夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【次へ】
【家事は他人任せ】
【期待はゼロ】
【人は愚かなもの?】
【愚痴】

最も人気の高い記事

【次へ】
【家事は他人任せ】
【期待はゼロ】
【人は愚かなもの?】
【愚痴】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【子供は無力】

離婚や別居をどう子供に伝えるか、
というのはまともな親は悩みます。
 
まともではない親は
一方的に洗脳して、
子供に有無を言わせずに一方的に
親という立場を利用して、自分の行きたいような
方向へと持っていきます。
 
相手を悪者にして、
自分をほんとうは守っている。
子供はそれに付き合うしかありません。
 
どちらの子供が幸せか?
言うまでもありません。
 
子供は無力ですから。
親の前で。
 
親の言いなりです。
でもどんな親でも受け入れてくれる。
健気な存在です。
子供ってほんとうにありがたいものです。
 
どんなにやらかした親でも
ダメな親でも、受け入れてくれる。
 
だから親としてちゃんとしなきゃって
背筋を伸ばせるのかもです。
 
その人はごめんね、今まで話せなくて、と。
子供に夫婦のこと、別居していることを伝えたそうです。
 
お子さんはお母さんが元気がないのは
自分のせいだと思っていた、と。
ほんとうに親は子供に要らぬ心配をかけています。
そのことをもっと知ってください。
子供は小さければ小さいほど、
親を一生懸命に見ているものです。
心配してくれているものです。
 
なんて愛おしい存在なのでしょうか。
 
自分が嫌われることを
恐れている親もいますが、
ばかばかしい。
それこそが、愛情のない印みたいなものです。
 
子供をしっかりと正面からとらえてください。
 
子供は押さなくても、そんなは愚かではないし、
むしろ幼いほど直観力にたけています。
侮らないで。
 
ちゃんと話してあげる。
自分の感情とは別で。
だけど頑張るから、と言ってあげてください。

【子供は無力】

離婚や別居をどう子供に伝えるか、
というのはまともな親は悩みます。
 
まともではない親は
一方的に洗脳して、
子供に有無を言わせずに一方的に
親という立場を利用して、自分の行きたいような
方向へと持っていきます。
 
相手を悪者にして、
自分をほんとうは守っている。
子供はそれに付き合うしかありません。
 
どちらの子供が幸せか?
言うまでもありません。
 
子供は無力ですから。
親の前で。
 
親の言いなりです。
でもどんな親でも受け入れてくれる。
健気な存在です。
子供ってほんとうにありがたいものです。
 
どんなにやらかした親でも
ダメな親でも、受け入れてくれる。
 
だから親としてちゃんとしなきゃって
背筋を伸ばせるのかもです。
 
その人はごめんね、今まで話せなくて、と。
子供に夫婦のこと、別居していることを伝えたそうです。
 
お子さんはお母さんが元気がないのは
自分のせいだと思っていた、と。
ほんとうに親は子供に要らぬ心配をかけています。
そのことをもっと知ってください。
子供は小さければ小さいほど、
親を一生懸命に見ているものです。
心配してくれているものです。
 
