夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【もつれた糸をほどく方法】
【今が幸せ】
【嘘のない生活】
【グレーなゾーン】
【ストレスレベル】

最も人気の高い記事

【もつれた糸をほどく方法】
【今が幸せ】
【嘘のない生活】
【グレーなゾーン】
【ストレスレベル】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

メディア

【嫁姑】

冬至ですね。
いよいよ、年末モード全開。
追い込みの方も多いのでは。
でも連休で、何かと家族イベントが・・・。
年末になると帰省というイベントも待っていますし。
いろいろと家族や夫婦という
1年で最も意識する時期かもしれません。
 
セキララ☆ゼクシィというサイトで
彼や夫のお母さんと
仲良くやっていくにはどうしたらいいか?
という取材を受けました。
よかったらここからどうぞ。
 
義理の親というのは
もれなく親子になるというか、
好むと好まざるにかかわらず、
親になってしまうので、
致し方ないようなところがあります。
選びようもないといいましょうか。
 
合う合わないはなってみないとわからない。
どうやったらうまくやっていかれるかって
模索しかないかな、と思います。
 
私の姑は、腹に何もない人で、おそらく。
いじわるでもなく。
だから思ったことをスパンと言葉にする人でした。
 
だけど義理の仲故、
スパンと言われると必要以上にこちらには響いてしまう、
というような一面はありました。
悪気などないのはわかっているのですが。
 
たぶんこれが自分の親から言われたのなら、
言い返すこともできたでしょうし、
喧嘩もしたでしょう。
だけど姑なので、言い返したら・・・という気持ちもあって
なんとなく受け身でいましたね。
 
今思うといいこともずいぶん言ってくれていて、
若い私はずいぶんと姑からしたら
気の利かないというか、
ぼやっとした嫁に見えたと思います。
今の年になってよくわかります。
 
ただ、あまりもともといい嫁になるのは
止めようと思っていて、
できないし、そんなの。
どっちかっていうとできの悪い嫁でよし、
としている面が自分の中にはありました。
 
できる嫁やっちゃうと要求はどんどん高くなるわけで、
それはしんどい、と。
だからぼやっとしていましたね。
 
姑はもう亡くなりましたが、
きっとしょーもない嫁だ、と思っていたと思います。
決してできのいい嫁ではなかったです。
 
たぶん姑は古いタイプの人でしたので
嫁に来たので自分の家族、家の者という気持ちが強く、
娘と思ってくれていたのではないかと思います。
ですが、私は娘じゃないし、と思っていました。
むしろ嫁は嫁として少し距離を置いておいてもらいたかった。
そんな感じだったように記憶しています。
 
ある相談者の夫、マザコンというか、
お母さんに洗脳されきっていて、
ママの言うなりです。
また、親子の価値観は一致していて、
ふたりで同じ方向を向いています。
一生懸命、それに従ってきた相談者です。
 
でもさまざま離婚事由があり、
離婚を決意しました。
 
ななななんと夫が仕事で離婚調停に出席できないと
ママが来ます。
調停の控室に!?
 
それだけでかなりのドン引きですが、
マザコン親子にとっては、それが当然? のご様子。
どこが悪い! くらいの勢いです。
弁護士ついているのに、です。
代理人いるのに。
 
まあ周囲はドン引きですよね。
そのうえ、控室で弁護士を携えて
スフィンクスのように鎮座されていたそうです。
 
調停委員が報告してくれました。
 
思わず「ご苦労様です」と失笑です。
なんだか間違えちゃった親子愛。
お気の毒です。
 
離婚に至るわけと言えばわけです。

【掲載誌発売】

夫婦カウンセラーの立木ミサです。
 
ニュースを観ていて「ああっっっ・・・!! 」の連続。
風の勢いで、車がまるでおもちゃのようだったり、
看板が紙きれのようだったり・・・・
ただただ唖然という感じです。
東京もものすごい強風というか突風が吹きました。
被害に遭われた方がいないといいですが・・・。
 
本日発売の『週刊朝日』の
特集「夫婦の未来年表」にて、
取材コメントを掲載していただきました。
お目に留まることがあれば幸いです。
 
人生100年と言われるようになり、
どのように夫婦は生き抜いていくのか?
未経験のことばかりですから、
今後、経験とともに考えていかないといけないことが
山積みです。
 
ほんとに人生長いですから。
それに「これでよし」なんてことはないのが人生。
いつだって台風みたいに予測不能…
台風はそうでもないけどね。
気象みたいに自分の意図ではどうにもならないことが
起きるものなんだと思います。
むしろ起こらないはずがない。
いつだって・・・・・。
だけどそうは思えない。
だから起きると「ああっっっ!! 」です。
 
夫婦も同じです。
いつなんどき何が起こるかわからない。
起こる前に予防ができたら一番いいですね。
といつも思います。
そんなことをお話ししました。

 

【収録しました】

小春日和・・・・インディアンサマー・・・
秋のちょっとだけほがらかな陽気ですね。
ホッ・・・・とします。
冬間近のパンジーが
にこにこ笑っているような気がします。
 
昨日は出演ご依頼をいただいた
NHK総合「4時も! シブ5時」の収録に
行ってまいりました。
 
ほんとは27日に生放送 の予定でしたが、
国会中継が入り、収録に。
ちょっとホッとしました((´∀`))
マジで!
 
