夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【やってくれてありがとう】
【行動するか、しないか】
【離婚したい】
【キレる夫、キレる妻】
【離婚したい側】

最も人気の高い記事

【やってくれてありがとう】
【行動するか、しないか】
【離婚したい】
【キレる夫、キレる妻】
【離婚したい側】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

夫婦問題

【行動するか、しないか】


【キレる夫、キレる妻】


【ほどほどの挫折】

4連休も終わりですね。
やれやれ。
自粛も慣れたけど。
なんだか体より心が疲れます。
体は湿度でやれやれな感じです。
 
人生で成功を続けている人というのは、
夫婦問題とか、離婚の問題に直面すると
ほぼフリーズというか、
先へ進めない。
どうしていいか、
わからなくなってしまうみたいです。
結果、迷走することも・・・。
 
挫折ってある程度大事だな、と思います。
ほどほど挫折を味わっておく。
難しいものですね。
人生って。
成功ばっかりがいいわけばゃない。
 
挫折したときどうするか? っていうのが
けっこう命題。
 
成功だけしていればいいか、という
そんなことはなくて。
 
むしろ挫折したこのない人は
とんでも~!!!!! な問題を
引き起こすように
夫婦問題においては、
感じることは多いです。
いろんなケースに接していると。
 
社会的に成功している人ほど、
その振り幅が広い。
つまりやらかしたときは
呆れるようなことをやらかす、ということです。
 
法則みたいな感じです。
 
ここでは書けませんが、
ほんと唖然としますよ。
 
真実は小説より奇なり、まさに、ですよ。
ほんとに。
 
挫折したときに大事なのは
どうやって立ち直るか、だし、
誰が周りにいてくれたか、だし。
 
そういう経験がその人の人生を
豊穣なものにしてくれるのかな。
成功とか失敗以前に。
 
どう立ち直るか。
それが大事、と思っています。
そのためにもほどほど失敗を!
 

【経済力と夫婦問題】

蒸し蒸し蒸しです。
暑いんだか寒いんだか。
湿度があまりにも高くて、よくわからなくなります。
こんなに体調管理が難しい年は初めて
のように感じています。
歳かしらね。
除湿器をかけると3リットルくらいのタンクが
1日に3回くらいいっぱいになります。
ギョッとしますねぇ。
 
夫婦問題って経済の問題が
深く関係しています。
 
夫や妻が失業した、となると
夫婦問題になるし、
収入減もそうです。
逆に増えてもその弊害みたいなこともあります。
 
愛情とか人間関係といった面もありつつ
夫婦って経済でも結ばれているものです。
だから夫婦問題になる。
 
問題とひと口にいっても原因はいろいろ。
 
切っても切れないのが
夫婦とお金、経済の問題。
 
どんなにいい人で、
どんなに素敵な人だったとしても
経済力0だとしたら、
そりゃあ関係を保つのが無理なのが
夫婦です。
けっこうシビアなものです。
 
暮らしを共にするってそういうことなんでしょうね。
 
離婚も同じで、
経済力によりけり、みたいなところが
大いにあります。
むしろ結婚生活よりもシビアに。
かもしれません。
 
経済力のある妻は
離婚を決めるのが早いというか、
時間だけでのことではなく、
自分の決定によけいな迷いがないと
言いましょうか。
やっていかれるかいかれないか
というわりとシンプルに考えて
答えが出せることが多いです。
 
経済力がないと
意思決定がなかなか鈍くなる傾向は否めません。
シンプルに考えずらいから。
いろんな要素を考慮しないとならないからです。
 
どちらがいいとか悪いとか
ではないですが、
そんな傾向があります。
 
自分が生きやすいか
どうかっていう意味では
経済力というのは
ひとつの力なことは確かです。
 

【変化】

 
子どもが生まれると
夫婦は一気に変化します。
 
それまでとは別の夫婦くらいの変化です。
なぜなら役割がもうひとつ増えるから。
今までは、妻と夫。
だけど子どもが生まれたとたんに
母と父の役割が加わります。
 
だから夫婦が変化します。
その変化についいていかれないと
問題になることがあります。
 
なんで?
だったり、
変わってしまったと
言われるかもしれません。
 
夫婦においては
夫婦になったときが起点であったりして、
その後変わらないと
なぜだか思い込んでいたりします。
 
だけど実際には
常に変わっているわけなので、
変わらないなんてありえないこと。
 
ライフスタイルが変わったら
変わらないと、ということです。
 
生きるっていかに変化できるか、
なのではないかな、と思います。