夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【進化していかれる】
【無理は禁物】
【ニュートラル】
【悪いシュミレーション】
【脱出】

最も人気の高い記事

【進化していかれる】
【無理は禁物】
【ニュートラル】
【悪いシュミレーション】
【脱出】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

子どもの問題

【空っぽの家庭】

三連休ですね。
連休で面会という方もいます。
子どもとの面会。
いつも寂しさと背中合わせです。
別居している親は。
 
あるお父さんは会った瞬間から数時間後には
また別々の暮らしの場所に戻るのだ、と
悲しくなると言います。
 
そうなんだろうと思います。
かわいい子どもたちの成長を日々見守れない親は
そんなふうに思うと思います。
 
つらいと思います。
 
だけど私はその面会を重ねていくこと、
積み重ねていくことが必ず形になっていくと思っている。
信じています。
 
離婚や別居になったとしても
子どもの親であるということ。
 
それを、もしかしたら細々と見えるかもしれませんが、
絆を作っていくことで
それがしっかりと根付いていくと思っています。
 
ただただ無駄にとまでは言いませんが
ただいっしょに暮らしていることだけがベストなのか? というと
そんなことはないのではないか? と。
 
両親が喧嘩ばかりしている。
一方の愚痴ばかり言っている。
そんなことは聞きたくはありません。
 
見たくもありません。
子どもは。
それをただただ家族だからという理由で
見させられることの方が
悪影響は多いのではないか、と思っています。
 
うまくいかないものはうまくいかないと認める方がいいのでは?
と思います。
 
うまくいかなくて、うまくいく方法が見つからないのだとしたら、
離れてみたっていいではないですか。
少なくとも子どもを守るという意味では
そう思うところもあります。
 
うまくいかない人間関係を見させられる。
そこで生活させられるって、
とても嫌なものだし、
家庭が安住できる場所ではないから。
安心して眠れる場所ではないのですね。
 
だからそんな家庭て育っている子どもは
親が別居したとたん、安心して自分の部屋で寝るようになった、
ということもよく聞きます。
 
家庭は安らぎの場ではないかと
思うので、安らげないのだとしたら、
それは維持する意味があるものかどうか、と
いうのは、ちょっとクールに考えてみてほしいです。
 
何を守りたいのか。
だれを守りたいのか。
安心して眠れない、
空っぽの家庭を守ったところで、と・・・・・。

【頑張れ! お父さん】

お父さんが主体的に子育てしている
という家庭が増えているんですね、確実に。
 
この夏、旅行に行きました。
旅先でよく見かけたのが、
子どもとお父さんという組み合わせ。
 
お父さんと子どもで旅をしている姿です。
 
なんだか微笑ましくもあり、
家族の形が変わったな、と思いました。
 
お父さんたち、よく子どものことを見て、
昼間はプールで子どもと遊び、
食事のときも何やら楽しそうに話しながら
食事をしています。
 
お母さんはいなくてお父さんが育てているのかもしれないし、
お母さんは仕事なのかもしれない。
 
だけど、私はいいことだなぁ、と思います。
 
なんだかほんとに地に足着いている感じなんです。
自然な感じが。
 
母親と子どもが密着し過ぎな感じもするので、
母親と子どもがあってもいいし、
父親と子どもがあってもいいと思います。
 
久しぶりにお会いした相談者も
主体的に子育てしているお父さんですが、
妻は何かにつけて反旗を翻す人なので、
お父さんは着々と子どもとの関係を積み上げていきます。
 
もともと夫婦問題はあるのですが・・・。
 
どこかへ旅行しようと言っても
「私は行かない」
食事に行こうと言っても「私は行かない」というので
子どもお父さんでいろんなところへ出かけたり、
いろんな体験をしたりしています。
 
最初は妻もいっしょにと願っていたお父さんですが、
今ではすっかり子どもふたりでの体験を
楽しんでいます。
 
ですが、えらいのは必ず妻を誘うこと。
「いっしょに行く? 」と誘うけれど
妻が断るのは自由と言うか、
致しかたなし。
だから子どもふたりでいろいろと計画します。
 
子どもの成長って早いので、
すっかりそれが当たり前になり、
今では「私は行かない」は
かえってよいかもね、なんて話しました。
だって妻がいっしょだと揉めることになるのです。
何かにつけてダメ出しするお母さん。
何しろ反旗を翻すので。
 
