夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【立ち直る方法】
【夫婦はもろい】
【ぶつかってみてわかる】
【妻がライバルなの? 】
【妻の浮気、夫の浮気】

最も人気の高い記事

【立ち直る方法】
【夫婦はもろい】
【ぶつかってみてわかる】
【妻がライバルなの? 】
【妻の浮気、夫の浮気】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【答えがない】

はあ~、ほんとに今年は今年で
梅雨どっぷり・・・・いささかうんざり・・・。
雨か曇りばっかり・・・・。
ええかげんにしてほしい・・・ですねぇ。
 
夫婦においてもそれ以外の人にとっても
最も、と言っていいほど大事なのはコミュニケーションです。
 
コミュニケーションがなければ
理解することも
伝えることもできなくて、
そこにあるのは「?」ばかりだったり。
はたまた諦めだったりします。
 
黙ってしまうというのは
理解してもらおうというのは無理だし、
そこの努力をあきらめているともいえるし。
 
男性が黙っているときは怒りに満たされているとき
ということもときにはあります。
これ以上、言葉を出したら・・・と
思うので黙ってしまう。
 
いつもではないですよ。
ときには、です。
 
あとはモラハラ体質の人は
あえて黙って、相手に無言の圧力をかける。
圧力をかけられた方は
黙ってしまい沈黙されることが耐えがたい。
 
だけどね、そんなときは
「黙っていればいいわ」と思ってしまうといいと思います。
モラハラに対してはね。
そんな力に屈する必要はないので、
勝手に黙っているのですから、
ずっと黙ってもらっていればいいし、
それで焦る必要なんてなーんにもありません。
 
ある妻、夫があまりに黙るので、
これでは夫婦は続けていくのは無理だな、という結論に。
 
ですが夫の方は平気です。
だって黙っているコミュニケーションがないことが
苦痛ではないのですから。
まだ夫婦を続けられると思っている。
 
相手を知らないとそんなことに。
 
難しいです。
夫婦って。
 

【おっとして、妻として・・・】

さすがに長雨で・・・脚がむくみますねえ。
えっ!? こんな重かったっけ、脚!!
ってヨガやったりストレッチすると実感します。
脚にもたっぷり水分がある感じ!?
 
子供にはやさしいし、
関心もあるし、
ちゃんと関係も結べている。
だからいい父親だったり母親だったり。
 
だけど夫婦としては・・・。
 
妻には冷たい。
夫には冷たい。
 
心ってそんな使い分けられるものかな、
とは思うんですよね。
 
冷たいとしたらもう心がないということなのかも。
 
よくあるのは父親としてはいいお父さんなんです。
とかいいお母さんです。とか。
 
だけど、夫として妻としては・・・。
だとしたらどっちを取りますか?
 
もし親としてよし、とするのであれば、
そこは割り切りが必要かもしれないです。
夫や妻として求めない。
 
だけどそんなことはできるものでしょうか。
一緒に暮らしていて。
子供はいつか育っていくし。
 
基本は夫婦なのではないか、と思えます。
夫婦として心が通いあっていることが
第一に来るのがいいんじゃないか、と。
 
それがなくていい父、いい母でも
夫婦を継続していくことがつら過ぎます。
 
継続は力なりなところもありますが、
継続だけがいいわけではない。
そう思っています。
 
夫として妻として
納得がいかないなら、
ちょっと立ち止まって
考えてみることは必要だと思います。
 
 

【親子の関係】

三連休ですねぇ。
どのようにお過ごしでしょうか?
私は仕事の合間を縫って、
父のお墓参りに行こうかな、と思っています。
東京はお盆なのです。
「来たよ~」と言うと「ああ」と答える
父の声が聞こえるような気がするのです。いつも。
 
