夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【後に引けない】
【ありがとうって】
【説明不足です】
【関心を持つ? 持たない? 】
【あきらめる】

最も人気の高い記事

【後に引けない】
【ありがとうって】
【説明不足です】
【関心を持つ? 持たない? 】
【あきらめる】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

夫婦円満の秘訣

【後に引けない】

なんでだかねぇ、
夫婦って意地の張り合いになってしまうところがあって。
とくに夫婦喧嘩になると。
引くに引けない。
 
そして、思ってもいない言葉まで飛び出して、
しまいには「離婚ね! 」まで。
で、出しちゃうとほんとに離婚へと歩みはじめてしまいます。
 
こわい、こわい。
 
なんでこんなにも意地を張ってしまうものなのだろう?
と思うんですよね。
 
本当はいっしょになって同じ船を
漕いでいるはずなのに。
なぜか別々の方を向いてしまう。
 
で、いったんそうなると向き合うことが
できなくなります。
 
だからね、だからこそ。
安易な言葉を投げたり
感情に任せたり
しないように注意したいですねぇ。
 
パチンとスイッチが入ってしまうと
もう止まらないので。
 
どこかでちゃんとブレーキペダルを踏めるように
していた方がいいと思います。
アクセル全開で踏み切っちゃうと
もう事故るだけ、みたいなことに・・・。
 
まあ今どきのあおり運転みたいなところがあります。
夫婦は。
あおってあおって、結局ダメじゃない。
痛い思いをするのは自分なんじゃないか、と。
だからあおらないこと。
あおったっていいことなんてひとつもないから。
 
事故ってから後悔しても
もう取り返しはつかないので、
止めておきましょう。
夫婦で意地を張ったところで、と
ちょっとだけでいいので止まってみてください。

【ありがとうって】

 
びっくりなくらい暖かでした。
いよいよ、春近し!
ひゃっほ~。
 
「ありがとう」って素直に言える人は幸せですね。
思っていても素直には言えない人。 
思ってもいない人。
いろいろですけれど。
 
「ありがとう」は人をつなぐ大切な言葉です。
 
何かしてもらったら「ありがとう」。
 
「ありがとう」と言える人ほど幸福度が高く、
ストレスも少ないそうです。
 
言えないということが問題なのでしょう。
たぶん。
 
誰でも幸せになるべきで、
なれるはずで。
 
それは「ありがとう」にも
ひとつ答えがあるのかもね、と思います。
 
些細なことでも
大きなことでも
やっぱり感謝ができるって素敵なことです。
 
何よりね、
「ありがとう」って自分を幸せにしてくれる。
 
足りないところを見ていたらきりがないし、
足りてるところは「ありがとう」っていうことだけ。
それは自分が幸せになるための方法なんじゃないか、と
思ったりします。

【説明不足です】

今夜は今年最大のスーパームーンだそうですが、
見えませんでした。
残念!!
 
夫婦って説明を省いてはいないでしょうか。
いろんなことで。
 
よかれと思ってしていることが
まったく違う受け取り方をされていたり、
そんなふうに考えていたのか!? とびっくりしたり。
つまりは誤解ですが。
 
ちゃんとなんでこうするのか、とか
なんでこうなるのかってことを
省いてしまっていることないですか?
 
説明してからの方がいいと思うんですよね。
 
ただ、その説明も相手に伝わるようにしないとNG。
 
たとえばですが、
忙しくて食事の支度が間に合わなかったとき
「今日は外食~!」で終わりにするか、
「今日は仕事が忙しくて食事の用意ができなかったの」
と説明するか、では、
全然違います。
 
聞いた方だって「そんな忙しかったのか、大変だったね」と
ねぎらいの言葉だって
出やすくなるというものです。
 
なんだか変に夫婦って責められるのが嫌だったりするので、
防御に入ってしまって
説明していないなんてこともあります。
 
夫が飲みに行くなんてときも
ちゃんと説明すれば妻の理解も得られるかもしれませんが、
先に思い浮かぶのは「責められる! 」って
ことだったりして!?
そうすると防御で「飲んで何が悪い」的な
態度に出てしまったりね。
 