不慣れなところ
ディレクターさんはじめ、スタッフの皆さま方が
ほんとうに一生懸命時間をかけて収録など進めてくださり、
とても軽快にでも鋭い視点の夫婦の現状について、
お届けできたのではないか、と思います。
 
また、MCのジョン・カビラさん、出演者のハリー杉山さん、
廣瀬智美アナウンサーがしっかりと進行を
進めてくださって、
なんとか私もこなすことができました。
はあ~、緊張した!
(体によくないなわ~・笑)
 
テーマはいまどきの夫婦事情。
最近、急に増えている「男捨離」。
そして今年の流行語大賞にもノミネートされた
ワンオペ育児についてです。
 
こうして夫婦の今起きいる現実を取り上げていただくこと
ほんとうに感謝すべき機会だと思っています。
 
日々、夫婦問題というのは更新され、
時代とともに新たな問題が起きていきます。
時代とともにある、と言ってもいいのだと思います。
 
だけど、もしかしたら夫婦円満の秘訣は
ずっと同じなのかもしれません。
そんなこともお話させていただきました。
 
放送は12月11日月曜日の予定です。
大きなニュースなどがなければ、ですが。
よかったらご覧ください。
 

 

【問題の先】

近日NHK総合に出演予定です。
今日はその収録の2回目がありました。
 
ご相談者も協力してくださるのですが、
そばでインタビューを聞いていて、
なんとなんと強くなったのだろう・・・と。
 
問題が起きて、不安で・・・・・
なんとかしたくて・・・・・
無我夢中だった人が
自分を取り戻し、本来の自分らしい姿になっていく。
そんな姿を目の当たりにしました。
 
あんなに苦しんでいた人が
今は晴れ晴れとしてる。
むしろ・・・・。
問題というのは
必ず次へ行くステップなのではないか、と
強く思えました。
 
しっかりと今の自分のこと、
次にどこへ向かうのか、
そんなことを自分らしい言葉で語る。
その姿を見ていると安堵の気持ちがわいてきます。
 
問題は確かにつらい。
苦しい。
だけど、その先にあるのは、
ほんとうに迷路から抜けた後、
自分はどうするべきか、という今の自分の答え。
そんな気持ちがしました。
 
しっかりと答えをつかんでいる。
 
傷ついたとしてもその先にあるものを
取りに行こうとする人は、
ほんとうに強いです。
必ず立ち直る。
 
そして、自分というものを
再び作り直していきます。
むしろ問題が起きる以前より
ずっとずっとたくましくなって。
折れない心の持ち主になっている。
 
自然治癒力なのかもしれないし、
本来持っているものが発揮されている、
ということなのかもしれません。
 
そんな姿に何よりも何よりも
安堵の気持ちがわいてきます。
ああ、よかった・・・と。
 

【夫の昼食が憂鬱】

先日夫源病の石蔵文信先生のイベントの
アシスタントをしました。
土鍋でご飯を作る――。

「毎日が発見」という雑誌のイベントですが、
先生は土鍋で自分のご飯くらい作れないと
と男性向けの料理教室を各地で広めています。

夫が定年して家にいることが憂鬱という方。
いませんか?

自分の食べるものを自分で作るのは基本。
土鍋は遠赤外線効果で火の通りがいいので、
1人分でも上手にできます。

先生はもともとは循環器のドクターですが、
そこからうつのことを手掛け、
うつの夫の妻もうつになることに気が付きました。
その原因は夫。

定年後やることがなくなった
生きがいがなくなった夫がうつになると
妻もうつになるということに気が付きました。

そこでどうするか?です。
うつになるのはやることがなくなり、
社会とも付き合いがなくなり、家庭だけが
自分の社会になるからです。

やることがなくなるのはつらいですよね。

毎日やることがある、というのは幸せなことです。
定年後の夫の昼食は妻の憂鬱の原因のひとつですが、
まずはそこから解消しようというのが土鍋料理です。
1人分の土鍋でひとり分の昼食を作れるようになる。
というのが石蔵先生の提案です。
からだにだっていいはずと。

先生は大学教授としての仕事があり
自分のクリニックの診療もあり、
孫たちの保育園の送り迎えも毎日するイクジイです。
そのうえ野菜を育て、この秋は米も収穫したそうです。

スーパーな人です。
だけど楽しそう。
そしてイベントに参加された皆様も
発見して帰っていかれました。
「土鍋ってこんなに便利? 」という感じ。
女性が多かったですが、目からうろこだったみたいです。

自分の食事は自分で作れる。
大事ですよ。
定年後だけでなく、
そして今の若い世代はできるのが当たり前でないと。

料理のできる男は今やモテる条件のひとつのような
気がしています。
みんな女性たちも忙しいですからね。
女がするもの、なんて言ってられません。