないものなのでしょうかね・・・。
全世界的にそんなことになっていて、
全世界みんなで力を合わせら
どうにかできないものだろうか、と思います。
 
昨日に続き、ですが、
夫婦喧嘩のときに
発してしまった言葉っていうのは、
どうも時間を経て育ってしまうようです。
 
言葉ってほんとにつくづく怖いものです。
 
そんなつもりで言っていないことが、
全く違うとらえられ方をしたりするので。
だけど、そもそも言葉っていうのは
発した人のものなのか?
受け取った人のものなのか? というと
受け取った人のものなんじゃないかと
思うんでよね。
 
その人がどう思うか?
 
そのために言葉あるんじゃないか、とも。
 
自分の思いを伝えるためのものっていうのも
あるとは思います。
 
だけど、受けた人がどう思うか? 
っていうところが抜けていると
勘違いが起きていくので。
伝えたいことも伝わらない。
 
それがコミュニケーションの失敗を生んでいく。
 
ような気がします。
 
自分の伝えたいことを
受け取ってもらいたい人にうまく届ける。
それがないと
コミュニケーションはうまくはいきません。
 
言いたいことを言うだけならとても簡単。
 
でもそれはコミュニケーションではなくて、
言っているだけ。
放っているだけ。
 
になってはしまわないでしょうか。
 
どう思うか?
どう受け取るか?
誰だって自分の思っていることは
なるべく正しく届けたい、伝えたいと
思っているはずなので、
誤解のないように伝えていくっていうのは
難しいけど大事なこと。
 
なんじゃないかなと思います。
 
伝えたいことや理解してもらいたいことを伝えていく。
意外と難しいです。

0