買い物かご
買い物かごは空です
数量:
小計
消費税
送料
合計金額
PayPalでのお支払いが完了できませんでしたこちらをクリックしてもう一度お試しください
ご注文を承りました!ご注文頂き誠にありがとうございました!後ほどPayPalからお支払い完了のお知らせが届きますのでご確認ください。買い物かごを閉じる

ブログ

ビュー:  全体 / 説明

【見極める】

投稿日: 2020 5月 28、1:32 午後 Comments コメント (0)
自粛太り・・・していませんか?
私は少々太ってきました。
ここまでで留められるようにしておこうか、
と思っています。
お子さんたちも太っているみたいで。
どうしても運動量が減っているのでね。
いろいろとほんとうに想像も及ばないところに
影響が出るものですね。
 
夫婦問題は離婚問題になってからでは
取り返しがつかないことが多いものです。
 
その前にやり直しができるのかどうか、
というのを見極めないと。
 
やり直しができるのは
夫婦双方が問題を認識していて、
双方が修復という目標を持てる場合です。
 
それがなくて、一方だけが
「やり直したい」といっても
なかなかかないません。
 
離婚問題にまで行ってしまうと
たとえば、離婚について話し合いをしているとか、
調停をしているとか、
そうなると
なかなか修復というのは難しいです。
 
一方が離婚と言っている場合がほとんどですが、
もうやり直す気持ちや意欲がないからです。
 
だけど一方はそのことに気がつかないままで
今に至るわけなので、
まだやり直せるという温度差が生じてきます。
離婚問題ってそういう仕方ない面があります。
 
自分がやり直したいけれど、
相手がやり直す気がない。
そこが一番難しいですね。
 
見極めていくっていうのは大事です。
自分の意志とは別で。
 
自分ではああしたい、こうしたい
というのはあるとは思います。
 
だけど現実は
それとは別のことがあるということ。
 
浮気なんかもそうで、
浮気なんてしほしくないと思っていても
実際にはしているとか。
その現実をどう受け止めるかということ。
 
コロナだって同じです。
このまま収まってほしいと思うけれど、
現実は別なわけなので。
 
見極めていく。
というのは本当に大事です。
 

【自分の軸】

投稿日: 2020 5月 27、2:14 午後 Comments コメント (0)
緊急事態宣言が解除の方向に向かい、
かつての知り合いと話したり
お久しぶりの方と話しました。
 
コロナ禍で、ある意味
誰が自分にとっての必要な人か
見極めができた、という人もいます。
 
こういう危機的なときには
そういう究極が見えてくるのだろうと思います。
 
仮面夫婦を続けていた場合、
つらいでしょうね。
仮面ですから。
どっぷりと夫婦が向き合ったらやってられない。
 
夫婦問題や離婚問題が起きて、
何が大事か、見えましたか?
 
よい機会です。
見てみてください。
しっかりと。
 
何が必要で不必要か。
 
仮面夫婦は、この先つらいだろうな、
と思っています。
 
結局シンプルになっていくのではないか。
新しい生活においては。
などと思います。
 
そんなに人は自分に嘘は
つけないし、
ついてもダメなんじゃないでしょうかね。
 
だからといって本能のままに
がいいとそうというわけではないのですが。
 
自分の軸をきちんと持って、
何を目指すかっていうこと。
やり過ごすと必ず後でつけは回ってくるのだと思います。
 
もっと、もっとシンプルにしていく方が
いいのだと思います。
 

【言葉で始まる】

投稿日: 2020 5月 26、12:27 午後 Comments コメント (0)
少しずつ調停や裁判も動き出すみたいです。
前へ進むという意味ではよかったです。
目標はそれぞれであれ、
前へ進める。
進むことができる。
未来につながります。
 
ささいな一言というのは
たいていの夫婦問題で
問題の種となります。
 
なんでかな・・・と思います。
 
ほんとに些細なひとこと。
それが致命傷。
発している本人は気が付かないことが多いです。
忘れていることも多い。
本心からではないことも多いのですが、
ささいな一言で決定的に
夫婦に亀裂を入れてしまう、
ということはあまりにも多いです。
 
