夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【立ち直る方法】
【夫婦はもろい】
【ぶつかってみてわかる】
【妻がライバルなの? 】
【妻の浮気、夫の浮気】

最も人気の高い記事

【立ち直る方法】
【夫婦はもろい】
【ぶつかってみてわかる】
【妻がライバルなの? 】
【妻の浮気、夫の浮気】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

夫婦問題

【夫婦はもろい】

いよいよ夏が・・・という暑さでした。
もうベッタベタ。
なんと湿度は96%です。
体によくないです。
台風5号の影響でしょうか。
これまた嫌な季節に突入です。
 
夫婦にはいろいろなことが付随しています。
愛情だけではなくて。
経済も。
法律も。
いろいろと。
 
だけど「この人がいないと」という気持ちや
実際にそうした場面がないと、
いなくてもいいか・・・・?
ひとりでもやっていかれるかも・・・?
ということになります。
 
お互いを必要としているかどうか、
ということが大事です。
 
必要であれば長続きします。
必要でなくれば終わりです。
 
お互いに必要としているかどうか。
 
いろいろあります。
夫婦であれば。
だけどこの人が必要かどうか?が
分かれ道です。
 
よくあるのが子供が生まれて
妻は頑張って子育てして、
何もしない夫や
下手すると勝手なことをしている夫。
 
そんな夫はいらないな、と思ったら
終わりの始まりです。
 
いなくてもやっていけると思った時点から。
経済力があればなおのこと。
不要になります。
 
不必要な人ということです。
そしたら夫婦でいる意味はなくなります。
 
夫婦って意外ともろいものです。

【ぶつかってみてわかる】

蒸し蒸しですね~。
いよいよ暑くなりそうな・・・予感。
 
夫婦問題って怒りたくもなるし
怒りたくもなるし、
悲しくもなるし、
いろんな感情がわいてきます。
わいてくるはずです。
 
その感情に飲まれまい、と思うものだと思います。
 
だけどね、ときどき起こるべきところでは起こることが
必要なこともあるし、
悲しむべきところではなく必要も
あるものだと思うんです。
 
それは否定しなくていいのではないか、と。
 
相手にどのように伝えるか、は
一度考えていく必要はあります。
だけど自分の中にわいてくる感情は
そのまま受け止めてあげてください。
 
空いてとのことはコミュニケーションなので、
一考していくのがいいですし、
表現の問題です。
 
だけど自分の中にフツフツわいてくる感情というのは、
そのまま自分のこととして
一度はちゃんと受け止めてあげる。
 
もしかしたら意外な感情がわいてくるかもしれないし、
自分でも思っていなかったような気持に
気づくものかもしれないです。
 
怒りとか悲しみとかっていうのは
一見すると負のネガティブなものに
思えるかもしれませんが、
喜怒哀楽があるのが人間なのですから、
ないようりはいいし、あるのがあたりまえ
なのだと思います。
 
怒っていいし、
悲しんでいいし。
 
いつも笑って楽しくしていられれば
それは一番いいけれど、
そんな日ばかりではないでしょう。
 
そんな日ばかりだと
楽しいことも楽しくなくなるのです。
 
だから自分の中に
素直にわいてきた感情は大切に。
 
アウトプットするときは
少し考えてからすればいいだけの話です。
 
ストレートは、そりゃあ相手にとっては
理解不能だったりするので
回避した方がいいですが、
すべてを回避はしない方がいいです。
 
ときには人と人はぶつかることがあるし、
あっていいのだと思います。
ぶつかってみないとわからないこと、というのは
たくさんあります。
 

【親子の関係】

三連休ですねぇ。
どのようにお過ごしでしょうか?
私は仕事の合間を縫って、
父のお墓参りに行こうかな、と思っています。
東京はお盆なのです。
「来たよ~」と言うと「ああ」と答える
父の声が聞こえるような気がするのです。いつも。
 
家族ってほんとうにおもしろいというか、
いつまでも続くものなのだなぁと思います。
 
夫婦問題に向き合っていると
多くのケースで親子の問題にも行き当たります。
 
よくも悪くも。
親の影響というのは
ほんとに多大で、だけど、親とは違って当然で、
そこでいろいろと悩みます。
また今まで接してきた親との関係にも悩みます。
 
子供というのは嫌でも親の影響を受けています。
それが親子という関係なのでしょうねぇ。
ある意味では無抵抗です。
 
ずっと引きずってしまうと
けっこうな夫婦問題に発展することもありますし、
反面教師として
必要以上に反応してしまうこともあります。
 
ただ、大人になって受けた影響というのは、
大したことがないというか、
自分の考えで判断ができるのですが、
子供の頃に受けたり見たり聞いたりしたことは
けっこうな影響を及ぼします。
現実以上の影響があるかもしれません。
 
だから夫婦は気をつけないと、と思います。
 
見ている人がいるんです。
子供、という。
ギャラリーが。
それを忘れて夫婦問題だけに
没頭していると
とんでもないことになります。
 

【問題はある】

九州の雨がひと段落して
よかったです。
ほんとにほんとに・・・・・・。
 
夫婦問題の原因ってひとつっていうことはなくて、
いろんなことが多重的に重なっていることがほとんど。
 
1つの問題というような単純な
ことではなくて、
さまざまないろんな要素が
絡まっているのが夫婦なので、
それほど単純ではないです。
 
単純だったらずっと楽ですが・・・・。
そういうものではないですね。
 
いろいろといろいろと1つの表面化した問題には
じつはいろんなことが根にはあります。
 
だけどそこを理解しないと
問題だけが問題になってしまいます。
 
そんなには簡単ではないし、単純でもないです。
 
よくね、浮気した側が
居場所がなかったとか、
関心がなくなったとか、ありますが、
だからといって浮気とイコールではないはず。
 
浮気は浮気です。
不貞です。
それは、あれば夫婦の危機ですし、
どんな複雑なことがあったとしても
だから=とはならないはずです。
 
だけどそういいたい。
理由がほしい。
 
じゃなぜ、居場所がないのを解消しようとしなかったのか。
関心がなくなるまで放っておいたのか。
と言ったっていいはずです。
 
問題の種はあるはずで、
それを放置することが
よくないことにつながっていく。
結果ではないです。
 
結果の良し悪し、はたまた善悪は
はっきりしています。
 
後だしじゃんけん、
みたいなのはよくないです。
問題はそこではないはず。
 
問題はするかしないか。
解消する努力をしているかしないか。
 
そこのところは間違えないでね、と
思うんですよね。
 
つまりは何か不満とか、納得のいかないことって
多々日常あると思うのですが、
その都度、それを解消するべく
努力をしていくことが
大事だし、
それをしていれば夫婦問題は

【聞いてみて】

話しをするってほんとは大事なのは
話しを聞く。
 
聞いているといろいろ見えてくることがあるはず。
 
よく夫婦問題が起きると
夫や妻の考えていることがさっぱりわからなくなります。
 
話し合いたいと思ったりしても
話し合いではなくて
思いや意見を言う、になっていたりします。
 
だからあまりうまくはいかない。
 
意見の言い合いにお互いになってしまったり。
結果言い合い、喧嘩・・・・。
 
喧嘩になっちゃうともう
感情のぶつけあいだけです。
それは、あまり前向きではない。
 
なかなかどうして難しいです。
聞くって。
 
だけど頑張って聞いてみてください。
夫や妻の話を。
きっと何かヒントが見つかるから。
 
聞いてみないことには
相手が何を考えているのか、なんて
わかろうはずもないですからね。
聞かないで、何を考えているのかわからないって
そりゃあそうです。
それから話し合いです。