夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【浮気癖】
【葛藤】
【面会交流の難しさ】
【執着して苦しい】
【問題の回避】

最も人気の高い記事

【浮気癖】
【葛藤】
【面会交流の難しさ】
【執着して苦しい】
【問題の回避】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

夫婦問題

【問題の回避】

妻がいかに今まで悩んでいたか、
ようやくわかりました・・・・。
とおっしゃる男性の相談者、
けっこう多いです。
反省の弁を述べられます。
ようやくわかった・・・と。
 
そこまでいかないとわからないみたい。
 
逆に妻が同じように反省の弁を述べられることもあります。
 
夫婦って、自分のやりたいことを
するためにあるわけではないので、
ふたりでどうしたいか?
ふたりでどんな家庭にして、
どんな未来を見ているか?
 
夫婦は自分のパーツのひとつだけど、
自分の夢や希望を実現するものではなくて、
もし、そうだったらひとりでいる方がずっといいと思います。
 
誰かと暮らすって
面倒もたくさんあるし、
気も遣うし、
やっかいなことも多いです。
だけどいっしょにいるのはなぜなのか?
 
ふたりの目的というのが
あるんじゃないかと思うし、
それがないと続けるのが難しい。
 
自分の希望や夢があったとして
それが夫婦でズレていたとしたら。
どこかで修正しないと続かない。
 
相手には相手の夢や希望があるのだろうし、
一方的に押し付けてもね・・・・。
関係性が成立しないのです。
 
譲歩も必要かもしれないしね。
だけど譲歩だけでは成立しないともいうこともあるし。
 
だけど、意外と相手のことを
相手がどう考えているかを無視していることが
多いのかもしれないです。
それと勝手に「こうに違いない」と決めてしまっている。
相手の考えていることを知ると
たぶん自分か゛どうしたらいいのか、
ということが見えるんだと思います。
 
とはいえ、それはまだ問題が表面化する前なら。
表面化してしまうともう問題になっているので、
反省の弁を述べてもどこまで届くのか・・・。
 
相手が何を考えているのか、
何を望んでいるのか、
もう少しよく知ろうとして見ると
問題は回避できるのかもしれないです。
どうしも夫婦になると「自分」が前へと出ます。
不思議なものです。
 

【婚姻費用】

殺人的な暑さってほんとに。
そんな感じです。
皆さん、この夏は生き延びてくださいね。
ちょっと体調管理を誤ったら死に直結しそうですから。
ご無理せずご自愛を。
 
夫婦が別居に至ると
婚姻費用が発生するのですが、
これは理由の如何にかかわらず
発生して支払い義務が発生します。
 
収入の多い方が少ない方を
扶養する義務が夫婦にはあります。
 
それゆえです。
 
実際的には夫が妻を扶養すると
いうようなことになるかと思います。
 
少数派として妻の方が収入が多くて
子どもがいない、などの場合は
夫を扶養する義務が発生する
可能性もなきにしもあらずですが、
実務にそぐっているかどうかは「?」です。
 
仮に勝手に妻が出て行ったとしても
夫が望んでいなかったしても
婚姻費用の義務があります。
 
夫婦って法律で結ばれてもいる関係なので
しかたがないです。
 
愛情だけで結ばれている関係なら
そんなことはないのでしょうけれど、
法律にのっとった関係の側面があるので
権利もある代わりに義務もあります。
 
けっこう男性である夫側は
そのせいでひどい目に遭うこともあります。
 
逆にひどい夫でも
婚姻費用は強制的に払うことになります。
 
払わない人に対しては懇意費用の調停
という制度があるので申し立てすれば認められます。
 
夫婦ってほんとに複雑な関係ですよね。
私は世の中で最も複雑な関係と思っています。
 

【夫婦の最新情報】

なんだか学生さんたちを取り巻く状況は
厳しいですね。
ボクシングの問題もそうだし、
アメフトもそうだし、
大学のオーケストラまでそうだし、
とうとう入試まで・・・・・
いや入試の試験の点数操作って・・・・
つまり優秀ではない人が
優秀な人より医者になっちゃうってことで・・・・
命を預かる人ですらそれでは・・・怖いわ・・・・
やりたい放題、どうなっているんでしょうね・・・・。
さっぱり意味がわからないてす。
かわいそうで罪はないのは学生さん。
運が悪いにしてもひどすぎますね。
なんだか根っこはすべて同じように見えます。
 