ほんとうに多いです。
もう後戻りできません。
 
どこかの政治家たちみたいに
言ったことを言わないとか、
意味が違うとか、
言ったところで・・・。
 
亀裂は入るのですよね。
人間関係に。
 
つくづく思うのは夫婦は他人ということです。
一心同体ではないし、
他人だし、解消できる関係だし、
赤の他人なのですよ。
もともと。
なんのつながりもない。
 
築き上げるか否か。
 
なのだと思います。
築けない場合はもろくも崩れ去る。
 
もろい関係。
じつはね。
 
築いていかれれば
これほど慈愛に満ちて、
温かい関係はないかもしれません。
なぜなら他人だから。
 
ほんとうに言葉には気を付けたいと思います。
言葉から始まる夫婦問題は
ものすごく多いから。

【不貞相手】

投稿日: 2020 5月 25、2:08 午後 Comments コメント (0)

都庁がレインボーにライトアップされていました。
緊急事態宣言解除!
いいのか悪いのか!? は
たぶんこれから結果が出ていくのでしょうね。
このまま収まってほしいな、と祈りつつ
新たな一歩を踏み出すわけですね。
 
不倫相手が堂々とある意味、
妻に対決を迫ってくることがあります。
 
「離婚するんですか、しないんですか、奥さん」と
夫の不貞相手に問われた妻。
「あなたに聞かれることでもないし、
お答えすることでもない」と妻。
 
妻の完勝。
 
ある妻「このまま付き合っていてもいいんでしょうか」と
夫の不貞相手に問われた妻。
「私がお答えすることでもないし、
自分で考えて。
夫が結婚していることは
知っていて付き合っていたんでしょ」
と妻。
 
妻の完勝。
 
ってな具合です。
 
不貞相手と同等レベルに落ちると
まあ苦しいでしょう。
だけど妻と不貞相手は立場が違うということを
理解していれば、
全然だいじょーぶ。
てな具合です。
 
相手にするのもばかばかしい。
 
ある妻。
浮気ばっかりしている夫。
 
ほとほと愛想が尽きそうです。
 
「不貞相手は自分だけ、と思って
言ってくるけど
私の知る限り、ひとりではないですからね」と。
気の毒過ぎて本当のことは言えないわ。
とも。
 
まあその数年後にしっかり夫に離婚届けを
たたききつけて
さっさと自立&ひとりを選択しましたけどね、
その妻。
 
夫と不貞相手の痴話げんかに
巻き込まれるのもうんざり。
 
不貞相手にやきもきするのは
もしかしたら自分に自信のない裏返し?
 
妻という立場であればどうということは
ないかもしれない。
だっていつだって決めるのは自分でいいわけで。
何もびくびくする必要がないものね。
 
選択権は自分が持っているわけで。
そのことは忘れない方がいいです。
プライドかな。
ある種の。
女として否定されたとか、
裏切られたとか
あると思うけど。
 
立場って誰でもあるのですよ。
 
いろんな価値観のはかり方があるので、
ひとつではないっていうことです。
どう見るかは自分次第。
 
さて、次の時代って、
いかないとね。
いつまでもそこにとどまっているわけにはいかないのです。

【婚姻費用】

投稿日: 2020 5月 24、1:07 午後 Comments コメント (0)
全国すべてで
緊急事態宣言解除となるのでしょうかね・・・。
解除になったらまた感染拡大・・・?という懸念が
誰でも頭の片隅に・・・・
あるんじゃないでしょうか。
どうやって付き合っていったらいいのか
手探りしつつ、なのでしょう。
 
