夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【言葉が荒む】
【誠意ある修復】
【子供は巻き込まない】
【眠れない】
【無意味な夫婦喧嘩】

最も人気の高い記事

【言葉が荒む】
【誠意ある修復】
【子供は巻き込まない】
【眠れない】
【無意味な夫婦喧嘩】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

夫婦問題

【眠れない】

三連休ですね。
でもまた台風であまり楽しめない感じです。
今年は秋が遅いです。
なかなか紅葉しないみたいですし、
まだまだ暑さも残るみたいですねぇ。
 
子どもが生まれると最低でも三か月、
母親は慢性的な寝不足になります。
 
誰でもそうですが、睡眠不足は理性を失います。
 
脳は前頭皮質という部分でふだんは
自分の考えを整理してますが、
睡眠不足では感情を支配する偏桃体が
活性化するそうで、感情が暴走します。
なので理性的にモノゴトを考える回路は崩壊。
感情が優先され、自分でも自分がコントロールできなくなります。
 
その結果、夫の些細な言動で
パチンとスイッチが入りやすくなったり、
まるで人が変わったように周りからは感じられるのかもしれません。
理解されにくいし。
 
産後クライシスのひとつの要素でもあります。
 
そのときのキレた妻が怖くて
その後離婚問題になり、実際に離婚した人もいます。
または夫婦に大きなヒビが入り、
後々離婚問題になる人もいます。
 
たかが睡眠不足では済まされる問題ではないですね。
 
ただ、その状況を知っていれば少しは違ったかも
とも思います。
知らないとほんと「なんで? こんなにキレまくるのか」ってことに。
 
睡眠不足は人を崩壊させるのですよ。
ほんとに。
たとえ一時的とはいえ。
 
夫婦問題が突然起きたりしても睡眠不足というか、
眠れない状態が続くので、同じです。
キレることもあるかもしれませんが、
とにかく自分自身が崩壊する。
 
ある妻、家中のガラスを割ったそうです。
おお~、派手にやったねぇ、です。
だけど深刻な夫婦問題を抱え
眠れないと言っていました。
理性を失っているわけですから、
もうコントロールが効きません。
 
で、次の日も仕事があったりするわけで
それでもちゃんと行けると
大丈夫な気がするかもしれませんが、
じつは全然。
ほんとうは寝ないとダメなんです。
 
寝なきゃ回復しない自分が。
理性が。
脳の機能が。
 
たかが睡眠不足されど睡眠不足。
ちゃんと寝てね。
赤ちゃんがいるお母さんはそうもいかないかもしれないけれど、
今、自分はそんな状態なんだ、
ちょっと理性を失っているかもしれないと
思ってあげてほしいです。
夫の側もそう認識してみてください。
少しは理解が深まるから。
 
 