夫婦はときどき行き違いというか、
すれ違いというか、起きます。
 
なんで起きるか? というと
いろんな理由があります。
 
目の前の相手を
見ていないということは多いです。
 
いっしょにいても見ていない。
ちゃんと。
よく結婚したら片目で見ると言いますが、
そういう部分もあるのかもしれませんが、
それだと見落としてしまうことがあります。
 
夫婦っていつも同じなわけではないので、
だけど、変化に気づきにくい。
 
夫婦問題が明白に起きてみると、
そういえば・・・・と
変化に気づいたりしますが、
それでは遅いです。
 
見落としちゃうんでしょうね。
日々の中で。
生活に追われて。
 
相手に対して鈍感になっているか
思い込んでいるか。
 
だから本当のことがよく見えなくなっています。
 
敏感さが欠如しているということなのかもしれません。
 
変わるんですよ。
夫婦って嫌でも。
ずっと同じ、なんてあるはずがなくて。
永遠に変わり続けていくものなんですね。
 
変化にいかに早く気づくか、は
夫婦問題を未然に防ぐひとつの道だと思っています。

【問題のターニングポイント】

週末お出かけやいろんな予定がつまる
夏休みですが、台風12号、どうやら直撃!
残念な思いをされている方もいらっしゃると思います。
小笠原に休暇に出かけているご相談者は
帰ることができないそうです(。>0<。)
でも、そんなときは潔く
切り替えてあきらめてしまうのがよいかもね。
 
切り替えていくターニングポイントってあるはず。
何事も。
 
考えてもしかたないこととか、
ずっと頑張ってきたけれど・・・とか。
どこかで人って切り替えていくもの。
 
ずっと夫婦の修復のために努力したけれど、
いっこうに改善していかない。
頑張るだけ頑張ったら、
どこかで切り替えるタイミングがやってきます。
不思議なくらい。
 
だって「離婚は絶対にしたくない」と言っていた人が
ある日、「離婚する」と自ら。
 
ターニングポイントなんだと思います。
 
ターニングポイントが来ると
こうも変わるか! っていうくらい変わります。
それにたぶん、その人の本当の姿というのは
そこからなんだな、と思うことが多いですね。
 
もうたくましいのだもの。
みんな。
それまでとは別人か、というくらい。
 
ターニングポイントが来ると
強さが備わります。
それまでの苦しい思いが強さに変換されるみたい。
 
そうやって苦しいことを乗り越えるのんじゃないか、
と思うし、だから成長もするんだな、
とつくづく思います。
 
頑張るときっとターニングポイントがやってきます。
 
頑張るってやるだけやるってこと。
それと行動するってことでしょうか。
 
そうしたら、次がきっとくるんだと思います。
 
夫婦問題って関係性の面と
自分自身の面と両面あるので、
関係性の面で答えが出ると
自分自身の中でも変化が起きるんじゃないでしょうか。
 
両輪なんですよね。
相手との関係と自分の問題と。
最終的には自分の問題。
 
だれでもいつでもどんなことでも
ターニングポイントになることってあります。
見落とさないようにして、と思います。

【思いは横に置いて】

台風12号、気になりますね。
上陸するのは確定的みたいですが、
ほんとに、もうって感じ。
でも自然ばかりはどうしようもないです。
 
常々思うのですが、
思い込みってこわいですよね。
現実を見ないで思い込む。
 
ある夫、調停決まったことを無視して
自分の思い込みだけで
クレームに近いことを言ってきます。
いや、ちゃんと見ようよ、調停での内容を
と思うのですが、
思い込んでいるので、その修正が難しい。
 
修正ができないのです。
 
自分の目標だった、
望みの実現は
ときに思い込んでいくことも必要です。
 
だけど他者との人間関係において、
思い込んでもどうしようもないし、
思い込みによる弊害の方が大きいのではないでしょうか。
 
思い込んでしまうと
他のものが見えなくなるから。
 
見ないと正しいというか、
ベストなチョイスができないから。
 
ある人は、
「なんであんなに思い込んでいたのでしょう」と言います。
今考えると、そう思えたことすら、
なんで? と自分自身でもわからないと言います。
 
思い込みという前のめり。
人間関係においては止めておいた方が
いいかなと思います。
これは夫婦に限らずです。
 
思い込まず。
よくよく相手だったり、
その人のやっていることを見ていると
おのずとと見えてくることがあるから。
 
言っていることは時に嘘が混じるので
あまり信用はなやりませんね。
 
だから見ているというのが
いいと思います。
見ているとわかることってたくさんあります。
逆に見ていないとわからない。
 
思いは横に置いて、と思うんですよ。