妻が子供を連れて別居。
というのは
ときどきあるのですが、
その背景はいろいろ。
 
いろいろな背景はあるものの、
婚姻費用の請求をされた場合は、
妻と子供の生活費を払う義務が
夫にはあります。
 
扶養の義務というのが
婚姻関係にはあるので、
理由はどうあれ、扶養することが
求められるからです。
 
浮気している妻が子供を連れて出て別居。
それでも婚姻費用の請求はされて、
支払わなければなりません。
 
ただ、勝手に浮気して別居して
生活費を払えと言われても払いたくないのは当然です。
そんなケースでは
子供の生活費のみの負担でよい場合もあります。
つまり離婚した際の養育費と同等の負担。
 
離婚後の養育費は
子供のことを思えば支払おうという人が多いと思います。
それと同等。
 
実際に相談者でも
調停で浮気して勝手に別居した妻の
扶養はしたくはない、という
主張を調停でして、
養育費と同額で調停が決着という人もいます。
 
そりゃあそうですよね。
浮気して子供を連れ去り、
生活費の請求。
あまりに買ってな行動です。
それでも妻の生活を見よ、なんて・・・。
 
まあただ、そういう人ほど
主張はするかもしれませんね。
浮気したのはあなたのせい、とか主張しつつ、
生活費の要求とか。
やりそう。
 
だけど、実際には認められないことも多々なので、
ちゃんと事情を説明して
主張してみてください。
誰だって納得するはずですから。
そりゃあ扶養する義務はないわ、と。
 
婚姻費用というのは
夫の側に事情はあれどのしかかってくるものです。

【よいタイミング】

投稿日: 2020 5月 22、2:35 午後 Comments コメント (0)
東京もようやく解除が見えてきました。
少しほっとします。
地球がきれいになっているそうで、
空気も海も・・・・
どこか皮肉なことに。
人が世界的に経済活動を止めて、
飛行機も飛ばない・・・・。
そうすると地球規模で浄化されているってこと。
なんだかほんとうに今までの暮らし
というのを考えさせられますね。
よかったのだろうか・・・と。
 
ときどき無理やりでも
立ち止まってみるっていうのは
いいのかな、と思います。
 
何かが見えてくる。
見えないものが見えてくる。
見ざるを得ない。
 
だから次に行けるっていうことがあるように思います。
 
夫婦なんて日常なので、
立ち止まるっていうことは
ほぼほぼないわけです。
ふだん。
 
もうただただ、日常。
むしろ日常に押し流される。
 
結婚して子供ができて、
家を建て、子供が育ち・・・・と。
 
たとえ子供がいなかったとしても
何か同じような流れに乗ることが多いです。
乗ろうとする。
 
わからないですよね。
日常って。
日常ゆえに。
 
だけどコロナみたいに
無理やりな形で日常にストップをかけられると
いろいろ考えちゃうし、
いろいろ見える景色が違ってくる。
 
人ってそんなときに何か転機であるとか
変化であるとか成長とか
起きてくるものなのかも。
新しい視点も生まれてくるものなのかも。
 
何か見えていますか?
次につながること。
 
そうか! って思えること。
 
きっとあるはずです。
夫婦のことだって。
そんな小さな発見ができれば、
たぶん次があるはずだから。
 
そこからはじめていけばいいんじゃないかって
思います。
今までとは違うって
むしろそんなにはないことなので。
よいタイミングと思えば
そうなんじゃないかと思います。
 

【やめられないこと】

投稿日: 2020 5月 21、12:36 午後 Comments コメント (0)
黒川弘務東京高検検事長の文春砲・・・
目が点っていうか、
怒りを通りこえてあっけにとられます。
ある意味すごいって。
みんな自粛しているときにマージャンっていうだけでも
けっこうですが、
賭けている・・・・とか。
マージャンの密とか。
すすすすすごいな・・・・ある意味。
 
病気というか依存症というか
止められないんでしょうねぇ。
お気の毒に。
立場もありながら。
時のよくも悪くも話題の渦中にいながら。
よくできるなマージャン。
 
こわいですよね。
ギャンブルって。
自粛中のパチンコもそうでしたけれど。
 
みんな行かないほうがいいのはわかっているけれど
開いていると行ってしまう
と言ってましたからね。
似たようなもの?
 