【何も知らなかった】

気づくか気づかないか?って人生で
とっても大きなことです。
気づかないと何も始まらないし、
何もないに等しいから。
 
夫婦でいうと、
夫婦の間にずれがあることに
気づかないか気づくか。
 
浮気していることに気づくか気づかないか。
 
価値観の違いに気づくか気づかないか。
 
嘘に気づくか気づかないか。
 
本当のあるがままの姿に気づくか気づかないか。
 
何を求めているかに気づくか気づかないか。
 
いろいろあります。
気づかないとないとイコールなので
ないのです。
 
だけどそのことがあるとき姿を現したときに
愕然とするというか、
びっくりするというか。
自分の知らない世界が広がってしまいます。
 
でも気づくのってとても難しいのです。
ほんとに。
 
夫婦ってあたり前のように
ある意味では空気のように過ごしているので、
気づかないことが多いです。
 
だから離婚問題になると
知らなかった、ということが
たくさん出てきます。
お互いに。
 
ほんとに何を知っていたのだろ?というくらい。
いったい何を見ていたのだろうと思います。
「何も知らなかったのです」という相談者の
なんと多いことでしょう。
 
そのくらい気づいていないことが多いです。
わかったつもりでいたのに。
何年一緒にいても。
だから離婚に至るとも言えるのかもしれないです。
 
気づくためには意識も大事だし、
ある意味では自分のものの味方を捨てて
あるがままにあることを見ていかない気づけません。
無意識でも気づけない。
 
子供のことに親がいつも注意を払うような感じが
一番近いのかもしれないです。
とくに日常的な夫婦という関係は。
 
友達のように距離が少しあるとしばらく会わないと
相手のことに気づいたりできますからね。
 
だけど毎日あっているとほんと気づかないんですよ。
 

【もやもやする】

なんだかもやもやするなぁ。
という人、多いです。
ずっともやもやが続いている。
 
どっちに行くべきか進む方向がわからない。
気持ちの整理もつかない。
 
ずっと考えて
目の前の夫や妻だけを見ていると
そんなふうにもやもやするかもしれないです。
 
考えるのはいいことだけど
考えないより、
でも考えすぎるともやもやです。
 
ある程度考えたら
もう考える止めてみるともいいですよ。
ときにはしっかり自覚して
考えない! と。
 
思考は暴走するので
意識的に止めようとしてみて。
 
で、何が本当のことなのか?を
きちっと見てみてからまた考えればいいんじゃない。
 
思いと事実は別のことがあるし。
そこを切り離すのは難しいときがあるし。
 
だけど、とにかく考えすぎ。
考えすぎてもそれ以上にはならない
限界みたいなラインがあって
そこから先は自分がもやもやするだけ。
 
何か自分の中で
サインなんだと思います。
現状から脱出する。
もやもやするって。
またはある意味もう限界ってこと。
現状に。
悩みの中にどっぷりと顔を突っ込んでしまうと
もやもやします。
 
ある程度考えたら
それ以上はないっていうことです。

【モラハラしている側】

いよいよ9月になりました。
もう今年も後半って感じに
これから拍車がかかりますねぇ。
 
モラハラの人って自分の言ったことが
どんなふうに相手がとらえているか
わかっているようないないような。
 
明らかに言葉で相手を支配しようとしている
ことを自覚している場合は、
相手を脅かしているであろうことは
わかっているはずです。
 
だけど、無自覚にモラハラになっている場合。
よく「そんなつもりはなかった」って言います。
 
だけど言われた側は
その言葉によって苦しい思いをしたり、
怯えてきたり、ずっと悩んできたわけです。
 
すごく一方通行な言葉を発している。
ことが多いように思うし、
いろいろ背景はあるけれど、
ずっとその言葉が通ってきた。
なんやかやいいながら、
言った通りになっていたり、
自分の意見が通ったりしてきた。
 
だから相手がどんなふうに感じてきたかに
関してとても理解がない感じです。
理解できないというか。
想像ができない。
だけどしっかりモラハラ。
 
で、最悪なのは受けている側が
「モラハラ」と気づいていればいいのですが、
そこに気づかない。
それがあたり前過ぎて。
日常過ぎて。
もう最悪です。
 
ああ、これはモラハラかも? くらい気づいていると
いいのですが、
モラハラ被害者ほど気づいていません。
 
だけど大きな夫婦問題にぶつかると
その姿がはっきりしてきます。
 
今までたまりにたまっていた
理不尽な消化しきれない思いが
受けていた側にはあるので、
今までとは違う行動に出ることになります。
 
そうするとモラハラをしてきた側は
お手上げになります。
 
だって自分の支配下にいた人が
そこを抜けていくのですから。
想定外も想定外。
予想も想像もつかない。
ことごとく思いは外れていくというか、
ズレていくというか。
 
弁護士さんがついて離婚協議に入ったりしても
モラハラしてきた側はそれが理解できず、
そんなことを妻がするはずがない、と
代理人がいるにもかかわらず、
相変わらず連絡を直接とろうとしたりします。
 
つまり「離婚したい」という要求を無視するということ。
たぶん今までの夫婦の生活もそうだったんでしょう。
相手の言っていることや主張を聞いていない。
だから夫婦問題や離婚問題になると
ややこしいことになります。
 
 

【問題を防ぐ】

秋雨前線がすごいですねぇ。
今年はずーっと雨が降っています。
東京でも空模様を見つつ過ごすという
おかしな8月になっています。
 
そういえば関心がなかった。
ほとんど会話もなかった。
もちろんそんなときは気持ちもありません。
 
で、夫婦問題が起きる。
 
そしてはたと気がつくのです。
そういえば・・・・って。
そんな夫婦がなんと多いことでしょう。
 
だけど、そのときって
ときはすでに遅しのことが多くて、
問題が起きているわけなので。
または相手の浮気がきっかけで気づくとかね。
 
なんでか無関心。
いつも言っている言葉とかに
ちょっと関心を持ってみると
サインはあるのです。
 
ただ、そのアンテナが眠ってしまっているの。
 
なぜか夫婦は。
 
残念なことです。
 
恋愛中はアンテナがビンビンなのにね。
 
結婚して夫婦となって
月日が流れれば流れるほど、
無関心。
 
そして問題が起きて関心を改めて持つ。
そんなことが繰り返されます。
 
子供の言葉に耳を傾けていると思うんです。
日々。
それと同じように
夫や妻発する言葉や
態度や行動に
もう少しだけ関心を寄せてみると
問題は未然に防げるのかも、と
思ったりします。