だけど多くのことは説明をすれば
理解を得られるのではないでしょうか。
 
まあ浮気した説明をされても困りますけれどね。
意外と浮気した側は説明したりするんですよ。
それは違うでしょ、とは思います。
 
ただ、日常的なことは、
ちゃんと説明を省かないで説明してみては、
と思います。
 
少しは理解が深まります。
 
それは夫婦だけでなくて、
もしかしたらいっしょに暮らす家族ってそういうところが
あるのかな、と思います。
 

【子供しかない夫婦】

子はかすがい、とはずっと言われてきたことですが、
今の時代を見ると、そうとも言えず・・・。
子供が生まれることで、
夫婦の危機をもたらすことはよく知られています。
 
子供ができた頃から
夫婦は2番目になり、
だんだん夫婦ということを考えなくもなります。
 
考えられなくなるということなのかもしれないですけれど。
 
むしろ子供の誕生で
夫と妻の間にある愛情は減っていくのかもしれません。
子供に注がれる分。
 
それを当然でしょ、と思っていると
なんだか夫婦はおかしな方向へと行きます。
 
気がついたら会話は子供のことだけ、とか。
子供を介した話題だけでは危険です。
 
夫婦はやっぱりそれぞれ
夫と妻の部分があるわけなので、
目の前にある存在を肯定したり、
考えたり、そんなことがないと
子育てまっしぐらになってしまいます。
 
そうすると子育てが終わった時に
夫婦には何もない、なんてことになります。
 
夫婦が危機の時は子供が
かすがいになってくれるかもしれません。
「子供のために」という大義名分にもなるし、
会話がなくても子供のことなら
あるかもしれませんし。
だけど、それって夫婦とは違います。
お互いに父親と母親というだけで、
夫婦とは別物です。
 
夫婦の時間とか会話とか
いくら子育て中だったとしても
少し意識的に大事にしたほうがいいというか、
しないとなくなる一方なので、
してほしいと思います。
 
今日はどんな一日を過ごしたのか?
たぶん知らないことがたくさんあって、夫婦って。
知ろうとしないとわからないし、
知るだけでなくて、
どんな気持ちだったのか? ってね。
夫婦を円満に気持ちよくやっていくためには
ちょっとそんなこと思ってみてください。
 

【性格の不一致をどうする? 】

夫婦の問題や離婚で「性格の不一致」と
言われますが、
もともと性格など一致していることの方が稀で、
性格が一致していたとしても
果たしてうまくいくのか、というのは
よく考えてみるとはなはだ疑問です。
 
違いはもともとあるものなのでしょう。
たぶん。
だけど、その違いを認識して、認めて、
どのようにしていったかによって
その夫婦の未来が変わってくるのかな、と思います。
 
性格が違うのだとしたら?
どうするか?ってことです。
 
ではどうやってその違いをすり合わせしていくか。
はたまた、少しでもお互いに歩み寄ることはできるか、
模索を続けていく夫婦はうまくいくのではないでしょうか。
 
たぶんそれはとても難しい作業なのだと思うのですが、
新しい発見もあるはずで、
その過程で、
いろんなことに気づいていくことができるのだと思います。
 
大切なのは違いがどこで、
どれほど違うかではなくて、
どうやって違いについて
夫婦として理解をしていくかということなのかな
と思います。
 
いろんなことで違う反応をしたり、
違う意見があったり、
そこでふたり着地点を見つけていかれるかどうか。
 
性格の不一致は
たぶんすごく自分にとっても
糧になることなのだろうと思います。
 
だって世の中、違う人はたくさんいるので、
最も身近な夫婦でもそうなのですから。
その違いをどう乗り越えていかれるか。
自分だけでなく、相手とともに。
そんなテーマが性格の不一致にはあるのではないか
と思います。