こわいこわい。
それでこんだけ世の中を騒がすわけですから。
 
立場と止められないものは別物
ってことではないでしょうかね。
それと自分ではブレーキがかけられない。
だけど、そもそもそういう人は
あまり検事長とか向いてないですよね。
素質として。
もう少し、自制できて仕事柄
身の回りをきれいに保てる人でないと無理なのでは?
 
相談者にも警察官とか
いらっしゃいますが、
みんさんそれはそれはまじめで
ほんとに立派ですけれどね・・・・。
 
やめなきゃいけないのはわかっているけど
やめられない。
 
賭け事に限らず薬物や不倫なんかも
そんな感じです。
どうしてこんな不倫をするの!? と思うけど。
立派な地位があって、
バレたら絶対にまずいでしょって。
だけどやっている。
 
風俗もしかり。
やめたほうがいいけれどやめられない。
 
でもって家族も仕事も失うって・・・・。
 
やっぱりバカなのかなと思います。
というか、依存症。
いや、ただのバカ!?
 
それがないと自分を保てないわけだから、
そもそもちょっとね。
弱いんでしょうね。
メンタル。
 
または自分に甘いともいえるのかもしれません。
 
いやいや前代未聞の醜聞というかやらかし。
お粗末すぎて、トホホな感じすら漂います。
でも辞職なんですよね。
退職金って税金で払われちゃうわけでしょうかね。
コロナで大変なのに残念です。
 
黒川検事長にも家族はいるんでしょうから、
どう思っているのだろうか・・・・・。
誰も止められないよね・・・・。
 

【エンドレスな夫婦】

投稿日: 2020 5月 20、1:33 午後 Comments コメント (0)
寒い一日でした。
思わず衣替えした冬物を
引っ張り出して着ました。
体調管理が大変です。
お気をつけてください。
 
この自粛中に
知人の先輩女性は家の中の
今までできなかった整理に着手。
夫が亡くなって数年経ちますが、
忙しくてそのままになっていた
片づけができたそうです。
 
「ほんとにね、
夫はよく協力してくれていたのね」と
感謝の気持ちがあらためてわいてきたそうです。
 
整理をしていて、
つくづくそのことに気が付いたのだとか。
 
お互いに仕事があって忙しかったのもあり、
夫が定年してからはもっぱら妻の
仕事に協力をしてくれる夫だったそうです。
 
「あの人だったから持ったのねぇ(笑)」
と今でも仕事に夢中のその方は言います。
仕事に夢中になる自分を
何かと支え、文句も言わずだったそうです。
 
「生きている間に気づけたらよかったですか? 」
と私が聞くと
「そうかもしれないわね」と。
 
決して夫が存命中も
仲の悪いご夫婦ではなく、
むしろ仲のよいほうだったと思います。
夫のことも大切にしていましたが、
仕事に関しては一歩も譲らず
やりたいことはやる妻でした。
 
いなくなって気づくって
あるんでしょうねぇ。
 
またある妻は、ずっと夫に恨み節でした。
亡くなってからも3年くらいは。
 
けっこうわがままな夫で
やりたい放題。
尽くしてきてしまった妻で、
黙ってついてきた。
だからたくさん我慢してきたことが
あったみたいです。
生きているあいだは不満だらけ。
ぶつけはしないものの。
 
だけど亡くなってから3年くらいして、
「お父さんのおかげね」という言葉が。
今は介護が必要な状態になり、
子供さんの元で暮らしていますが、
何不自由することもなく、
幸せに子供や孫から大切にされて
日々を過ごしています。
 
その日々が亡き夫のおかけであるという
思いに至ったようです。
 
人と人との関係というのは
亡くなっても続くのだなぁと思うのですよ。
そして亡くなった後も変わっていくものなのですね。
関係というのは
なんと不可思議で
変化を続けていくものなのでしょうか。
夫婦の形も
一方が亡くなっても
続いてくものなのだ、と思うのです。
 