家族ってほんとうにおもしろいというか、
いつまでも続くものなのだなぁと思います。
 
夫婦問題に向き合っていると
多くのケースで親子の問題にも行き当たります。
 
よくも悪くも。
親の影響というのは
ほんとに多大で、だけど、親とは違って当然で、
そこでいろいろと悩みます。
また今まで接してきた親との関係にも悩みます。
 
子供というのは嫌でも親の影響を受けています。
それが親子という関係なのでしょうねぇ。
ある意味では無抵抗です。
 
ずっと引きずってしまうと
けっこうな夫婦問題に発展することもありますし、
反面教師として
必要以上に反応してしまうこともあります。
 
ただ、大人になって受けた影響というのは、
大したことがないというか、
自分の考えで判断ができるのですが、
子供の頃に受けたり見たり聞いたりしたことは
けっこうな影響を及ぼします。
現実以上の影響があるかもしれません。
 
だから夫婦は気をつけないと、と思います。
 
見ている人がいるんです。
子供、という。
ギャラリーが。
それを忘れて夫婦問題だけに
没頭していると
とんでもないことになります。
 

【成功している人】

失敗したことがないと思っている人って
意外とやっかいで、
今までうまくいっているので、自分の中で
失敗することを認められない。
経験がない。
 
社会的に成功している人というのも
そんな側面があります。
 
ある夫は妻の悩みが全く理解ができません。
仕事で成功して
何の問題も自分にはないと思っているから。
 
だけど妻は悩みを理解しようともしてくれない。
自分のやり方が正しいと思っていて
妻のやり方を否定する夫に悩んでいます。
 
妻は夫に悩み、
夫は問題は妻にあると思っている。
 
痛んだことがない人は
その痛みがわからないのかもしれないです。
 
成功するのはいいことですが、
それがすべてか、というと
そうでもないのでしょうね。
 
だから、小さい失敗をたくさん重ねていると
いいですね。
 
失敗こそが本当の意味での
成功を導いてくれるように思います。
 
夫婦も喧嘩してもその都度仲良くなれていると
うまくいきます。
件かもしたことがないと
いざ喧嘩となったときには壊滅的に。
 
またうまくいっていないことを経験していると
うまくいく方法論がわかってくるのかもしれないです。
波風なく枢とある日、突然
夫婦問題が起きてどうしていいのかわからない、
ということに陥ることもあるのかなと思います。
 
人って失敗したときにこそ学習するので。
成功しているときは自信はついても
学習ではないのかも。
で、その学習だと思っている成功体験は
自信になっていき、
幅がどんどん狭くなっていくのかな。
 
だから失敗して成功した人
というのはある意味では
最強なのかもしれないです。

【夫婦の価値観】

夫婦は違うのがほんとうは当たり前で、
同じだと思っているところから
そもそもの問題が発生しているのではないか
と思ったりします。
 
いっしょに暮らすって
いろんなところで違いがわかってきます。
いろいろ食い違いがあるのです。
 
大事なことは
その食い違いをどのように修正するか。
 
我慢では乗り越えられません。
 
お互いに自分の意見を言ったとして、
では現実問題どうするか、がすべて
ではないでしょうか?
 
意見は机上の問題です。
夫婦は暮らしであり、共同生活。
ではどうするのか。
 
何か着地点を見つけることができるのかどうか?
 
そこが夫婦の一番核心的なところです。
 
暮らしをどうするか?ってことです。
実際には。
 
どんなふたりの意見の違う部分で、
ふたりがそこそこ納得できる着地点を見つけられるか?
 
一方的な我慢とか、
譲歩では成り立ちません。
一時成り立ってもいずれ不満は噴出します。
 
だからふたりがどうにか納得の得られるところを見つけていく。
それが夫婦が共同でやるべきことなんじゃないか、と
思います。
 
だからいろいろ考えなきゃいけないし、
試さなきゃいけないし、
試行錯誤です。
 
自分の意見を言って、
それを強いるのは簡単なことです。
 
また我慢も簡単なことです。
ひとときでしたら。
 
だけど本当の意味で
夫婦の価値観を作って行くというのは
ふたりがある程度の納得感を
持っていられるところを
模索していくことなんだと思います。