買い物かご
買い物かごは空です
数量:
小計
消費税
送料
合計金額
PayPalでのお支払いを完了できませんでしたこちらをクリックしてもう一度お試しください
ご注文を承りましたご注文いただき、誠にありがとうございます。後ほどPayPalからお支払い完了のお知らせが届きますのでご確認ください。買い物かごを閉じる

ブログ

【残骸】

投稿日: 2018 10月 10、1:49 午後
ある方のお父様が亡くなったのですが、
そのお父様が浮気をしていたことに
お母様である妻が気づきました。
 
余命宣告をされて、
必死に看病しているさなかです。
 
携帯もできなくなり、
LINEやメールを妻であるお母様が代理でしていたとき、
夫の浮気に気づいたそうです。
そして亡くなりました。
 
しかもひとりではなく数人の不貞相手。
 
残された妻――。
 
今は夫の喪失と持っていき場のない
気持ちなのだと思います。
 
いやいや、なんで墓場まで
持っていかなかったのだろう――。
持って行ってよ、と思うでしょ、そりゃあ。
 
何がお母様である妻を癒すのだろう
と思います。
 
恐ろしく虚しいし、
何十年にも及ぶ結婚生活は何?
と思うでしょう。
そりゃあ。
 
どう母に言ってあげたらいいのだろう、と息子さん。
 
そんな風に思い馳せてくれる息子さんがいることに
たぶん立ち直るきっかけがあるのだと思います。
お母様は。
いずれ立ち直ると思えます。
 
親子って不思議ですね。
よく似て、同じことをする親子もいれば、
思いをかけあえる親子もいる。
 
私はむしろ、そんな風に母親を心配する息子さんがいる
お母様に素晴らしい息子さんじゃないですか、
と思っちゃいました。
 

カテゴリー: 家族問題

コメントを投稿する

Oops!

Oops, you forgot something.

Oops!

The words you entered did not match the given text. Please try again.

89 コメント