【夫婦の崩壊】

投稿日: 2020 5月 19、1:26 午後 Comments コメント (0)
五月雨とはちょっと程遠い、寒い雨でした。
5月なのに…・4月初旬の気温だそうで、
かと思えば台風1号がすでに発生ですし、
なんだか今年はいつまでも寒いですねぇ。
気持ちの問題もあるのでしょうかね・・・。
 
夫婦の崩壊というのは
ある日突然にやってきます。
 
それまで平和だと思っていたはずが、
ある日を境にどん底に落ちます。
 
意味がわからないくらい。
どん底。
 
だってとくに問題がないと思っていたのに、
ある日を境に、なんですから。
一方にとってはね。
 
だけど、それって見えていないだけ。
 
気が付かないものですよね。
人って。
ほんとに問題が起きないと。
はたまた表面化しないと。
 
気が付けば予防もできるのでしょうし、
事前策も打てるのでしょう。
だけどそうはいかないのが人間関係。
 
仕方ないと思うのですよ。
 
ある夫は妻から離婚と言われて
はじめて危機をしりました。
それまでは微塵も離婚なんて考えたこともない。
だっていつもどおりに日々を過ごしているだけだったから。
 
妻が離婚を考えているなんて
思ってもいないし、
創造すらできないことだったから。
 
そういうものですよ。
 
 
だとしたらね、そこからできることを
精一杯やっていく。
という選択肢しか残ってはいないと思います。
突き詰めて考えると。
 
残された選択肢というのは
自分のためにっていうことです。
 
 
というのが実情には合っているんだろうと
思います。
できることをする。
 
そうしたらね、
きっとトンネルの先が見えてくるから。
ほんとですよ。
 
何もしないで考えているだけではだめだし、
泣いていてもだめだし、
できることをする。
動いてみる。
よくも悪くもね。
 
そうすると何かが変わっていくし
必ず結果は出るものです。
 
気付かなかったって
そういうことだと思います。
人と人の関係って
崩壊するものだからって
いうことに気づかなかった。
思わなかった。
知らなかった。
 
だけど現実には崩壊するのです。
むしろ崩壊しないわけがない。
 

【心がやられる】

投稿日: 2020 5月 18、2:11 午後 Comments コメント (0)
台風の影響が早くも・・・・。
台風1号!
どうなるんでしょうねぇ、今年の夏は。
雨でコロナ流してほしいと言っている知人がいました。
ほんとにね。
WHOの総会のニュースに触れて、
テドロス事務局長の顔がコロナにしか
最近の私には見えなくなってきています・・・・。
どうしたものか・・・・。
この人がもう少しって・・・・って思ってしまいます。
どうしても。
 
夫婦問題が起きると体調不良に
陥る人は圧倒的に多いのですが、
それとコロナが重なって、
ほんとにひどい体調に陥ってしまっている人も
いるみたい。
 
とくにコロナの感染拡大が春先に
重なったこともあって・・・。
 
どん、と体調が悪くなってしまった。
一度悪くなると
なかなかよくなるのが大変で。
悪化は簡単なのですが、
人って上がっていくのはけっこうな大変さです。
とくに今は。
 
そんな方と相談をしていました。
 
うつだと診断されたとか、
眠れない日々が続いたり、
ほんとにね、体調ががたがた。
そうするとメンタルもがたがたになるから
怖いです。
 
でもねぇ、今の時期は
みんなそんな感じよって。
ちょっと体調悪いと
ほんと不安だらけだから。
たぶんこんな感じがしばらくの間はづくのでしょう。
 
体調悪いのは
夫婦問題もあるけれど
コロナの影響も今はあります。
 
早くよくなるように、と思います。
とにかくよく眠れるようになってほしいです。
何しろ今病院で処方されているのは
安定剤と入眠剤が最も多いそうですから、
どれだけみんなが不安化っていうことです。

Rss_feed