買い物かご
買い物かごは空です
数量:
小計
消費税
送料
合計金額
PayPalでのお支払いを完了できませんでしたこちらをクリックしてもう一度お試しください
ご注文を承りましたご注文いただき、誠にありがとうございます。後ほどPayPalからお支払い完了のお知らせが届きますのでご確認ください。買い物かごを閉じる

ブログ

【夫婦問題と親子関係】

投稿日: 2018 7月 18、12:57 午後
口を開くと暑いと言っちゃいそうで・・・
困ります。
もうすでに聞き飽きましたよね。
 
夫婦の関係とか、夫婦の問題って
子どもがいれば当然、
子供の問題もかかわってきますが、
親子の関係もかかわってきます。
 
親子関係というのは意外にも
夫婦問題に直結していることがあります。
直結していなかったとしても
やはりバックボーンとして大事なことで、
価値観の違いというのは
親子関係や育った環境によって
現われてくることも多いです。
 
親子もまた夫婦と同じくらい不思議な関係で、
夫婦の問題に伴い、
親子の関係のご相談を受けることもあります。
 
また、相手側の親子関係についても相談を
受けたりもします。
 
嫌でも影響を受けているのが親子なので。
だから夫婦は怖いですよね。
自分たちだけなんてことはないんです。
 
遺伝子的なことはさておいたとして、
親子関係が今の自分を形成しているということは
確かなある部分があるんだと思います。
その影響下という意味では
なかなか逃れることは難しいです。
 
また夫婦問題が起きたことで
親子関係にも何か問題が起きる、ということもあります。
 
親と子はそもそも違う人格なので、
そこが難しいです。
 
同じ環境で暮らしては来ましたが、別人格。
別の人なのです。
価値観としては同じものを持っているかも
しれませんが、考え方や思考が別のときがあります。
 
まあたまに同じという人もいますけどね。
 
本来は違うのが当たり前ではないかと思います。
 
違ったとしても親子という関係はあるので、
どこかで着地点を見つけていくのが
いいのではないでしょうか。
 
理解しあえる部分というのは
すごく理解しあえると思います。
 
親だからわかってくれる、とか、
子どもだからわかってくれる、というのは
ちょっと傲慢な気もします。
 
他者のことは本当のところわからないものです。
たとえ親子であっても。
価値観は同じてあったとしても。
 
その前提があると
親子関係というのも少し楽になるのでは
ないでしょうか。
 

カテゴリー: 家族問題

コメントを投稿する

Oops!

Oops, you forgot something.

Oops!

The words you entered did not match the given text. Please try again.

0 コメント