夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【やってくれてありがとう】
【行動するか、しないか】
【離婚したい】
【キレる夫、キレる妻】
【離婚したい側】

最も人気の高い記事

【やってくれてありがとう】
【行動するか、しないか】
【離婚したい】
【キレる夫、キレる妻】
【離婚したい側】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【やってくれてありがとう】

ここに記事をお書きください。

【行動するか、しないか】


【離婚したい】


【キレる夫、キレる妻】


【離婚したい側】

満月です。
台風のせいかとても蒸し蒸し暑いです。
 
モノゴト合理的に考えられることばかり
ではないのはわかるのですが、
合理的に考えたほうがずっと生きやすい、
ということはあると思います。
 
離婚したい側と
離婚したくない側。
離婚したい側が譲歩をすれば、
離婚は成立しやすくなります。
 
極端な例としては
「全財産を渡すから離婚してくれ」というと
多くの場合で離婚は成立します。
 
浮気した側が離婚したいといった時、
さらに相当な譲歩をすれば
やはり離婚は成立しやすくなります。
 
相談者の例では
浮気した妻が離婚したい、と。
夫は親権さえ渡してくれれば離婚するというのですが、
親権は渡さない。
夫は監護権は渡すと言っています。
通常では親権と監護権は別々に
しないことが多いですが、
子供たちを勝手に浮気相手と再婚でもして
籍を入れられてしまわないために、
ある意味では子供を守るための道として、です。
だけど妻は親権は渡さない。
つまり自分の希望の離婚はかないません。
 
またある妻も浮気妻ですが、離婚したい、と。
だけど共有名義の家は絶対渡さない、と。
夫は仕事でも使っている家なので、
それでは離婚に同意ができないのです。
つまり妻の希望はかなわない。
 
もう少し合理的に考えたら、
こうしたケースでは離婚という望みが
かなうのに、と思います。
 
そのほうが双方が幸せなのに、とも。
 
なぜなら夫の側はすでに浮気した妻に愛情がなく、
ほとほと愛想が尽きていて、
気持ちの整理としてはいつ離婚してもいいと
思っているのですから。
 
すぐそこに答えはあるのです。
なんでかな、と思います。
 
自分の望みをいくつもかなえて
離婚しようといって
それはなかなか難しい。
離婚したいときは、
まずはそのことを優先順位の一番に持ってきて
合理的に考えたほうがいいのでは、と思うのですよ。