いいぞ、お父さん
頑張って、と思います。

【夏休み明け】

今度は東京で記録的豪雨。
停電も起きました!
雷鳴轟いて……。
 
いよいよ
夏休みも終わりますね。
お子さんんたちは夏休みらしい体験や
何か成長がありましたか。
夏が終わると子どもってグンと成長します。
 
ただ、夏休み明けってなぜか事件というまで
いかないけれど、長い休みの後、
なんとなく私の経験としてはトラブルが多いです。
ちょっとした変化とか見逃さないようにすると
いいんじゃないか思います。
 
もし夫婦問題が起きているとしたら
子どもよりデリケートにはなっていると思います。
 
あるお子さん、反抗期でちょっとお母さん
四苦八苦していました。
どう接したらいいのかな? と。
時には親子喧嘩に・・・。
 
親も感情がついはいっちゃいますからね。
 
でも現状を話したらかえって落ち着いたそうです。
また、少し大きい子どもさんですが、
やはりストレスを親の問題ですが
感じていたのでしょうか。
持病の発作が出ちゃうという子もいます。
 
心配させないようには大事ですが、
あまり隠しても結局わかっているし、
でも全部ほんとのことを聞いてもという
ところもあって、
年齢なども考慮しつつ、難しいですね。

【子どもの思い】

ニュース見るたびに
スーパーボランティアの尾花さん。
かっこええなぁ・・・・・。
なんて素敵な年の重ね方、
そして体力なんだろうって・・・・。
いるんですね・・・・かっこいい人。
少しでもいいので見習いたいって
思わせてくれることに感謝。
嫌なニュースばっかりで
ああはなりたくないはいっぱい見るので、
気持ちがスーッとよくなります。
 
もう夏休みもあと少しになりましたね。
早いです。
あっという間。
宿題に追われている?
 
「子どものために」と思っていても
意外と親の思惑とは違って
子どもは全然迷惑だったりすることって、あります。
 
最たるものが「子どものために我慢した」。
子どもにしてみたら「やめて」ってことだったりします。
 
子どもは親に何を見ているか?というと、
やっぱり究極その生き方なんじゃないかな?
何かをしてくれるとか、
してもらったということよりも。
 
だけど子育て中はどれほどしてあげるか?に
目がいきがちです。
でも本質ってそんなところにはないのかも!?
 
あなた自身がどんな生き方をしているか?
を子どもは一番見ているような気がします。
 
幼い子でも親の気持ちを忖度したり、
思ったりして、その年齢以上の配慮を
していたりします。
 
「子どものために」は本当なのか?
本当に子どものためなにか?
難しい問題ですが、
子どものいる夫婦に起きた問題はいつも
そんなテーマを突き付けられています。
 
子どもがいたとしても自分が先に来る人。
子どものためには経済力ありき、な人。
いろいろですけれど。
子どもというのは成長期です。
基本は大切に付き合っていきたいと
誰でも思っていると思うので、
よくよく考えた対応が求められます。
 

【面会交流の難しさ】

子どもと別に住んでいる子と親の面会交流。
いろいろと事情があり、悩ましいです。
 
子どもさんに会いたいという親。
会わせたくはないという親。
会っても弊害しかないのではないか
と思われる親。
子どもを利用しようとする親。
会いたくないという親。
 
ほんとうにいろいろなんです。
 
難しいなと思うことが多いです。
 
だからひとつひとつ、そのケースに合った中での
着地点を見つけていくことしかないのではないか、
と思います。
 
割り切れないことだらけ、かもしれません。
 
でも、もし子どものため、と言うのであるとしたら、
そうしたすべてを飲み込んで、できるかどうか?
なのではないだろうか、と思います。
 
子どものためだけでなくてもいいと思います。
親はいくら子どもがいたとしても
子どものためだけに生きているわけではありませんから。
それが非難を受けることではないと思います。
 
面会はほんとうに難しい。
いつもそう感じます。