なんて愛おしい存在なのでしょうか。
 
自分が嫌われることを
恐れている親もいますが、
ばかばかしい。
それこそが、愛情のない印みたいなものです。
 
子供をしっかりと正面からとらえてください。
 
子供は押さなくても、そんなは愚かではないし、
むしろ幼いほど直観力にたけています。
侮らないで。
 
ちゃんと話してあげる。
自分の感情とは別で。
だけど頑張るから、と言ってあげてください。
 

【生きやすいひとつの方法】

心も体も柔軟性というのは
一定数、必要だと思います。
というか柔軟な心と体。
それがあればどうにかなるから。
 
モノゴトはいつも変化していて、
その変化を受け入れられないのは
とても生きていくのが大変です。
 
同じということはないし、
常に変化している。
 
意図せずして。
 
その変化を受け入れていかれるのが
柔軟性です。
 
こうでなきゃとか、
こうあるべきとか、
そうした一定の価値観にとらわれていると
生きるのはのすごく苦しい。
 
だってコロナで外出もままならなくなるなんて、
誰が想像したでしょう。
まさかここまで。
 
でも現実にはそんなことが
ほんのわずかな時間で起きていて、
昨日まで自由に動き回れていたのが、
動き回れなくなる。
 
今や動けば、コロナの脅威と背中合わせてです。
 
そんなこと、誰が想像しえたでしょう。
現実のものとして。
 
変わっていくことに対して
抗わず。
受け入れて。
 
自分も変わっていく。
それが最も生きやすくなるための
ひとつの道かもです。
 
モノゴトはいつでも変化しています。
ずっと変化をし続けます。
そのときどのように柔軟に
対応していかれるか。
適応能力があれば
生きやすいです。

【男と女】

蒸し蒸ししますね。
梅雨だから仕方のないこととはいえ。
湿度は嫌ですね。
 
女性の浮気と男性の浮気。
 
決定的に違うところがあります。
 
女性は本気になりやすい。
男性はあくまで浮気。
 
たぶん性差です。
 
男と女の間には深くて暗い溝があるのです。
女には 想像できない。
男には想像できない。
 
どちらがいいとかではありません。
 
違うから。
男と女は。
別の生き物くらい違います。
 
たかが浮気という男性に対して、
浮気相手に本気になることが多い女性。
 
だからよけいに相手のことを理解しずらいです。
 
たかが浮気と思っている男性は
浮気相手に本気になる妻には
ほとほと呆れかえる。
 
浮気は浮気と割り切れる夫に
なんでそんなことができるのか、と
妻はほとほと呆れかえる。
 
むしろ本質とは別のところで、
あきれ返って夫婦は壊れていくのかもしれません。
 
それは自分の問題として
引き寄せているからなのかもしれないです。
 
相手の問題を。
 
自分と同じ感覚ではないのです。
夫婦でも。
 
男と女は別。
どうしても性差というのは
あるものなのだと思います。

【パーフェクトなんて、ないない】

人にはいろいろな役割があって。
女、妻、母親。
男、夫、父親。
ときには子供という役割もあります。
兄弟では姉であったり妹であったり。
もちろん兄であり、弟であり。
 
その役割ごとに果たす、求められていることが
違うのではないでしょうか。
 
同じ人であっても。
 
女ととして優秀な人が、妻と、
はたまた母親として優秀か、というと
そんなことはなくて。
その逆もしかり。
 
妻として優秀な人が女として優秀とは限らない。
 
そのすべてをオールマイティにこなそうとしても
私は無理なんじゃないか、と思います。
 
全部の役割をパーフェクトにって、
そりーゃあ無理でしょ。
 
先日新型コロナの専門家会議が
なぜだか突然解散になりましたが、
専門家は医療とか、感染症の立場ではプロです。
だけど、それを多くの人にどのように伝えていくかとか、
発信していくかとか、
政策と結びつけるのは
専門家の役割ではないはずです。
だけどなんだか負わされていた感が
あったのではないでしょうか。
 
専門家の意見はひとつの意見として、
それを統括して政治判断をして、
国民を導くのが政治家の役目なはずです。
そういう意味では「専門家のご意見」
という言葉がずいぶんと出ていたように思います。
 
それがすべてではないはずなのに。
 
どんなことがあっても
とにかく感染拡大を防ぐのだ、というのなら
いいんです。それでも。
 
台湾とかね、見ていると
ほんとうにバランスよく
専門家と政治が共働しています。
日本はなかなかね。
うまくいかないですね。
 
と話しがズレましたが、
ひとりの人間にはいろんな顔があって、
どれもパーフェクトであるはずがない、
ということです。
 
社会人としてかなり優秀でも
家庭人としてはダメダメなんて
たくさんいるのではないでしょうか。
家庭人としてはパーフェクトでも
社会人としてダメダメとかね。
 
でも、それが人間っていうこと。
パーフェクトである必要なんてないんですよ。
 
そして何かひとつでも優秀な役割があれば
いいではないですか。
全部を求めなくても。
 
できないところを見るよりは
できたところを見て自己評価を上げていく。
ちゃんと自分を認めてあげる。
ダメなところも含めて。
自分はだめじゃない、
なんて思っているほど傲慢なことはないです。
 
誰だってうっかりしていることは
あるはずです。